地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第701回  おーぱるぱる「ヨボセヨ」体験記 by ホテ全ヘビーユーザー


韓国通貨危機の際、小生の住む大阪に乱立、楽しませてくれた「韓国エステ」も今 は、遠い記憶で、微かな「きゅうりパック」の匂いの思い出な今日この頃!年始よ り、男だらけの慰安旅行はどこにするかと、侃侃諤諤会議の結果、ソウルにバカラ だってことになり、個人的には、以前、信太山フリークだったため、沖縄のちょんの 間と、「光れば嬉しい沖スロっていいなあ」と心残りもありつつ、金曜日、午後発の 愛想の悪い、あし○な航空のフライトアテンダントとともに、あさださん丸儲け空港 から、一路、マッカーサー将軍が国連軍を引き連れて上陸した「仁川」と同じ名前の 飛行場に着いたスミダ。

 個人的には、若き日の、わいずみチックな思い出!「15分1セットの変な白い薬を チューブから直接入れる木番には、もう興味ありまへんわ」とか、釜が咲きのフライ ングファーム周辺を、ネーちゃんか?白いお薬?を、物欲しそうに歩くような不細工 な真似は真っ平だい!今回は、「李朝滅亡」や「太閤記」等の本片手に、伊藤ちゃん の旧千円札を大量に持ち込んで会計してやる!反日感情をあおりに行くスミダなん て、行く前はには、大見得をきっていました。

 この旅行の、第一目的の丘の上の火事のホテルに到着するや否や、火事のに飛び込 み、世界で一番耳ざわりな発音で慎太郎ちゃんが大嫌いな第3国の方々に、20から でもAを引きに入ってしまう!大和魂な小生は、共産主義者に支配されている面々 に、散々に罵声を浴びされながら、なぜか「21」をいそしみむ「第二次日中戦争遊び !」「石原の慎ちゃんじゃなくて、石原のカンジくんと、おまえらん家の東北部に、 勝手に国を再び作ってやるからなぁー」と負け惜しみを叫びながら、宮崎学ばっかり 読んでいる同行者が怖くなり、連れだされる始末!

「この馬鹿が、こんなに熱いの は、たまってるから」なんて、勝手に判断され、何のために髭伸ばして出国したのか ?それは2本回っている散髪屋にいきたいハムニダ、という希望も無視され、タク シーで一路、変なガードをくぐり抜けてすぐのセブンイレブン手前の薬局の角に下ろ された。

 実は小生、前夜は大阪名物、谷9のホテ全の90分コースで、お気にの嬢に「向こ うであそべなくしてやるぅー」と2本も抜かれた33歳、独身会社員。「さすがに ねぇー女って気分じゃないのよっ」と、いきった文言も言い終わる手前で、角を曲 がった瞬間!出屋敷の「かんなみ」色が、6枚引きの引き違いサッシから洩れる光に 何故か?「飯島愛だよ!全員集合」と叫んでしまい!

キカイダーねーちゃんストリー トを「危ぶむなかれ!その一歩が道となる。ダー」なんて浮かれた台詞を口づさみな がら、「オッパー」と、なまった「お兄さん」という言葉に包まれ、暴力的な腕つか み客引きを交わし、ライターで硝子を叩く荒業に感銘を受けつつ、「何でこんなに背 高いんやぁー?竹馬に乗っとんのか?われは」と、どれが主語か分からない大阪弁を 発し、小学生でも泳げそうな、25M進んだ、その時!

 小さな声で「す」が「しゅ」になる天使の片言な日本語が聞こえ、じっと見つめて くる、必要以上な高須な目に瞳を奪われた小生。  今までの暴力的な呼び込みとは正反対、まるで微笑みの国のお嬢さん的な慎ましや かさ!って言っても、横浜の「おうごんちょう」か、「たゆうじ」のスキャンダルの 角の嬢にしか逝ったことしかないけれど!

 白いロングドレス、大好きなバブルの頃のミナミの場末のラウンジ風の巻き髪! めっちゃ好みの「西郷」いや、辺見エミリ似で、長身で、腰がきゅっと締まり、細い のに、乳の谷間が、ごっついすごい!だけどまだ、「588は広いのだ!」「あわてる コキジは、貰いが少ない!」なんて気を取り直して、勇気を振り絞り、歩き始めた。 しかし信太山で、まだ昭和だった頃の18歳で始めた、この稼業?!走馬灯のように、 引出しの奥のほうの記憶がよみがえってきた。

小生の飛田語録の「一目ぼれの前に、 一目ぼれなし。一目ぼれの後に、一目ぼれなし」「一度逃すとワンセット(セクキャ バ単位、45分推定)」というフレーズが弾け散った次の交差点に差し掛かった瞬間! ご一行を尻目に、NBA張りのピボットターンをかまし「ディフェンスカット一本」と 「あばよ」って言葉を残し、6枚引きの引き違いサッシの框をゴールラインに設定 し、風のように走った。ゴールに入るや、いなや「ヨボセヨー」と!小生の知識レベ ルでは、だぶん挨拶系の朝鮮語を叫び、仮称、エミリちゃんを選んでしまったのでご ざいます。

