地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2849回 タイ・Ubon Ratchathni置屋報告 by Bobopenpen

Yangonからの帰り、タイ東部ラオスに近いUbon Ratchathni通称ウボンへ行きました。 置屋巡りです。

2019年6月9日、ドンムアン空港から往復6,113円でUbon Ratchathni空港へ。 >

お支払い情報

フライト情報

バンコク - ウボンラーチャターニー

出発: 2019年 6月 9日 13:20

到着: 2019年 6月 9日 14:25

運賃

JPY 3,048 * 1

税金・手数料

JPY 543 * 1

合計金額

JPY 3,591

予約番号

フライト情報

ウボンラーチャターニー - バンコク

出発: 2019年 6月 11日 14:55

到着: 2019年 6月 11日 15:55

運賃

JPY 2,203 * 1

税金・手数料

JPY 320 * 1

合計金額

JPY 2,522

観光は少ないです。

↓ワット プラタート ノーンブア  Wat Phra That Nong Bua

↓Thung Sri Mueang

  はじめての街です、右も左もGoogle Mapまかせでした。暑い中、街歩き中に下記写真の店前で、おばちゃんが「カラオケあるよ」の声がけに、「ビールある?」「あるよ!」で休憩しました。

Chawalanai Rd脇のChaengsanit 2 Alleyの中程に写真①の店があります。

↓写真① 置屋の昼間はサリサリストア?みたいなコンビニ風店で、店前のベンチでビール飲みました。

↓ばばあのAkiさんは片言の日本語が話せます、再訪のために書いてもらった置屋の住所、これをタクシーに見せると置屋の前まで行けた(実証済)。

しかし、タクシー運転手は「ここより、熱海だ、ATAMIだ」と言っていました。「ATAKMI」というカラオケがあるようです。

ビールを飲みながら聞くと、「800バーツ(2,400円!)」いかがと誘われた。

午後8時ころに来たほうが良いと説明があった。表向きはカラオケで店内には古いモニターがあった。

裏にはヤリ部屋が3部屋ある。あまりにも昼日中なので、ビールを飲んで退散「後で、また来るわ」

暗くなると怖いので、暗くなる手前の午後6時頃再び参上。ぽつりぽつりと若い子が出勤してきます。

交渉すると、昼間聞いた値段は、Akiおばちゃん50歳位が800バーツで、若い子Somちゃん24歳は1,000バーツだった。Ubonは3,000円でできます!

↓カラオケ店の裏にあるヤリ部屋は3部屋ありました。小汚いベッドルーム内部です、写真を撮ろうと窓を開けて光を入れようとすると、Somちゃんは覗かれるので閉めてよといいました。   

↓Somちゃん24歳は場末の置屋の娘とは思えぬ、乳に張りがあり思わずチュパチュパ、ベタベタ、ヌルヌルになってしましました。

もちろんシャワーはありません、ヤリ部屋横の便所の貯め置き水でササッと洗うだけです。

いや、濡らすだけです。針のある乳吸居から始めました。私はもちろん「SIDEGRA」で準備していますので、チョットやソットでは終わりません。ズルズル、ベタベタが続きます。Somちゃんの若い肌は活力剤です。まだ明るいのに!

実はこりずに、ホテルにあったレンタサイクルで夜8:00頃再び行きました。この路地は、ピンクネオンが灯る置屋街でした、ピンクネオンが灯る店は5軒ありました。昼間は全く置屋、カラオケとはわかりません。

しかし、私は暗い夜道を5-6頭の犬に吠え立てられ死ぬ思いで自転車を漕ぎ、逃げ帰ったことをご報告しておきます。

参考:Eco Inn Hotel 2泊で1,500THB、部屋は広い、設備はそこそこ新しく悪くはないです。無料のレンタサイクルが3台ある、早いものがちです。

少し離れて711あります。ホテルのとなりに地元食堂あります。

※もっと置屋に近いホテルにすべきだった。

Eco Inn Hotel  Srinarong Road, Ubon Ratchathani City Center, Ubon Ratchathani, Thailand 34000

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から