地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2384回 台山市バス停のサウナ by 広東麺

初めまして。私、広東麺と申しまして10年以上に渡って本サイトを愛用している廃人ヤロウでございます。

現在、中国北京にて仕事をしていますが、北京の風俗は取締に継ぐ取締でエロ情報自体がそれほど多くなく、悶々とした毎日を過ごしております。

で、9月後半に出張で広州に行く機会がございまして、この機会にパァーっと身も心もキレイになってこようと思い、広州市から下川島に行こうとした次第です。

当初は東莞に行こうとしたのですが、7月から3ヶ月のエロ撲滅キャンペーン中とのことで、下川島にしました。

広州市から下川島へ行くにはバスで台山市のバス停まで行って、そこから山砠港行きのバスに乗り換える必要があります。広州から台山バス停までは2時間、台山バス停から山砠港までは30分ほどです。

広州駅の横のバス停から台山市バス停行きのバスが出ています。

ちなにに、下川島行くのに、結構マカオ→珠海経由で行く方が多いように見受けられますが、広州白雲空港から台山市バス停行きのバスが70分に1本出ているので、下川島だけ行くのなら、恐らくそれで行った方が楽かと思います。

で、快晴の中、台山バス停まで着いたのですが、なんと、「本日天気晴朗ナレドモ波高シ」ということで、山砠港行きのバス自体が欠航じゃぁ、あーりませんか!

さて、困ったということで、

1. タクシー使って強引に山砠港まで行く。

2. 珠海(マカオ)に行く。

3. 厳戒態勢の東莞に行く。

4. 台山に宿泊する。

の4つの可能性を考えましたが、仮に山砠港から下川島行きの無法ボートが出てなかったらシャレにならんので、結局東莞に行くことに。

バスチケットを買うと、バス発車まで2時間とのことで、メシでも喰うかとふらっとバス停を出ようとすると、バス停ホテルにサウナがある模様。エロセンサーがピクンと反応して、サウナにチン入。

さて、受付に行くと足マッサージか全身マッサージか聞かれたので、「全身!!」とコールすると、個室に連れていかれる。 で、話を聞くと全身は2種類あって、1つは198元、もう1つは238元とのこと。

違いは何かと聞くと238元は全套(要は最後までできる)で、198元はマジメマッサージ+手コキだとのこと。238元のサービス内容が気になったので、238元をコールすると、今238元の嬢は全て出払っているので、198元しか無いとの返事が。

仕方ないので、198元をリクエスト。20分くらい経つと嬢が入ってきた。んっ?結構可愛いではないか!

198元だとオイルマッサージで、この(普通)のオイルマッサージがめちゃめちゃ上手くて気持ちいい!

今まで軽く100回以上はエロ含めたオイルマッサージをしてきたけど、今までで一番上手かったよ。

その内、下半身をモゾモゾし始め、コキコキが始まりまして、脱ぎもタッチもなかったのですが、10分ほどであえなく昇天。   

残り時間いっぱいまでマッサージをしてもらいました。

部屋も結構キレイでそれもよかったです。まぁ、全く期待してなかった分、感動が大きかったというのは拭えませんが。。。

時間ピッタリまでマッサージをしたら、東莞行きのバスの出発時間になったので、いそいそとバス乗り場に行き、一路東莞を目指したのでした。(続く)