地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2319回 欲望の街・皇軍従軍記 by シデン

 「-・- --- …」(ワレ交戦中、至急援軍求ム!) 性帝十字陵本陣にて緊急無線を傍受!
マルサンニーニー(0322)長兄を率い関空よりJL727(16時30分発)に搭乗し敵陣(タイランド)に。
恐怖の機内食はいつも拷問レベルにマズいが改善されたのか空腹だったのか今回はおいしくいただいたw 「行ったらとりあえずマッサージかなぁ~」以前は機内でCAのケツ見て妄想し高度1万メートルでよく勃起してたものだが、俺も長兄ももう若くないのだ;;。
以前の瞳の輝きは失せていた。
午後9時半(現地時間、時差-2時間)にスワンナプ~に強行着陸し、スマホの機内モードを一瞬オフにし再びオンにした。海外での通信費が怖いからだ;;。 機を降り入国申請する前に喫煙所で
ニコチン補給しフラフラになりながら無事タイに入国したのであった。
空港を出て1階のタクシー乗り場を見ると長蛇の列…;; 3階に行き、客を降ろしたタクシーを
捕まえて最前線基地ナナホテルに向かった、ホテルに着いたのは10時半くらいだったかな。
荷物を置き兄者とマッサージへ、1時間250b(750円くらい)行軍の疲れをここで癒し、
総司令ともやくんとホテルの前で合流した。 彼の目は血走ってて吊り上がっておりなんとも
恐ろしい形相である…。魔闘気を帯びて彼は参上した。 聞けば2度ほど闘ったのだが取材の妨(さまた)げになるのでまだ一発も放たず峰打ちで交わしてきたとの事。まさに炎の男。
総司令ともやくんを前に「今夜はもう寝ます」とは言えず、拳侠の集うナナプラザに突入!
マリ○ナ大好き姉ちゃんの店を目指した……。だが彼女は居なかった…(涙)
「あれから1年やもんな~仕方ないか~」母乳姉ちゃんも居なかった(涙)
悲しく店を出ると「居た!」系列店に移動していたのであった。


看板りぬーあるされてた

目が合った瞬間ペイバー(店からの連れ出し)したwこのナナプラザ内にマ○ファナの売人が居ててそいつと親しいと言う、500b(1500円くらい)渡して早速仕入れてきてもらったw
相変わらず凄い量だ、全部吸ったら廃人になるだろう…。
長兄は「今日は寝ます~」とホテルに戻り総司令ともやくんと3人、ともやくんの対戦相手を見つけて乱交パーチーかなぁ~と思っていたが、取材を山積み残しているので済ませてからにしようと
言うことで、カマバー取材を強行した。
ナナプラザ内のカマバーを何軒か襲撃した。道中○リファナ姉ちゃんがともやくんに「あなたニューハーフが好きなのねw」と「ちゃぅわい!取材なんじゃ!」と日本語で言っていたw


いいんでね

2階左手のカマバーCASANOVAに鎮座した、ママさんが俺の横に座り、メチャキレイなカマーが彼の横に座った。うれしくないが何度も手を取り偽乳を揉まされた。この店のカマーはみんな(?)刀を切っておらず両刀使いらしい。みんな俺より立派なイチモツであった…。
あまりにかわいかったのでつい「こいつの刀なら舐めれるわ…」と思ってしまったww
結局カマーへのインタビューだけでともやくんは連れ出す事なく会計で激しいチップクレクレ攻撃を喰らい退散。3人でホテルに戻りともやくんは巻きタバコを作ってくれ帰ってった。
ガッツリ姉ちゃんと特製巻きタバコを吸いこれまた幻想世界に堕ちそこでの再会…。
溶けるほど舐められ腰が砕けるほど犯ってしまった。
「今日は用事あってもう帰るけど明日は朝まで犯ろうね」と彼女は帰ってった。

倒れるように朝まで寝てしまった w




2日目、地獄の行軍


快眠した長兄と近所のマクドで朝食を採りMBK(大ショッピングセンター)に買い物、そっからパンティッププラザ(電脳ビル)にとショッピング、ホントいいものが買える、しかも安い!w安いけど値切るとさらに安くなる。調子こいて値切りすぎると怒られるので程々に w
夕方から総司令ともやくんと合流しかねてから興味のあったノーハンドレストランを襲撃!
総司令提示のわずかな資料を元にタクシーの運転手が奮闘しなんとか到着、地味なトコにあった。
まさに知る人ぞ知ると言った店ではないだろうか?