 ライトの色だけではなく、建造物の中に入っても、まるで「かんなみ!」、こんな 急な階段をどのように設計したら作れるのって、安藤タダオや黒川気象に聞きたい 位、危険な階段に案内され、匂いも「かんなみ」と同じ、どぶくさいって言うか、か び臭いっていうのか、危険な昭和20年代の香りに包まれながら、後ろから付いて来た !何故か?急に20センチ程、ちぢんだエミリちゃんと、不気味な感覚のドアを開く や、いなや、「なんぼ?」って世界共通の値段を尋ねる言語を発すると、多分、15分 6万ウオン、30分12万ウオン、60分24万ウオンって言われた気がして、結構、大人な んだし、昨晩2発抜いてるしと思いきや!

18歳の頃、自衛隊の近くで30分価格を払っ たのにも関わらず、5分で逝ってしまい、何事もなかったかのように、冬の冷たいオ シボリウェッティーで処理され、日本人に日本語で抗議をしたが、相手にされず、 さっさと追い出された友人を思い出し、 言葉も通じない、一目ぼれ嬢に、候のき らいがある、小生の過去事例より検討の結果、6万ウオンを渡すことに決定!  だが、せこいチョッパリだなぁと思われたくないので、日本円で伊藤博文ならず、 我輩を1枚を「チップ」と発音し追加で渡す。

「ええサービスしてや」と上品な日本 語で話し掛けるや、否や、チューをしてくれた。このキスの味は、カルピスの味では なく、サロンの「CCガールず」の味がしたということは、「口シュシュ」を入口で ボーイにしてもらったに違いないと検討違いのシュガーボーイ?スキャンダル仕込み の小生のチューで、めろめろになったかどうかは定かではないが?キスが終わった瞬 間!彼女は銭を握り締めたまま、「服にゅいでてください(ママ)」と言い放ち、急に 低くなった体を翻し、静かにドアを閉め、去っていった。

 妙に不安で、まるで、のぶふとやまの女の子が入ってくるまでの、なつかしのスー パーコンビの3穴の皿に、ゆっくりと玉が回っているドキドキ感に襲われながらも、 何故か?いきり立った相棒のチィムポを握り締め、待っていると、泡のたったH2Oが 満たされている、黄色の洗面器を両手で持っ、天使が舞い戻ってきた。  これは以前、体験したキタの木番確立高しのカーテンで包まれたサロンで、椅子の 天板開くと蛇口と排水口がついてる簡易シャワー程の驚きは無かったが、これが必殺 !韓国洗浄!なのかと感心しながら、キッチンペーパーを床に引いた上でツーケーの ナーアと命の次に大事にしているチィムポを、容易に得体の知れない液体で洗浄され てしまいました。だけどビンビンな小生の小生に思わず「植村直巳」って呼びかけて はあげましたけどね。

 今度、エロチカに行ったら手を消毒する洗面器に、いきなりチィムポを出して洗っ たら、わらってくれるかしらん?その前に絶対につまみ出されるのが必然!これがス キャで、チィムポ出したら、じゃりんこチエの飼い猫な方々にボコられた上、簀巻き にされて大川のフナのえさにされてしまいますよね。なんてどうでもよいことを考え て、候の防止対策を行っておりました。  ツルベ師匠並みのおちまでの長さはご容赦ください。やっと行為の始まりになりま す。

仮称エミリは白のロングドレスを脱ぎ始めました。下着姿になった彼女は、たわわな 谷間が小生を心地よくさせた瞬間蛍光灯色の照明を落とし、一般では絶対に使用しな い、ちっちゃいピンク色の電球だけの明かりの中、ブラを外しました。  又、何故か?先ほどの身長ちぢみに続いて第二弾!乳がAカップになってしもうた ですバイハムニダ。小生は彼女のことを「588の魔法使い」とニックネームをつけて あげてしまいました。顔面バシバシに高須ってんなら、生理食塩水の2袋くらい、入 れても、ヨカバイ、ノムハムニダ、愚痴にもならない所感を持ちつつ、パンツを既に 脱いだ彼女が上になり、マグロならず、ドドの日光浴見たいな小生が、チューから始 まるリップサービスに溶かされながら、久しく味わっていなかったが

M系の小生を 見抜いたのか、どうかは存じ上げませんが、ルートコ阪神のテクニックしか誉められ ない推定50歳の嬢?張リの、固い舌攻撃で、小生の乳首を刺激します。甘噛みまで 実施している次第で、ツボを刺激され、ソウルの北側の近所の将軍様の確固たる反米 精神より固くなってしまった「チィムポ」付近に向かって、彼女の舌は働きます。付 近をじらした後、まったりした、まとわりつくような、暖かい尺八の実施!  きつめのバキュウムが一番と思い込んでいる、昨今の風俗嬢スキルにはうんざりし ていた、今日この頃!もう南進寸前の偉大なる小生の将軍様ことキム?チィムポ総書 記は怒りに、いや喜びにかなぁ?震えています。これが喜び組の「ふるえ」というダ ンスの原型かどうかは、定かではありません。

