地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2593回 タイだけじゃない?アメージングな世界2 (アンヘレス) by Legend 

2015年5月末にアンヘレスへ行ってきました。

タイにもすっかり慣れすぎて、刺激がない!

と言う理由から海外展開をしているこの頃。

アンヘレス3日目にお連れと歩いていたら・・・

目に刺さるような鮮やかなブルーのタンクトップの細身の超タイプなスタイル。

2人組で歩いているのは母親違いの姉妹。

自称19,18歳の姉妹。

興味があるのは妹のほうだ。

誘ってみたらあっさりOK!

ホテルに向かうとお姉さんもついてくる。

正直、姉も細身だが、性格が悪いのが垣間見える。

妹だけ連れ帰ったつもりだが、どうやら終わるまでホテルロビーで待つつもりらしい。

ここで邪心が・・・

うまく行けば姉妹丼だ・・・

言ってはいけない言葉、「じゃあ、お姉ちゃんも来る?」

これは本当に後悔の一言だった・・・

ホテルに入ると、私は妹に釘付け。

成り行きで姉が先にシャワー。その間、妹と少しスキンシップとっていた。

姉はすぐに戻ってきて妹と交代。

すかさず姉を襲ってやった。

しかし、挿入にたどり着かないうちに妹帰還。

やっぱり圧倒的な美に妹に心が・・・

すると姉はトイレに。

その間に一気に妹攻略に^^

ほぼ無毛のエリアに口で攻撃。

シャワーから戻ってきたのに、小便臭い娘。(意味深)

しかし、顔も含めた容姿はカンペキ!

我慢ならずに挿入・・・・

中に思いっきり・・・で終了。

そのころには姉はもう服を着ている。

おいおい、姉妹丼完成してない!

と、姉を攻めるも拒否の姿勢。

妹もシャワーから戻ってきてお帰りの準備。

しかし、姉がいろいろいちゃもん付けてくる。

おい!何もしてないのに金はやらんぞ!

と冷たい態度でいると、冷蔵庫を物色し始めた。

いい加減にしろ!! と一喝。

帰り際、目を盗んでお菓子を持ち逃げしようとしたので さらに一喝!!

すると、姉は覚えておけよ、街で見かけたら・・・見たいな捨て台詞。

妹はカンペキなのに、姉はどうしてこんなひどいのか。

雰囲気も悪いままサヨウナラ。

妹には悪いけど、泥棒行為に捨て台詞は 日本人なめてやがる!

怒り心頭でこっちは復讐・・・

ホテルを出るときに確認の電話。

それを無視して、まずはシャワー。

のんびり出てくると、電話はなりっぱなし。

ようやく取ると、「帰していいですか?」

「泥棒するような最低な女だ!」 といい電話を切ってやった。

ボーイが部屋まで来て、「どうしますか?」 となったので、これ以上ごねてもホテルに迷惑だ、との判断で

「姉は泥棒行為をしたから俺は怒っている、でも、もう十分だ。」 と言うことで彼女たちも解放。

その間、ドアマンが彼女たちの身元調査したらしく

外出の際にドアマンが

「あなた!危険なことは止めてください!」

彼女たち、※歳ですよ・・・(XVI)

・・・

・・・・

・・・・・

道理で小便臭いはずだ。

昨日、ドアマン買収のためにタバコ渡しておいて良かった・・・

あぁ!!!

それにしても妹!!もったいなかったなぁ。

姉妹丼への邪心が無ければ・・・

写真ありますが、今回も自粛。

ではでは。