地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2663回 イパネマの娘 by 影武者①

影武者です。誰も投稿しないので、前回から間隔は短いけど載せます。

今回は世界の美女を求めて、今回はシンガポール、2月中旬に訪問した。

1泊4日という滅茶苦茶なスケジュールです。

2月中旬に伊丹夜発→羽田→シンガポール朝着、 今回は張り切ってオーチャードロード沿いの高級ホテルを予約した。

オーチャードロードを歩いていると、フェラーリやポルシェなど高級車をよく見かける。

富裕層が増えているところに、世界中から美女が集まってくるのだ。

夜9時半にブリックスへ突撃、まだ時間的に早く、閑散としている。

カウンターの向かいから、2,3人がアイコンタクトを送ってくるが、その気になれないレベル、そっとその視線を外す。

10時半すぎると急に混みだすが、レベル的に低い。 と、目の覚めるような白人が入ってきた。

話してみると22歳(?)エストニア出身だという。身長180センチ、テニスのシャラポアに似た感じだ。 モデルとしても通用するだろう。

ところが言い値がショート500シンガポールドル(約4万3千円!)で下がらず、一端見送り。

ぐるぐる回って次に話した黒髪の女も、言い値が500だが、あっさり350まで下がってしまった。

言い出した手前ひっこめる訳にもいかず、この嬢に決定、モスクワ出身 、歳は忘れた。

暗い店内ではまあまあなレベルかと思ったが、明るいところで見ると結構くたびれている。

せっかくシンガポールまで来たのだから少々高くても、さっきのような女を落とすべきだったと後悔する。

ホテルまでも歩いていける距離なのに、タクシーを要求する。

差し出したカッパえびせんを、うまい、うまいと平らげてしまってからプレイ開始、 脱ぐとブヨブヨの体つきだった。

補正下着に騙された。ロケットおっぱいと期待した胸は見事に垂れ下がり、揉んでみると、水を溜めたレジ袋のような感じであった。

シャワーを浴びて、いきなりゴムをかぶせて、チョロッと舐めてから騎乗位で挿入、万国共通の娼婦の時短テクニックだ。

こうすれば指を入れられたり、舐められたりせず、すぐに終わらせることができる。

体位を変えるときも指を添えてゴムが破れていないかを確認し、終わって抜くときもゴムが外れないように手を添えるなど、百戦錬磨の女だった。

明日は深夜発で帰国である。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS