地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2736回 プラハで過ごす魅惑の一夜 by モチオ

今回は金髪美女を狙いにshow parkへ。今回は、プラハの街中にあるダヴィンチへ行ってきた。

場所は、I.P.Pavlova駅からすぐ近くにあるので、わかりやすいです。

ダヴィンチに入ってみると,パッと見で女の子が10人ぐらい いるのが分かった。

左手には,BARがありそこでお酒を飲んでいる子やソファでくつろいでいる子がいました。

中には,パソコンが置いてあり,本日の出勤している子の情報を調べることが出来るようになっている。

しかし、女の子から積極的に声をかけてくることが多い。

今回は,声をかけてきた赤毛の子(仮名マリー)が好みのタイプの顔をしていたので、金髪の子とはまた今度にしてすぐに部屋に行く。事前精算2000 チェココルナを払う。

2階へあがり,個室の部屋に通される。

服を脱ぎ捨て、セルフでシャワーを浴びた後にすぐにマリーからのゴムフェラ。

しかし、愚息は疲労のためかなかなか勃たず。ようやく愚息も元気になったところで再びS着。そして挿入!!「オウッ!オウッ!」と過激な喘ぎ声が部屋に響き渡る。

挿入後マリーの乳を揉む。立派な乳腺。実にいい天然ものだった。溜まっていたこともあってか、騎乗位で腰を振るマリーに耐え切れず数分で果てる。

その後まだ時間があったので、マッサージをしてもらって、その後バイバイ。

ダヴィンチでは、若い子は少ない感じがしました。若い子とやりたいのなら、郊外にあるマーケットの方がいいかもしれません。

総評:show parkはまだまだいける風俗です!特に夜9時台は女の子からの勧誘も激しく、それだけでも体験する価値はあります。

白人美女を抱くならぜひともプラハへ

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS