地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2381回 バンコク MPと垢すり 還暦男 by カワハギ

1年ぶりにのバンコク。 ドバイの出稼ぎ(真面目な仕事)から帰国したアラフォーとの再開の合間にMPと垢すりなど回ってきました。

体力がないくせに店の数だけは2日で7軒と頑張りましたが実射は2発のみトホホ。

本命嬢とはこれも2日で4.5戦2発。都合4日で4発、次回はイヨイヨ薬物の助けが必須と自覚した旅でした。

夜便にて到着でプロンポン垢すりの「K」。嬢は小柄・気立ても腕もいいが、無し。

移転前は内緒で汗をかいてくれた娘もいたけど厳しくなったのか。チップ・飲料合わせて1280B、ホテルに戻ったらうっかり寝込んでしまい、気が付けば、翌日はもう昼。

 1時過ぎ、まずセテイサンの有名店「P」 3階は3000Bなので、2500Bの2階へ。2階でもルックスは良い。3階は相当なんだろう。若くて美人でボインを選抜。

張りのあるF級胸を押し付けられながらEVに乗りお部屋へ。マットもあって期待は高まったが、若いだけに技術が伴わずマット指導。

床はしまりは良いものの、動きの鈍い当方に焦れたか「早く出せ」、「まだか」と鞭が入り逆効果。顔も体も良かったが相性が残念。せめての写真お願いもNG。3S(=短小柔)では若 いねーちゃんは我慢できんのだろう。

気分治しも兼ねトンローの垢すり「S」。日本人の店長が丁寧な案内。写真はいいが時間が早いせいか2人しかいない。以前は持ち物全部ロッカーに預けさせられカメラやチップの持込みが難しかったが今は全くフリー。

これはチップで期待が高まる。2日続けての垢すりだが問題なし。問題は相方と愚息。そこそこ年増美人だがガード固い上に腰折れ気味で時間切れ。チップ込1990B 垢すりとはいえ不発でこの値は少々不本意。

トンローの和食で夕食後、バンコク到着24時間になろうとしているのに未だ1発もないことに気づき再度プロンポンへ。

SOi24の駅からすぐの路地に4件ほどあるエロマ。値段を聞いて空いてて安い一番奥の店。店名は??。出された写真で手ごろなのを選んだらこれが大女。

入店時に先に入った娘を指名すればとは後の祭り、しかし大女は真面目&熱心。体力に圧倒されながらも健気さに愚息もやる気を覚え見事発射性交、1700B。何事も誠実さが一番。

2日目早朝本命ご到着、まずEVのドアが閉じた瞬間、1年ぶりのキスをしながら尻と胸をまさぐる。部屋に入り近況を確かめ合うでもなく即ベットに倒れこみ1戦。

若いのもいいけど熟女もねで、しっかりセイコー。馴染みの反応、ツボを押さえた技は、新規開拓とは違う安心の定食の感。3Sでも快感は得られる。

落ち着いた後は映画観たり、ショー付きレストラン(トンローのビエンチャンキッチンは手ごろで旨く楽しい)など束の間の再開を楽しんで、夜はジックリ1戦。

3日目朝一いたずらをした後買い物などして夕食の後お見送り。別れ際部屋で押し倒して4度目を試みるも成さず。この夜は大人しく寝たはずだが記憶がないだけかも。

最終日、遅い朝のあとアソークのロビンソン近くの某マッサージを探すも見いだせず、通り沿いで昼食中の娘がいる店に入った。ついたのは年増、エロを期待していなかったのに、1時間も過ぎたところでジュニアに挑発が始まった。

たまらずホットパンツの隙間から手を入れ、指を入れると入れ放題の濡れ放題、チップを要求するが、ここで終わっては今日の本命フェイクワンのMPで体力が無くなると思い、指の悪戯に専念。

チップを出さなかったせいか、結局着衣のままであったが両手の指には十二分な運動ができた。1460B/2時間。 

さて旅の〆はフェイクワンの有名店「N」。若い娘が確かに多いが、部屋の痛みはますます酷くなっている。空調すらスイッチが壊れコンセントでオンオフのいい加減。ひょっとして立替でもあるのか?

 時間が早いので金魚鉢はなんと2人のみ。初日の反省で、色の黒めの愛想のよさそうを選ぶ。これはアタリだった。熱心だった。腰の振りも締まりも結構。選ばなかったほうは巨乳で色白美人だった。どうであったろうか?2340B。

夕食は、禁止となったレバ刺しの看板に惹かれてプロンポンの朝鮮料理屋で思わぬ散財、帰国便まで少々時間があるのでフットマッサージに入った。

若いのもいたがついたのはまたしても年増。愛嬌はあるがインド的なお尻グラマー。

これが結構悪戯をする。隣には女性客がいるし、ガラス張りの外から丸見えだが巧みに仕掛けてくる。ちょっとした女痴漢だ。

以前にもあったが、たぶん2階か3階でアロママッサージにすれば大分サービスするのだろうが、今日はもう終わりで250B。 

以上都合約12000B 交通費はマイレージでサーチャージのみの23000円、ホテル代17000円 その他1万 合計8.6万円でした。

因みに宿はソイカ入口側のWelness residencce 部屋がかび臭いとか、EVが遅いとか悪評もあるが、安くて広くて交通至便、連込み可JF無し。

ソイカは年寄りには少々疲れる感じで今回は覗きもしなかったが、ソイカ好きにはおすすめカモ。