あやすぃ雰囲気だった


エレベーター昭和を感じる絵

この怪しいエレベーターを乗り上の階に、お姉ちゃんいっぱいの前を通り過ぎ4畳くらいの
個室に案内された、姉ちゃん待ちの時ミスハワイみたいなおばちゃんが何度も部屋を覗きにきたので「まさかこのおばちゃんが?」と少し怯えた。待つこと数分、


「ア~イ~ヤ」奇声をあげるミスハワイ&暁伸

「あめま~っ」と3人の姉ちゃんが登場、どれも美人で「誰でもいい」と思った。
てけとーに料理を頼み互いに横に座った姉ちゃんを評価した。ホントみんなかわいかった。
総司令は最初あまりタイ語を話そうとしなかった…「このコらなんて言うてますん?」
「このコらにこう言ってもらえます?」総司令は最初応じてくれなかった。
なぜなら彼女らは我が皇軍がタイ語知らないと思い言いたい放題話してるのを彼は傍受していたからだ!彼がタイ語話すと暗号(タイ語)が聞けなくなるからだ。どうやら彼女らは今俺達を評価してるらしい…「あなたの横の人スケベそう…w」「でもこの人達良さそうで安心した」
彼女らの皇軍への評価が済み総司令はタイ語を話し始めた「ゑ~っ!聞いてたの~~!w」
本来写真を嫌がるらしいが「いい人」らしくバシバシ撮らせてくれた。
横についた姉ちゃんがあれよこれよと食事を口に運んでくれる。料理もおいしい。



やたら勧められたチキンスープ


乳揉み比べ中

揉んだり吸ったり押したり引いたりしてるとさっきのミスハワイがやってきた。
どうもここのママさんらしい、流暢な日本語を話す。日本にも住んでたことがあるらしく
日本を懐かしんでやってきたみたいだった。
「大阪の人でしょ」ずばりその通り、特に大阪人が好きらしい。ママさん言うに大阪人は
よく笑い、よく話し、よく金を使うらしい。会計後残金を数える関東人にはゲッソリすると。
「いやママさんちゃうねんで、大阪人はホテル戻って残金見て泣いてんねんで」
関西人ウケはここだけではなかった。どこでも大阪人は人気あるみたいだ。
関東の人頑張って汚名返上に努めてほちぃ(遠藤)w
ビジネスマネーにおいては関東人の方がスマートなのにちょと残念。
握力を失うくらい揉み倒し、ママとの会話ネタも尽き店を出た。
姉ちゃん連れ出して戦闘態勢に入るのも可能であったが夜はこれからと姉ちゃんと涙の別れ。
総司令が全額支払い、「姉ちゃんに多目にチップあげたって」と割り勘を拒否られた。
店を出、「ヨカタナー」と余韻に浸り通りまでの暗い道を歩いた。「今からパッポンに奇襲攻撃を敢行す心してかかれぃ!」総司令からの勅命が出た。 パッポンはよく行ってたのでお安い御用であったが…さすが皇軍行くとこが違う…。  SMクラブ?だった。


「南斗最後の将はどこだ!」「ハイ、あそこです」
入り口のおっさんと話す総司令

ちょっとはずれた通りにあり人通りも少なく地獄の門番が必死で客引きしていたw
900b(2700円くらい)で1ドリンク。黒い服を着さされ入場、薄暗い店で独特の雰囲気…。
中には檻や診察台、X型の磔(はりつけ)「こんなものは飾りにすぎない…」
伊勢の国際秘宝館レベルだと思った。戦場を駆け抜けてきた俺には屁でもないのだ。
席に着き、飲み物をオーダー、3人の姉ちゃんがやってきたS2人M1人だ。
赤いロープを巻きつけがんじがらめにし、乳首と股間を洗濯ばさみではさんだロープを渡され
「引っ張れ」と。思い切り引っ張るとはずれそうなのでクンクンと引っ張るとM姉ちゃん
「あはんあはん」と桃色吐息w 2人のS姉ちゃんにムチでしばかれてた。
「どうせ音だけやん、こんなんw」まさにヤラセのショー w
ショーが終わると総司令はトイレに席を立った。
姉ちゃんが長兄の手を引きX型磔に来い来いと。長兄は激しく抵抗した。
場がシラけるのいやなので俺様が志願!(兄思いだろw)
Xのとこの上んとこで手枷(てかせ)をはめられた。すると姉ちゃんは俺のズボンを脱がしひざまでずらした。兄の前マヌケな姿である;; 一人の姉ちゃんが手コキしてもう一人の姉ちゃんが
あのインチキムチで俺のケツをひっぱ叩いた…「ビシッ!」「ンガーッ!」激痛であった;;
狼男のように吠えてしまった、あと声にならない悲鳴を上げた、兄の手前ホントカッコ悪い…。
バシッ!ビシッ!バシッ!「泰山流双条鞭」を何度も喰らった…。
「止めてくれ~」「もうええやろ」「コトート(すんません)」あらゆる言語で謝ったが
無慈悲な宴はつづいた。
トイレから出てきた総司令は「おぉ~」感動の様子…。小走りにやってきて、鞭打ちに参加
「なにが性帝じゃ!(バシッ)」「根性見してみぃ(ボゴッ)」この上ない罵声を浴びた。w
一人の女がやってきて「コーラをおごれ」と…。この火事場泥棒めっ!女の鞭打ちと総司令の
言葉責めがつづくなか「ソ、ソ、ソーリー…」やっと開放された…。
まぁ、責められも色々あるだろうけど肉親に見られる責めほど恥かしいものはないだろう。
あったら教えてくれw
拷問に屈し腫れたケツをかばって着席、処女膜再生手術したてのヤツもこんな座り方してたw
あとケツ掘られたヤツもこんな座り方だった w 
さっき俺を拷問した姉ちゃんが寄ってきて横とひざの上に座った。
「なんだ?この癒されモードは!」
この一体感は初めて得た世界であった。 ちなみに長兄と総司令は俺の拷問を涙流して見てたらしい「笑い死ぬかと思った」とw
なにも知らさず人数で行って拷問受けたら楽しいイベントになるだろうw
犯られたヤツは災難だが;;w 次回絶対誰か連れてってやる!w


店のオブジェ

そのままキングスに(ゴーゴーバー)向かった。
俺ウォッチャーのウェイトレスも居なく顔見知りの姉ちゃんも居なくちょっと退屈、3軒まわって雰囲気を十分堪能して「次はタニヤだ!」と転戦命令が下りた。
通りはあまり人もいなく一時期を思うと寂しいもの。客引きの姉ちゃんが時々声かけてくる程度で
パッとしない。総司令が一人の客引きから渡されたビラを見て「社長は?」と「ゑっ!?」
「○○社長は?」「おっ!?」新規オープンした店の方に行ってて不在との事。
「せっかくやしちょっと行こかい」と、追従した。
料金システム忘れた;;(スマン)店に入ると姉ちゃん20人くらいのお出迎え、バッジの色で日本語話せる、日本語わかる、戦闘不可とか区別されてた。
「あのコかな…」心で決めていたがここは総司令、長兄が先に決めるもの、心で般若心経を必死で
唱えたww 唱えた甲斐あり俺はそのコを指名できた。 藤原紀香に空気を数㌔入れたような姉ちゃんだった。あ、今の紀香くらいかなww(最近本物太ってるらしいww)
姉ちゃんいきなり「私連れ帰ります?」と聞いてきた。「いきなりはアカンやろw」断った。
よいコなのでいつもお昼寝してるのだがこの日してなく眠たかったのだ。疲れてもいた。
姉ちゃんにその旨伝えると「んじゃ私マッサージしてあげる、そこから少し休んで戦いましょう」と言ってきた、それならOKだ。メイド服の腰あたりに手をやるとはちきれそうなボディにヒモパンが食い込んでるのがわかった…(欲情中)揉まれて揉んでドピュッ。いいなぁ~(激しく妄想)
タクシーでホテルに戻ると姉ちゃんは服を脱いだ、首から下はスーパーの安タマゴを寒い中自転車に乗って遠方から買いに来てるおばちゃんやったww
マッサージもなくシコシコされて立たされてハメてピュっだった、おもんなかったww
「明日も来てね」と言ってさっさと帰ってった。 あんなサービスで誰が行くんだろ?w

