地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2727回 ジャカルタ最強の置屋街 暗黒置屋「カリジョド2」 by 葉椰子タクヤ

カリジョド2とは冗談で、ここの通称は「Royal」である。

遊び代は150,000ルピアとの事で今回のジャカルタ訪問で一番の楽しみでもあった。

ここで遊ぶ人はGOJEKを使う人が多いけど私は行き帰りトランスジャカルタを使った。

線路沿いや線路を降りたところに置屋がある。

線路と線路の間にはテーブルとイスが置かれ地元民が飲んだくれている。

線路を降りた通りのほうが明るく女の顔が良く見えるので選びやすい。

店は大音量の音楽が流していて今は亡きカリジョドのようだ。

小柄だが日本人好みの女の子を発見したので早速手放さず2階のやり部屋へ。

バンカ出身の19歳の女の子で英語を話すので色々会話が出来た。

このやり部屋はエアコンもシャワーホースがあった。

他店では無いところもあるそうだ。

生フェラのサービスは嬉しい。奥まで突くと痛がったので優しくしてあげた。

ここもカリジョド同様、壊滅するだろうからなくなる前に通い詰めてたくさんの女の子を抱こうと思う。

場所は有志の方々が作成した以下のサイトを参考にさせていただいた。

https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=17dxMEaQ4ZtWW0RIP5_iyNXEoEvc

この場を借りてお礼申し上げます。