地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第717回  ハンガリーの現状 by 迷い人


10月にハンガリーブタペストへ行ってきました。 為替レートは大体1フォリント=0.5円 です。 ハンガリーはハンガリー語かドイツ語が公用語となっています。

さて肝心の風俗情報ですが過去の読者投稿では、娼館を新聞から探すと言うことが書いてありましたが、文字が読めないければ、かなり苦しいです。 もっと簡単なのは、タクシーの運転手に頼むことです。

若い運転手なら、英語もある程度通じますし、ほとんどの人は単に「コールガールハウス」や「セックスガールハウス」と言えば理解してくれます。

その時に、好みと自分が出せる金額を言うと、タクシーの無線で場所を探してくれ、後はお任せ状態で連れて行ってくれます。 娼館はマンション(アパートかな?)のような所で営業しています。

マンションの中に入るには、入り口で部屋の番号を押し、インターホンで店に連絡します。それも全てタクシーの運転手がしてくれます。

そして、マンションの中に入り部屋まで案内してくれ、そこで運転手とはお別れ、タクシーの運賃700フォリントとチップで1000フォリントを渡せば、笑顔で帰ってくれます。 中には、運賃だけもらい、店にマージンを2000フォリント頼む奴もいますが、そのマージン分は結局客の私に請求が回ってくるので先にチップとして渡したほうが安上がりです。

部屋に入り、女の子を選びます。その後、個室に連れて行かれ、料金とサービスの説明があります。大体の相場ですが、1~2時間で、単なる本番だけだと6000フォリント~12000フォリントです。

中にはスペシャルコースを持っている所もあり、シャワーを一緒に入り、マッサージの後本番で14000フォリント(約7000円)でした。

今回はそのスペシャルコースの体験を報告します。 私が選んだのは、19歳のあどけなさが残る小柄だけど巨乳の子でした。

まず服を脱がせてもらい、向こうも恥ずかしそうに脱ぎます。ハンガリー人は腋毛を剃らないらしく、初めて見る女性の腋毛に妙な興奮を覚えました。シャワールームに入り、恋人のようにお互いの体を洗います。シャワーから出て、お互いの体を拭きあい、マッサージへと移ります。

マッサージも丁寧で、ローションとパウダーを使い、気持ち良さに思わず眠くなります。うっとりといているところに、前立腺のマッサージ!これがなんともいえないくらい気持ちいい!興奮してきたところで、仰向けにさせられ生F開始ですが、あまりの舌使いにイキそうになります。こちらも反撃しますが、ねっとりと胸やあそこを舐めていると愛液がジワッと出てきます。

ゴムをつけられ、本番開始!締まりもかな良い。壁が薄いのか、口に腕を当て、声を押し殺し、顔をゆがませていました。フィニッシュはバックから。 終わった後は、再び二人でシャワーを浴びました。

今回の報告は、結構可愛い子で、しかもスペシャルコースだったのでコスト的には高いですが、遊んでたのはほとんど1時間6000フォリント(3000円)の所だけです。シャワーも浴びれ、生Fもしてくれるので、十分に楽しめるはずです。

ブタペストは物価も安いので、ホテル代・食事(朝昼晩)・観光(カジノ)・娼館(2回)併せて一日2万円もあればいいと思います。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS