地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2360回 バンコク スクンビット テルメカフェにて 2013年8月4日   by たろう

サイトの皆様お世話になります。

前回 第2155回  バンコク スクンビット 援交カフェ テルメにて 2012年4月15日に引 き続いて2回目の投稿をさせて頂きます。

訪タイ5回目 今回も1週間の日程でタイでの休暇を満喫してきました。

やはりバンコクに行ったらテルメしかないでしょ。との思いでルムンチットホテル横の見慣 れた階段を下りていきます。

女の子の相場も1,500バーツ辺りということは前回リサーチ済みですのでその線からの交渉 となります。

ただ2012年の11月からの急激な円安で10,000円で4,000バーツだったものが今や3,100バーツ と2割以上の値上がりになってますので、 実質4,000円が5,000円になってしまったということになります。

今回も初日は様子見を決め込んでみました。

お客さんはタイ女性120名位、日本人男子も60人位、その他の国の男15人位と盛況です。 しかし、どこを見ても連れ出すまでには至らないようです。

女の子も行き交う男に目配せまではしても、自分から売り込みをかける度胸がないというか シャイな感じがします。

特に自分に自信のあるような子は売春婦なりにもプライドがあって決して自分からは売り込 みをしてきません。

マニラベイカフェに集うフィリピンの女の子とは大きく違うところです。

猛烈アピール目線を送ってくるのは普通の日本人ならお金を出してまで遊びたいと思う子で はありません。

最大顧客の日本人男子も夏休み中の為かグループ客が多く、友人の手前、こんな子で妥協し たら格好がつかないといった様子で 軽く立ち話で終わってしまうような雰囲気が多く見られました。

自分も貴重なお金と精子を無駄遣いしたくないのでじっくり吟味していましたが、あまり吟 味し過ぎると椅子に根っこが生えてしまい 女の子を選ぶより、人間模様の観察で終始してしまいました。

翌日、昼間~夕方の観光も終わってから再度日付が変わる頃に繰り出しました。

強い日差しの下、あちこち歩き回って、おいしいタイ料理も食べ、元気な精子も程良く溜まっ てきましたので今日は相手を見つけて 欲望のカルピスを大放出するつもりです。

ここに来る前に今日はタイ人の友人とソープランド巡りと立ちんぼ巡りをしてきましたが、 交渉の余地のないSEXはどうも性に合わず、 見て冷やかすだけで終わってしまいました。

今回のお相手はBIWさん 26歳と言っていました。

何回か目が合い、遠めには悪い感じがしなかったのでこの子でも良いかな~位の気持ちはあ りました。

ただ、ここテルメカフェは男子にとって圧倒的な買い手市場です。 バンコク市内のサラリーマンの平均月収が10,000バーツそこそこです。

世界一清潔で、礼儀正しく、紳士的で、淡白で、金払いの良い最高の顧客の日本人様です。

ルックスもイケメンとまで言いませんが、背も高く、英語も流暢に話せ、根が自信家なので 全く気後れするところがありません。

僅か数十分の気持ちの良いお仕事に月収の20%もボッタくる法外な相場に違和感を感じてい ますのでもっと足元を見てダンピング するか、こちらの要求を色々呑ませて主導権を握りたいという買い主として当然の希望があ ります。

AM2時になり、2時半の閉店が近づいてきて女性たちも今日も手ぶらで帰るわけにはいかない と色々焦っていたのでしょう。

ここで客を取る20代半ば以上の女性はシングルマザーで家で小さな子供が待っているケース が多いと聞きます。

本人曰く、他の人には2,000バーツでなければ嫌だけどあなたには特別1,500バーツで構わな いとのこと。

こっちにしてみれば何言ってんだ。1,500バーツはスタート価格でこの時間なら1,300や1,00 0バーツだって妥協する子もいるだろうに と思いましたが、世間話をそこそこしてしまった為、今更他の子に乗り換えるのもあんまり だろうと思い承諾しました。

以前はタクシーに乗ってSoi4辺りの連れ込みホテルで400バーツの時間貸しの部屋を利用し ましたが、今回はこの建物の上に行くこと になりました。

受付で手馴れた様子で500バーツ出してと言われ鍵を貰って3階に行きます。

部屋の広さはそこそこ広いですが、この時間貸し部屋はうらぶれた感が少し切なくなります。 自分の宿泊先はすぐ近くの綺麗目な部屋ですが、同室者が寝てますので持ち帰ることは出来 ませんので我慢するしかありません。

並んでみると思ったより小柄でした。

部屋の電気は真っ暗にはさせず、お互いの顔が認識できる照度を保たせます。 今更じたばたしても始まりませんのでちゃっちゃと服を剥ぎ取り、自分も脱いで目視点検を します。

痩せてはいましたが、おっぱいの垂れ具合など確実に子供を産んだ体型だと感じました。

肌も結構黒味が強く、テルメカフェで見た時より部屋に連れて見てみるとガッカリスです。 明るいところで一緒にシャワーを浴び、良くお互いの性器を洗ってからベッドに戻ります。 キス、マン舐め、クンニ、生フェラはOKとのことです。

乳頭が陥没していましたが、暫く舐めまわしているとコリコリが出てきました。

勢い一心腐乱にマン舐めをしてイかせるつもりですが、必死でイくことを我慢している感じ です。

あまりSEXを楽しむタイプの子ではないと判断してこちらのをしゃぶってもらうことにしま した。

躊躇無くパクッと加え一応奥まで咥え込みますが、バキューム感が足りなくただ出し入れし ている感じです。

右手で竿を支え前後にシコシコスライドし、左手でタマタマを転がしニギニギして唾液を絡 めてじゅぼじゅぼ音をたてて バキュームするのがこの年代の女子なら素人じゃあるまいし心得てるものだろうにと思いま した。

