地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2490回 はじめてのヤワラー by G2

遊び目的では初のヤワラーに行ってみた。このサイトも含め、事前にネットで調べて計画を立て、MPのクレオパトラ・立ちんぼ見物・ブロードウェイホテルの順で見て回ることに。

MRTでファランポーン駅までいき、そのまま歩いてまずはクレオパトラに。しかしこの店の前の道路が大渋滞、しかも店の真ん前にローカルバスが長い間止まっており、なんとなく入りづらくて一旦そのままスルー(笑)。

予定を変更してそのままロータリーの方へ進んで名物?の立ちんぼの様子を見に。で、歩き出すとすぐに目に止まりましたよ、それとわかるコたちが。

まだ昼間の3時くらいだというのに。かなり若そうなのから、そこそこ年いってそうなコまで。想像してたよりは全然良い感じで、どちらかというと20歳前後の若いコが多い印象。夜だともっと違うんだろうけど。

次はヤワラー通りまで出て、最大の難問?ブロードウェイホテルに。いや、ここはなんというか・・・。初めて行って、ここに入る勇気はなかなか出ないですわ。

今回も通りから横目でチラ見するだけ。すると薄暗い階段にネガティブオーラを纏った熟女が3人、うつろな目で佇んでおられました。確かにここはちょっと凄いところかも。でも、雰囲気はわかったので次回是非チャレンジしてみる。たぶん。

で、またクレオパトラまでUターン。今度は渋滞の状況をよくみて入店。入ってすぐのひな壇はガラスではなくのぞき窓という変わった作り。さっと女の子をチェックすると全部で3人。さすがにこの時間だとこんなものかも。適当な席に座ってビアシンを注文。店内には先客らしきタイ人のおっちゃんが3人。

ビールを飲みながら女の子をチェック。3人のうち1人はベテランぽい妙齢なお姉さん(熟女)。あとの2人はかなり若そうで、うち一人は白くで細身で日本人には人気がありそうな、個人的にもストライクな女の子。

しばらく店内の様子を見ていると、雑用?してるっぽい女の子も若くてドストライク。今日は非番らしくただ店に遊びにきた感じのコも、これまたドストライク。二人ともナナのどこかのバーで踊ってそうな感じ。いやあ、思ってたよりも全然いいんじゃないの、ここ?

そのうちタイ人のおっちゃんが、3人のうち一番いい感じだった女の子を指名して部屋に上がっていってしまったので、そのままビールを飲みながら女の子たちを観察。

するとビールをつぎに来てくれていたおばちゃんが突然紙きれを持ってきた。そこに書かれていたのは、2桁の番号は1200バーツ。3桁の番号は1000バーツ。多分、一番年上のお姉さんが1000バーツっぽい。なるほど、こういうシステムか。

その紙きれを見ていると1人、2人と女の子が遅れて出勤してきた。そのうちの1人が今日1番のドストライク。ちょっと浅黒い肌、でもかなり細身で抜群のスタイル。このコに決めた!と思ったものの、ひな壇から一人で消えてしまい、しばらく待っても帰ってこず。

しようがないので、遅れて出勤してきたもう一人の、どちらかといえばちょっと年がいった、でも顔は好みのコを結局は指名。1200バーツを払って2階の部屋に。

お相手してくれた嬢は自称30歳。近くで顔を見ると結構幼い感じが見てとれるので、まあそんなものかも。オッパイもまだ垂れていなく張りもそれなり。まあ、若いコでないとダメ!という人にはちょっとキビしいかもしれないけど、自分的には全然あり。

見た目はちょっとキツい感じがするものの、喋ってみると愛想がよくてちゃんとサービスも手抜きなし。ただ、この嬢はディープキスと生フェラは基本NGらしいので、それ重視だとツラいかも。

それでもたまに生でちょろっと咥えてくれたり、更に生で入口までちょろっと入れてくれたり、サービス精神があるのかないのか何だかよくわからないところも。

1回戦後ベッドでまったりしつつ万個をいじっていたら、ローションとは違う湿り気と反応になんだか気をよくしてしまい、それほど時間をおかずに2ラウンド目に突入。しかし照明もテレビもつけたままの明るい部屋で、息子が出たり入ったりする万個を眺めながらまったりヤルのもたまにはいいかも。

2ラウンド目も突きまくってヘロヘロになりつつ無事発射。その後も適当におしゃべりしつつ、最後にシャワーを浴びてチップ300を渡してバイバイ。万個の具合も年の割には?ユルユル感はまったくなくて、ほどよいフィット感。個人的には当た りの嬢だったなと。

それにしてもこのクレオパトラ。事前のネット情報では、どんだけ場末な風呂なのかと思っていたものの、実際にはいい感じの若いコから熟女まで揃ってて、低コストでまったり遊ぶには全然ありでしょう。しばらく通おうかな。