地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

初めてのゲイラン by Miguel

はじめまして、アラフィフのMiguelと申します。(初めての投稿です。)

今月、初めてシンガポールに行き、ゲイランで遊んで来ました。

(1)ゲイラン初日

現地2日目の夜6時過ぎに、マリーナスクエアというショッピングセンターから、タクシーでゲイランに行きました。

運転手に、『ゲイラン、ロロン18へお願いします。』と頼むと、運転手はニヤリとしてました。

大体15分ぐらいで到着し、運賃はほぼ13ドルでした。

初めてのゲイランのお店は、Lor18 House40にしました。

ここは、タイ人のお店です。

店員が、ドアを開けて店の中に入れてくれました。

入ってすぐ左手に、金魚鉢があり姫が5、6人いたと思います。

どの姫もかわいかったですが、Miguelは、昔の吉川ひなのに似て、胸の谷間がりっぱな姫を選びました。

この姫は多少英語が話せたので助かりました。

後で服を脱いだ時わかったが、彼女の右胸の上、へそ、背中にタトゥーが彫られて、アソコは無毛でした。

料金は、45分、80ドルでした。

先に支払いを済ませ、プレイルームへ行きました。

その部屋は4畳ほどの広さで、ベッドとタンスがほぼ占拠してました。

天井には大きな鏡があり、赤い照明でムードを出していました。

シャワールームは、1畳ほどでした。

部屋に入り、早速服を脱いでシャワールームへ。

姫がMiguelの体を洗ってくれました。

シャワーを終え、自分の体をタオル拭いた後 ベッドに横たわるよううながされました。

姫がMIguelの乳首をキスしなが、優しく手コキ・・・ ゴムをシャフトに被せ、フェラ・・・・そして69・・・・騎乗位で合体から 正常位・・・・発射・・・

外したコンドームを見て姫が、『たくさん出たわね』と微笑んでいたのが印象的だった。

時間が余ったので、姫がマッサージしてくれました。

やがて、チャイムのような、タイムアップの知らせがあり、 手短にシャワーを浴び、服を着て姫を別れました。

別れ際に、チップ(10ドル)あげたら、とても喜んでくれました。

帰りは、最寄りのアルジュニ駅まで歩いて行き(大体10分) 地下鉄で帰りました。(宿泊していたプロムナードまで2ドル弱)

(2)2日目

翌日の夜もまたゲイランに行きました。 今度は、地下鉄で行きました。

その日は、Lor20 House33(熱海)にしました。 ここは、中国人のお店です。

前日の店と異なり、店の外に店員がおらず、 自分でドアを開けて入りました。

中に入ってすぐ左側の壁に長いソファーがあり、そこに姫が5、6人座ってました。 また突き当たりに店長らしき人が座っていました。

ここの姫たちもみんなかわいかったのですが、 Miguelは、女優の木村多江っぽくて、胸の谷間が目を引く姫を選びました。

料金は、1時間150ドルです。 残念ながら彼女は、英語は全く話せなく、会話はスマホの翻訳機能を使った会話となりました。

プレイルームは、6畳よりちょっと広く、清潔な印象でした。 部屋の真ん中にダブルベッドがあり、 すべての壁と天井に大きい鏡がついてました。

前日と同じようにシャワーを済ませ、 ベッドの上で、姫がMiguelの乳首舐め&優しい手コキ・・・

(鏡のおかげでどの方向を向いても、姫がMiguelを攻めているところが映っているので興奮!)

フェラ・・・69・・・騎乗位で合体・・・

英語は話せないのに『Oh,Yeah』とわざとらしく大げさな喘ぎがちょっとマイナスでした。しかし、そこは我慢して、正常位にチェンジ・・・・・発射

時間が余っていたのでマッサージしてくれくれましたが、・・・正直、下手くそでした。

まぁ、痛くなかったので、彼女のお気持ちを素直にいただき、そのままマッサージをしてもらいました。

その後、時間になったのでシャワーを浴び、服を来てまた地下鉄で帰りました。

(帰り際にチップ(10ドル)を彼女の胸の谷間に挟みました)

(3)最終日

もう帰国なのに、懲りずにまたゲイランへ・・・(帰りのフライトに間に合うよう、早い時間帯に行きました。)

帰国前最後は、Lor18 House14、ベトナム人のお店にしました。 (料金は、60分100ドル。)

店に入ると、姫10人弱ぐらい雛壇に座ってました。

ここの姫もはぱっと見、みんなかわいかったですが、Miguelは、タレントの片瀬那奈っぽい姫を選びました。 (この姫も、胸の谷間が立派でした。)

幸いなことにこの姫は英語が少し話せたので助かりました。

部屋は、タイ人のお店よりちょっと広く、中国人のお店より狭かったです。 照明は、紫色でムードをだしてました。 (部屋に入ってからの流れは、タイ人、中国人のお店と全く同じでした。)

1戦を終えてから、マッサージ&添い寝 添い寝している間、姫はMiguelのシャフトを優しくにぎにぎ・・・・

再び元気になり、2戦目へ・・・ワンワンスタイルで発射。

その後、空港へ向かい、深夜出発の便で帰国する予定だったので、 シャワーでシャンプーもさせてもらい心身ともにスッキリした状態で、 帰ってきました。(その日もチップ10ドルを姫の胸の谷間へ・・・)

3日とも気に入った姫を選べて、何のトラブルもなくたいへん良かったです。

今回の私の情報が、皆さんの役に立てれば嬉しく思います。