 しかし、なんてこったい!彼女は小生には苦手のアナルをなめだしたではありませ んか!小生より大きなチィムポを付属したニューハーフヘルス嬢に「入れますか?入 れられますか?」と野太い声で聞かれ、きれ痔気味の我がアナルのトラウマになった 苦い思い出と共に、現在のイラクのふっちゃんみたいに、しなだれて来たね以前ほど 羽振りのよくない指導者を気づくや、否や、仮称エミリは又、舌妙な尺八を開始し、 何とか、小生には、ぶかぶかのサックをお口で装着し、チェンジということで、マウ ントポジションを小生に譲ってくれたのです。

 目の前で入れられたら、第一時吉田阪神バリのやる気の無い選手たちに陥ってしま いそうな、小生でしたが、いつ入れたのかは定かではないが、ネチャットした感覚の 液体を装備した彼女のトンネルに突入しました。  小生が、ニューハーフに負けるほど、いかんせん軽自動車のため、韓国女性の締ま りは、感じられませんでしたが、結構な窒に舌鼓をしながら、臨場感は、ゴム付だか ら仕方ないわなぁー!と豪快な病知らずの「チィムポ」は感じていたのかは、わかり ませんが、器用にも、時間いっぱいで、何とか発射にはこぎつけた次第です。  終わった後の、学識の無い小生には、わけのわからん言語に、とりあえず愛想笑い をしながら、小生は、また、洗面器で洗体され着衣しました。  ちょんの間ならではの「切なくもならない」「あっさりとした別れ」で、あれほど 入るまでは大変だった小生のサッシの框こと38度線は、何事無く通過した次第で す。

 出たのはよいのですが、待ち合わせ場所も知らず、急ぎすぎて入ってしまったた め、ご一行はいくら歩いても、見つかりません。寒い異国の空の下、不安が募りま す。渡哲也の名曲「ひとり」を口ずさみながら、探すのですが、誰も居ません。  そのうち、歩き疲れた小生は、地下鉄ならず、タバコに火をつけ、静かな通に差し 掛かかり、立ち止まった瞬間、又、一目ぼれが発生してしまったのです。  仲間に会えない寂しさと、言語の分からない寂しさの中、生まれてからたった3度 目の海外旅行!そんなスチュエーションで、日本語が上手な好みの女の子に出会って しまったら、貴方ならどうしますが?小生なら、24時間以内に33歳という中年に も関わらず、たとえ合計3発を日韓で抜いていたとしても!小生は・・・・・・又、 入ってしまいました。

 でも、寂しさのあまり、入ってしまったのは、後悔しています。「私、ここでサー ビスNO.1よ」と、のたまわっていましたが、まともに何もせず、ゴム尺などは、まる で香港の中国福建省難民の売春婦なみのスキルに「おのれは、ここでNO.135番目の サービスじゃー」と推定でキリの数字つっこみをしてやりまして、あまりにも手抜き 工事で、今にも陥落しそうな韓国ゼネコンの建物みたいなチィムポを抜いて、制限時 間以前に出てしまった始末です。

 2件目の店を出た後、空港で借りていた携帯をもたされたことに、今ごろ気づき、 友人が借りていたもう一台に、電話をしてみたら「ヨボセヨ」と小生が、こんにちは と思っていた言葉を、正解で発した友人が「いくら探しても見つからなかったし、寒 いからホテルに戻っているよ!君以外に、もう一人見つかっていないから、探して 返っておいでよ」と「おいでよ」だけ、やさしい言葉をかけてくれた友人!彼が香港 旅行の時、小生と相部屋で、暗くなるとすぐ、コールーガールを引っ張り込み、2泊 とも、何故か?乾いたタオルを使わせてくれない、有り難い心使いを、ふつふつと思 い出した次第です。

 ホテルに戻って、共産主義者の人民達「第三次日中戦争」を繰り広げる前に、この 心、やさしい友人に「道徳」の授業と、課題図書の灰谷健次郎でも読ませて、ついで に  小生が、最初に飛び込んだ後、待ち合わせ場所に決定したらしい「セブンイレブン 前」を聞きだし、一人寂しそうな同行者1名と合流して、タクシーに乗り込み、日本 語が嫌そうで、咳払いを繰り返している様子のタクシーの親父に、東京のタクシード ライバーに今だ語り継がれる恐怖!やっさんの「おこるで、しかしぃ」と意味の無 い、突っ込みを入れながら、2人だけの感想大会を、ささやかに行い。丘の上の火事 のホテルに帰った次第です。  

彼女たちの、反則すれすれの、袖をつかんで、引き込む技! それを交わして目的の嬢までたどり着く韓国男性! 世界と戦えるサッカーの原点は「おーぱるぱる」だったのね!

実は、翌日も違う嬢を逝きました。とりあえず、よかった。

今度は、仮称エミリちゃんじゃなくて、エミリって場所に行ってみようと考えている 小生ですスミダ。

「ヨボセヨ」