これからお前さんを気持ちよくして下さる我おちんぽ様に今ひとつリスペクトが足りません。

程々で止めにさせて、ようし、このままぶちこむぜ!という段階になって「コンドーム、コ ンドーム」と言います。

中では絶対出さないから少しだけ入れさせて!とお願いしますが、「コンドーム、コンドー ム」と言います。

じゃあ、中に入れないからくっつけっこしようといって入口に擦り擦りします。

タイミングを見計らってそのままいれちゃえ。と思いますが、おまんこに並行から少し角度 を直角にしようとすると途端に手でガードしてきます。

いつもちょっとだけ、先っちょだけといって承諾させて、いつのまにか根本までずっぷりい れて女の子が自分から「あ~ん。」と腰を振り出す 状況にもっていってちゃっかり最後までごっつあんするのが作戦なのですが、お主もなかな かしっかり者です。

まぁ。あんまり抵抗してるのに無理に生挿入しても気の毒なので日本から持参のサガミオリ ジナルLサイズを装着します。

ゴム付きのSEXはあまりしたことがないのですが、もちろんお互い病気や望まぬ妊娠のリス クを避ける意味で「良い子はダメ!絶対」ですよね。(笑

いつも着けないゴムのせいもあるし、彼女がゆるマンなのもあってなかなかイけません。 また彼女の性格なのでしょう。あまり感じたくないような態度を取ります。 お金の為に好きでもない外国人に身を任せてるといった感が漂うとそれだけで男は萎えるも のです。

ただ自分もなけなしの2,000バーツを突っ込んでますから、このまま不発というのは如何と しても避けたいので全力集中します。

多分、ゴムを外せば3分で終わるものをゴム付きゆるマンですから、10分以上ピストン運動 していたと思います。

何とか集中力を高め、ユルユルちゃんでしたが、奥の奥で亀頭を膨張させ、クリトリスを擦 り上げながらフィニッシュした時は背中が汗でビッチョリでした。

息も絶え絶えでしたが、おまんこの中でチンポがだんだん小さくなるのを感じて、ゴムを取 り損ねて精子を逆流させるといった粗相がない ようにきちんとつまんで抜き取りました。

彼女もやっと終わってくれたとほっとした様子でした。

またお互い一緒にシャワーを浴びに行きました。

バスタブはありますが、狭いシャワー室ですので彼女が先に出て行き、朦朧としたままシャ ワーを浴びていました。

シャワーから出ると彼女は既に洋服に着替え帰り支度をしています。 今さっきまでまぐわって愛の交歓をしていたのにビジネスライクというか余韻に浸る暇もな く、「はい、お仕事終了!」といった態度でしたが、 まぁこんなもんかというくらいの気持ちです。

記念に写真を撮っても良いかと聞くと「ノー、ノー」とニベもありません。 パーソナルユースで外には出さないと言っても「ノーノー」です。

OK、それじゃ分かった。約束のものを払うよと言って1,500バーツをポケットから取り出し ます。

彼女がタクシー代100バーツもお願いと言ってきましたが、笑顔でハハハ ノーと答えまし た。

生挿入、終わった後のしばしの抱き合っての余韻、写真撮影などOKしてくれれば500バーツ くらいチップで渡しても良かったのですが、 こんな状況じゃ別に払う気にもなりませんでした。

部屋での精算も終わって階段をトコトコ降りてスクンビット通りに出ました。

彼女が少し先に歩いて行きましたが、一度も振り返ることもなく流しのタクシーを拾って消 えて行きました。

同じ場所からタクシーを拾うのも何か虚しいので少しだけsoi15の歩道橋近くまで夜風にあ たりながら歩きました。

最近は彼女と愛のあるSEXばかりでしたが、マンネリ化したSEXを打破する為に違う国で違う 女と刺激のあるSEXをしてみたかったのですが、 あまり後味のすっきりしない不満足なSEXとなってしまいました。

こんなことなら彼女に6,000円分何かプレゼントを買ってあげた方がまだ良かったと罪悪感 すら感じました。

タイも経済レベルが上がってきて生活が豊かになってくると少し英語が喋れて身だしなみに 気を配る子だと1,000バーツ位では 外国人に抱かれたくない、安売りしたくないという気持ちになっているのかなと思いました。

それでもヤワラーでは500バーツで中国からの短期出稼ぎのチャイニーズを抱けますし、チャ オプラヤ川の東側のウォンウィエン・ヤイ の辺りでは500バーツでタイの若い子が抱けます。

ただ、彼女たちはタイ語しか理解できませんし、一般のタイ人は日本人以上に英語が理解で きません。

テルメに来る子も英語がほとんど不自由な子がたくさんいます。

日本で日本人の女の子を1万円で抱けるご時世にわざわざ飛行機代とホテル代を払ってタイ に行って6,500円も払うのはナンセンスだと思います。

物価の差やクオリティを考えると600~1,000バーツ 2,000円~3,000円程度が相応だと思い ます。

テルメカフェは今や価格暴騰で元の住人のファランは逃げ出し、金銭感覚の甘い日本人専門 の援交カフェになり下がってしまいましたが、 日本だって長らく不景気でデフレが続いています。

10年前の年収300万円台から5年前の200万円台、今や100万円台の若者だって大勢います。

後に続く日本男児が1,000バーツから始めて1,500バーツ程度を上限にタフな交渉をしてもら うことを希望しています。

次はフィリピンへ向かいますが、同じような出会い系カフェであればマニラのベイカフェの 方がもう少し楽しめるように思います。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS