地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2777回 フランクフルト「FKKMainhattan」へトラムでの行き方指南 by おじん

私のPALACEの投稿が好評なようなので、少し前の経験になるがMainhattanについても投稿することにした。

・フランクフルト中央駅前にトラムの停留所がある。

・ここで乗っても良いが、初めての人は方向を間違えないよう、中央駅を出て右斜めにある通り「Munchener Straβe」に入ってすぐの停留所から、駅から遠ざかる方向のトラムに乗ればOK。

・路線番号は⑪か⑫。⑫は遠回りするため⑪がbetter。

次の停留所は車内のディスプレイで判るので、Daimlerstr.で下車。

・道路の中央部が停留所。 手前の道路沿いに小さいがFKK看板あり。

下車して進行方向に向かって右に道路横断し入って行く。  通りを入ったところの眺め。

・突き当りでゆるく右折れしているが、ここにもFKK看板があるので安心。

・道なりに少し行くと、右手に 「FKK-mainhattan」が見えてくる。 旗は立っているし、建物の側面に大きく書いてあるからすぐ判る。

・真ん中奥の入り口を入るとすぐ左手に受付があり、おねーさまが施設の説明をしてくれる。

・工人への謝礼は?50、等々

・入場料?60を払うと、他の所と同様に腕にストラップを付けてくれ、何故かスリッパのサイズを聞かれ渡される。

受付のすぐ右手壁一面に小さいロッカーが並んでいるが、これは事後の支払い用のお金を入れておく所。  帰る際には忘れないように!!

・同じく右手にあるドアを開けると更衣室に なっており、衣類兼靴用ロッカーが並んでいる。  ロッカーの中には「Palace」のような金庫は付いていない。

・服を脱いでシャワーを浴び中に入ると、そこはFKKの世界。すっぽんぽんの工人たちが待っている。

・施設は、小さいながらもプール付きの屋外庭があり開放感がある。周りの建物から覗かれないようシートで遮蔽しているが、 その気になれば隙間から見えるため、至っておおらか。

その他サウナ、Hビデオルーム、マッサージ(有料)、食堂、もちろんヤリ部屋、などの施設は一般的。惜しむらくは、時々外を通る大型トラックの騒音で現実に引き戻されるのが難点。

・声を掛けた(掛けられた)工人は、何故かリトアニア産が多く、中にはブラジルからの出稼ぎ組も。3時過ぎると黒人(産地は忘れた)も2~3人来たりして、当然ながら午後遅くのほうが人数は揃うみたい。いつも、今度こそ黒いお方とお手合わせしたい、と思って行くのだが、いざ目の前にすると、そのパワーに圧倒され戦わずして白旗が上がるのが情けない。

・今回は年甲斐もなくリトアニア産とブラジル産のダブルヘッダーに挑戦したが、寄る年波には勝てず、ブラジルの工人には、なかなか献身的に「介護」いただくはめになった。

・今回は盆休みの最中だったせいか、日本人の同朋も数名見かけ大活躍!。ガンバレ!!

・PALACEやOASEも良いけど、中央駅から30分足らずで行けるので、これからもお世話になると思う。皆さんお役に立てましたか?。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS