地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2379回 ベトナムロリに生中出し by 金魚のフン

シルバーウィークの連休を使って初めてホーチミンに行きました。

春先にチケットを手配するも、手配後1ヶ月ほどすると公安による風俗店の摘発ニュースが相次いで流れてきて・・・一時はキャンセルしようかと迷いましたが、これもひとつの経験と覚悟してホーチミンに行くことにしました。

結局行ってみれば、公安による摘発から2ヶ月以上も経過していたためか、その影響はまったく感じられず、空港近くの床屋で思いっきり遊ぶことができました。

私が行ったお店は某雑誌”G日記”にも載っていたお店。

公安を気にしている様子もなく、普通に営業していました。

最初にそのお店に行ったのはお昼過ぎだった。

お店に入って女の子を見せてもらうと全部で十数人ほど。

その中から一番若そうなのを選ぶとすぐに2階に案内された。

年齢を尋ねると20歳と言うが、彼女の仕草からはもっと若い感じがした。

別々にシャワーを浴びてベッドへ。

彼女のタオルと取ると・・・乳輪・乳首も小さく、色素もかなり薄い綺麗なピンク色。

おっぱいもまだまだ小ぶりで少し硬い。

パイパンではないが下の毛もまだ薄く、アソコもまったく使い込まれた感がなく綺麗。

そして、こちらからの攻めに素直に反応してくれる。

彼女の素直な反応を見ていると嬉しくなって・・・つい魔が差して、ゴムを付けないでそのまま挿入してしまった。

が、彼女の方もまったく抵抗しないで受け入れてくれるではないか!これは嬉しい誤算。

それならばと最後は思いっきり彼女の中に放出。

結局、ホーチミン滞在中毎日彼女の元に通い、毎日中出ししてきました。

料金は事前のネットの情報通り800千ドン(約4000円)でした。