地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2465回 シアヌークビル・プノンペン・バンコク1  by 黒い深海

マイナーリゾート旅行第2弾、カンボジアのシアヌークビルに行ってきました。

初日

羽田発深夜便で出発し、飛行機2回、トゥクトゥク、バス、バイタクと乗りシアヌークビルの宿に16時に着きました。

宿にレンタルバイクが有ったので夜遊びの為の下見&観光をしようと思い借りました(カブタイプ4ドル、スクーター5ドル、1日)。

そして、いざ出発って時に運悪く大雨です。やむまで待ったら宿を出たのは結局21時でした。

このシアヌークビルも夜遊びの情報が少なく、市場と港の付近に置屋が有る位の情報しかありませんでした。

なのでとりあえず市場に向かいました。市場付近は怪しい感じでしたが、危険な感じはしませんでした。

通りの1本1本くまなく走り調べ、見つけたのはこれまた怪しいマッサージ店が数件。店は○○マッサージ(○は数字が入ります)としか表示してなく、料金も表示されてません。

で結局入る勇気も無く雨も降り始めたのでこの日は断念しました。

2日目

この日はシアヌークビルを離れ、離島に泊りました。この離島は夜遊びするところが無く、この日も断念しました。

3日目

夕方シアヌークビルに戻りました。「今日こそは?」と遊べるとこを調べましたが見つから無かったので、一端休憩してBBQ屋で夕食をとることにしました。

ビーフBBQ(実は単なるステーキ)を食べながら考えました。そして現地の人に教えて貰うことを思い付きました。

店まえに居た暇そうなレストランスタッフに「レディ、ブンブン、ユー、ノー?」と声をかけ、案内してもらいました。

バイクで10分位移動しました。市場の前を通り、T字を左折し、最初の角(もしかしたら2つ目の角かも?)を右に曲がってすぐの所に、真っ暗な中にトタンの建物が有りました。

そしてその場に似合わない可愛い服装をした女性が2人居ました。そのトタンの建物が置き屋でした。

2人とも可愛い娘です。2人のうち小柄で元女子プロレスラーのミミ萩原さん似の娘を選びました、年は20歳前後ってとこで値段はUS20ドルです。

部屋に入ると4畳程の大きさで簡素な部屋です。

シャワーを浴びてプレイ開始です。お姉ちゃんからの責めは無く、もっぱら僕が責めです。

キスから始まり身体中を舐めつくし、挿入したいのですが何故か僕のセンターポールが反応しません。やる気マンマンなのに(汗)。

お姉ちゃんにチップをあげフェラして貰っても半起ちです。

しかもゴムを付けようとすると小さくなります(涙)。

何かトライし、お姉ちゃんもゴムを無しでも良いと言ってくれましたが、何しても駄目だったので諦めました。

残念ながら3日目も駄目でした。