地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2721回 東ジャワ州・バニュワンギ県 ④ by エロエロ兄さん

私がカメラを向けたその瞬間、少女は慌てて建物の中へと逃げてしまった…

しばらく様子を伺っていたら「写真はダメよ~」と少女が笑いながら表へと姿を現した。

そこで私は「何才?」だとか「可愛いね!」だとかいって最後はお菓子で釣ってみたら なんとカメラに向かってポーズを採り始めてしまいました…、

どーなってんだこりゃ?

と、その直後に地元の男性客らしき人物が、この少女と奥の部屋へと消えてゆきました。

その後は敷地内をぐるっと1周して各置屋の室内を覗き込むようにして歩いていたら…

あっ!という感じでこれまた◯学生くらいの身なりの少女と一瞬だけ目が合ったので すかさずカメラを向けたら、やはり建物の中へと逃げ込んだのでその子を追い掛けたら 隙間に隠れている少女を発見!

さすがに観念したのか?笑いながらこちらへ歩いてきて

渋々と椅子に座りながら「もぉ~」みたいな感じで恥ずかしがっていた娘をパシャリ!

が、その直後に激しいスコールに見舞われて約30分間の立往生を余儀なくされました。

そして雨が止んだのを見計らって次なる置屋村の捜索を再開しようとこの村を後にした。

【置屋村・その2】

バイクで探し回ること約50分、ようやく新たな置屋村を発見できました!


地名は「ロゴ・ジャンビー」です。

(事前情報なく発見した為、正確なアルファベット表記やスペル等は一切不明)

ここは舗裝された通りに面していたので、比較的容易に発見することが出来きました。

とりあえず適当にバイクを停めて敷地内を歩き回ってみたのだが規模は小さめだっだ。

来る時間帯が早かったのか?そんなに多くの売女を確認することが出来なかったので…

甘すぎなホットコーヒーを注文して、それを飲みながら観察を続けてみることにした。

すると中央付近にある売店兼モスクの禮拝堂みたいな建物から3人の少女が出てき出て それぞれ各置屋へと消えて行きました。(殘念ながらシャッターチャンスを逃した…)

置屋村の店舗数はトータルで10店舗弱、どちらかと言えばBBA率が高いような感じ。

さてと…、そろそろ日が暮れて參りましたので次なる置屋村の捜索を再開しましょうか。

【置屋村・その3】

先程の置屋村を離れて3号線へ出たところで地元民への聞き取り調査を実施したところ 少し離れた場所に置屋村が2ヶ所あるとの情報を入手!早速現場へと急行してみました。

とりあえず言われた通りの方角へ向かってみたのだが舗裝されていないデコボコの道で バイクで置屋村へと到着した際にはもう手首とケツが腫れあがったかの様に痛かった…。


地名は「ウォーノ・ショボー」です。

(聞き込み調査のため正確なアルファベット表記やスペル等は不明)

現地時刻18時を少し回ったところですが、すでに真っ暗闇でマジで何も見えません。

近くに座っていたオヤジに伺ったところ「女が沢山集まるのは20時以降だ」とのこと。

(こんな真っ暗闇な森の中で1時間も待っていられるかッつーの!)

そして駐輪代5,000ルピアを支払ってひとまず置屋村の敷地?をぐるっと回ってみたら 財前直見に激似のBBAが近づいてきて「一緒にビール飲まない?」と誘ってきたので まあビール1本位なら別に付き合ってやってもいいかなぁと思いそのまま置屋の中へ。

奥の部屋へ誘導されたのでビールで乾杯と思いきやBBAがいきなり服を脱ぎ始めたぞ!

⑤に続く

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS