地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2569回 毎晩サブウェイの前にいるロシア人 by ウーェイ

一年前の古い情報ですがスクンビットにあるサンドウィッチ屋の前を通ると必ずと言っていいほど金髪2人組みのどちらかを目撃出来ました。

一人はスリムでもう一方はポッチャリ、観察していると白人系の男はぽっちゃりに声をかけている人が多かったです。

勇気を出してスリムに声をかけると見た目のキツそうな感じとは違い、愛想がよかったです。

どこの出身かと聞かれたので日本人と正直に答えるとふっかけられるかな?と思いましたが素直に答えると1000バーツと言われました。

近くのショートタイムホテルにていざ。 

二人でシャワーを浴び先に出てベッドで待つ、その間に写真を撮る。

彼女の写真は撮りたくても断られて嫌な雰囲気になると思い断念、その代わりサブウェイの店内から後姿を隠し撮り。

数分して出てきてプレイ開始、軽い前戯から大きくなったところでゴム装着しフェラから騎乗位で終了。

安いのでまた行きたいです。