地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2538回 アジア遊行① タイ2海戦 by 海王

いつもお世話になっております、海王です。

諸先輩方のパイオニア精神に感謝しつつも、当方ありきたりの遊行報告になってしまうこと、あらかじめご了承頂けますと幸いです。

今回はタイ・ミャンマー国境の街メーソートから昨年に引き続きのチェンマイ遊行。

そしてインドネシア、マレーシアへと赴きました。

チェンマイでは、当サイト様BBSにて知り合ったM様、そしてK様とご一緒させて頂きました。

<1海戦目> メーソート

バンコクからノックエアがフライトしています。

事前情報は少ないですが、国境の向こう、ミャンマー側のミャワディには必ず何かがある!

期待と股間を膨らませつつ、トゥクトゥクで国境へ。

田舎町なので移動コストも片道80バーツと安いです!

が!! なぜかミャンマー側へ渡れず!!

イミグレでNGでちゃいました・・・。

事後情報によると、タイは政権が変わり、越境条件も不安定だとか・・・。

くぅ~、残念!

仕方ないので、ネットで拾った情報を元に、メーソートのボーンテープホテルのおやじのもとへ。

そのままホテル裏へと連行され、ポン引き風のあんちゃんにバトンタッチ。

「1ショット:600バーツ」とのこと。

連れてきたのは20歳くらいのミャンマーガール2名。

ドキドキ感皆無、かつ容姿もいたってノーマルでしたが、越境NGのやけくそムードで1人をチョイス。

サービスもいたって普通の、要所リップサービス、ディープキスNG、そしてゴム挿入。

性格はよいコでしたが、なんとなく放出にて終了。

あと1-2日滞在すれば、もう少しリサーチできたのですが、街自体も面白く無いので、翌日バスにてチェンマイへと移動しました。

<2海戦目> チェンマイ

初日M様と合流。

旅好き&女好き(ゴメンナサイ^^;)、よい旅の友に出会うことができました!

この場を借りてお礼申し上げます。

さて、私も1年ぶりだったので、まずはバービア&ゴーゴーを下見。

結論から言うと、チェンマイかなーりクオリティ落ちてます・・・。

バービア郡①②ともにくたびれた感じの嬢ばかり。

フォックスのみがかろうじてクオリティをキープしていました。

2日めにK様も合流。

バービア郡をながめつつ、フォックスへと突入です。

ここでM様、運命的出会いのような嬢と遭遇!

日本にいても「お、かわいい」と思うような高レベル嬢です。

あった途端に見つめ合い、そのまま隣について、そのままお持ち帰り!

ドリンクやペイバー含めて、ショート総額3000バーツくらいでしょうか。

翌日ご報告いただきましたが、一緒にバイクでお祭を見に行ったりと、すっかりデート気分も満喫されたようです!

私はと言うと、この先の長旅を考慮し、やはりコスト重視!

バービアを再度チェックし、バービア郡②でなんとか小柄なロリスリム系の嬢をゲット!

年齢はたしか20代前半だったかな?

しかしボディはティーンのようにスレンダーで美味しそう!!

ショート&ドリンク・ペイバーで1500バーツ+連れ込みホテル代200バーツくらいです。

この嬢、店内ではやる気ない感じでしたが、サービスはよかったです!

キスも濃厚、リップサービスもこちらの要望通りに応えてくれます。

顔は少し猿系でしたが、ボディは素晴らしい!

ボディに全神経を集中させ、ようやく満足の放出でした^^;

<参考>

フォックスは英語が達者な嬢が多いですが、バービア群、とくに②のエリアはローカル言語オンリー嬢が多いです。

ローカル言語も覚えておくと、より楽しめるかと思います。

<総括>

M様やK様からバンコクの状況を伺いましたが、やはりバンコクはお店や嬢の数・レベルともに圧倒的に高いようです。

チェンマイは夜遊び的には少し物足りない街になってしまっている感があります・・・。

※インドネシア・マレーシア編へと続きます。

海王