地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2551回 Colombia Santa Martaにて  by ごりごりら

みなさん、はじめまして。某ラテン国家に住むごりごりらです。

息抜きに貴サイトを拝見しており、今回はその返礼を兼ねて投稿します。

今回、小職は南米はColombia Santa Martaで年始を過ごしましたので、当町について紹介します。

*カリブに面する歓楽街

Santa MartaはColombiaのカリブ海側に面した港町で、コロンビア人はもちろんのこと、アメリカ人やブラジル人も観光に来る、山と海に囲まれた自然溢れるリゾート地です。

そんな当町は米人が集う隠れた風俗地帯でもあります。

実際、Batidasと呼ばれる海岸通りには、それらしき女性がたむろしており、ことに及ぶことは難しくありません。

特にSimon Bolivar公園付近は密集地帯といってよく、白黒若熟と選べる幅も広いため、見ているだけでも楽しくなります。

値段は40000~50000ペソ($16~$20)くらいです。

季節や時間によっては値下げ交渉もできるかもしれません。

ただ、所詮は立ちんぼなので、会話が盛り上がらないとヌイてサヨナラとなってしまい、楽しい時間にはなりません。

加えて、病気持ちや薬中毒も結構いると思います。

実際、小職はチンコを掴んで来たそこそこ可愛い20代くらいの女性から20000ペソでと言われましたが、彼女の手首に無数の切り傷と注射痕を発見し、恐れおののきお断りしてしまいました。

ラティーナがリストカットするなんて、日本人の比じゃない精神状態です(笑)。

*夜の蝶が集うバー

もう少し楽しみたいのであれば、Calle 10にあるRenobarはどうでしょうか。

ここはセミプロ~プロ風俗嬢の溜まり場であり、目の保養には最適です。

値段は70000ペソ前後($28)が目安になりますが、プロ意識があるためか、会話を盛り上げようと話しかけてきます。

米人の保養地だけあって、中には英語も通じる娘もいるようです。

美人や可愛い娘など、立ちんぼよりレベルは高いです。

ただ、かなりの人だかりなので、お気に入りを見つけたら、自分から呼んだ方がいいです。

でないと、他に人に取られます(笑)。

*注意点

Santa MartaはColombiaの中ではかなり安全な町で、深夜でも警官が見回りしており、特に危険を感じたことはありませんでした。

ただ、泥棒が相当数跋扈しており、Simon Bolivar公園のベンチでうたた寝していようものなら、貴金属をかっぱらおうと物乞い・物売りがやってきます。

風俗嬢に関していえば、ごった返すバー店内や部屋でのスリも普通にあるそうです(前出のリストカッター曰く)。

また、乳首に睡眠薬を塗って、それを舐めた客をこん睡させて、盗んでしまう手口もよくあるらしいです。

それに加えやはり、多少なりともスペイン語をできないと盛り上がりに欠け、向こうから三行半を突きつけられたりしてしまうのも事実です。

なので会話に自信がないのであれば、指さし会話帳Colombia編みたいなものを持参すると結構盛り上がります。

事前知識を身に付けるという意味でも、用意をおススメします。

ざっとですが、Santa Martaの紹介でした。

ご参考になれば、幸いです。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS