地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2350回 東莞・マカオ・バンコク旅行記 (2日目前半・東莞(トンガン)編) by 議長

スワンレイクホテルから、君悦ホテルまで移動。

サウナには予約も何もしていない。 ドキドキしながら三階へエレベーターで上がります。

サウナかマッサージか聞かれ、サウナと答えると、四階へ。 さあいよいよ女の子と対面です。

料金は720元と820元の二種類みたいでした。 最初に来たのは四人。 レベルは低くないが、ピンとこない。

今日は胸の大きい子と心に決めてたのでパス。

次も四人。805番の子が気になり、キープできるはずだけど、スタッフが中国語オンリーのため、うまく伝えることができないため、とりあえずパス。

っと、ここで意志疎通に問題ありってことで英語の話せるスタッフが登場。 805番のキープを伝えることができました。

このあと、合計で五人位女の子を見たけどぴ来なかったので、805番に決定。

東莞第2ラウンド・サービス開始 ここでスペック確認

顔…すごく可愛い

スタイル…細くもなく、いいかんじ。胸はFカップ位?

肌…スベスベ

年齢…20代前半位

笑顔…ばっちり

いや~、笑顔が可愛いかった。

アシストありでこっちは全裸に、今回はきっちりと妖艶なダンスを披露してくれました。 で、脱ぐのかと思いきや、そのままベットに押し倒されます。

今回の子は徐々に脱ぐみたいだ。 この子は雰囲気作りからきっちりやってくれました。

さすがにキスはないけど、首筋へのキスから、乳首責めへ。 徐々に下へ下がっていく感じですごく良かった。

待ちに待った、長~いフェラーリも披露してくれました。 ここで当たりを確信。

このあとは騎乗で合体。 座位、正常と続きフィニッシュ。ここまで約20分。

ここからはシャワールームへ。

君悦ホテルには、マットの台はなかったです。(しかし、天井が鏡張りでエロエロです。) ここで、スケベ椅子みたいなのに座って、全身を洗ってもらいます。

言葉は通じないけど、本当にいい子です。 ベットへ戻ったら、全身をマッサージしてくれました。

上半身から下半身へ、結構しっかりしたマッサージです。 と、いつの間にかおっぱいを使ったマッサージへ変わっています。

その後は、口に水?を含んでのリップ、水を使わないリップとの繰り返しで、全身にやってくれました。 これがアイス&ファイヤーってものでしょうか?

そして、とうとうやって来ました。アナル責め。 37年間の人生で初めてといっていいほど濃厚でした。

ドリル舐め?う~ん、凄かった。はまりそうです。

そんなこんなで再び合体へ。昨晩、十時間寝たとはいえ、昨晩に2回戦こなし、 今回も既に2回戦目、さすがに刺激がやむと元気がなくなります。

中折れへの不安がありましたが、無事にフィニッシュできました。

このあとは再びマッサージをしてもらい、満足の90分でした。

Google翻訳を使っての意志疎通もやってみたところ、それなりに通じ、楽しめました。

まさに「性地」トンガン。再び訪れることを心に誓った瞬間でした。

女の子に500元を渡して、3階の受付へ。残りの320元を渡して終了となりました。(2日目後半へ続く)