虚しさの中寝た w



3日目、恐ろしき北門派マッサージ


この日も快眠の長兄と朝マクドしカオサンに行ってみた。たいした事なかった…。
昭和40年代の駅前百貨店レベルの店が連なる。 暑いし…。
しばらく歩いて退却、旧そごう、WTCと行ったがこれまたなんにもなく退散した。
長兄はホテルでお昼寝するとの事で俺はいつものホテルの近所のマッサージに行った。
いつも決まった姉ちゃんがしてくれる。日本語を少し話す姉ちゃんだ。
「一人?」「うんフレンドはホテルでスリープ」 すると姉ちゃん「カプッ」とおてぃんてぃんを
くわえてそのまま逝かされてしまった…。 なんやねんこれww生尺であった。
実はここ、そんな店だったらしい…。 前々から知ってる姉ちゃんだったので多少の感情移入もありまぁよかった。 多目にチップを渡しグッタリしてホテルに戻ったのであった。
夕方アソーク(地名)で総司令と合流、なんだかこの日の彼の形相は穏やかだった。
実は彼も北派のマッサージに捕まり放ってしまったそうだww 仏のような顔してたww

あ、北門派マッサージってなんだ?って人に解説ww
北だ南だは俺が勝手につけた名称 w
普通のマッサージは南門派、秘孔をブスブス突いてきて興奮させエロマッサージに変貌するのが
北門派のマッサージw
かつて少林寺に2つの流派があって俺達がよく知ってる少林寺が南門派、一方北門派は暗殺拳ゆえ
奥義を見た者は死ぬ者とし公(おおやけ)になることはなかった。
唯一公となった拳法が「蟷螂拳(カマキリ拳法)」だとか。
気持ちいいのは北門派のマッサージで南門派とは比べ物にならない。

アソーク(町名)のコリアンタウンで焼肉を食べた、何軒か店があるがそこ以外においしい店はまだ知らない。そこだけいつも混んでいる。ハラいっぱい食べ口臭消臭剤を飲み、
ソイカウボーイに向かった。
ここはあまり来たことがなく前回来た時とは比べ物ならないくらい煌(きら)びやかであった。
一昔前の梅田の東通りみたいだw 人も多く呼び込みの姉ちゃんもかわいい。



ガラス床の2階でノーパンで踊ってる姉ちゃんの居てる店やいろえろとまわった。
「ヒサシブリ」女が声をかけてきた…。こんなところで誰が? なんとキングスの俺ウォッチャー
ウェイトレスだった…。濃い化粧に青いコンタクト まるで別人だ 少女のような顔だった。
しばらく話して入店してもよかったけど総司令の号令に非情の別れw
「征くぞ!フェラ箱のある店に!」ww;; これまたマニアックな店だw
小さな別室があってそこで縦笛をピーピー吹いてくれる店なのだ!
入った感じ普通のゴーゴーバーだった、姉ちゃんがゆるゆるポールを掴んで踊ってる程度。
他店ほどギラギラしたものはなく場末のバーのような雰囲気でキライじゃない。
女が横に座ってくることもなく手持ち無沙汰なのでヒマそうなおばちゃんが目の前ウロウロしてたので「まぁ一杯飲みぃな」と座らせた。おばちゃんなのに歯並びが良すぎてしかも真っ白!
完全総入歯であるとわかった。歯茎で、んがんが噛んでくれるのであろう…。
暗闇の中「カタッ」と入歯を置く音想像しただけで恐ろしい ww
その世界を知るにまだ早い気がして遠慮しておこうw
色々情報収集だけをして店を出た。総司令は言う「若い女ばっかり見てるよりあんなおばちゃんと仲良くしてる方が後々いい話がまわってくる」以前「あんたになら…」と処女の自分の娘を差し出された事があったらしいw 店の若い女もあの人と親しいのなら上客と判断する事が多いとか。
つづいてタイにフィリピンバーがあるらしくそこへ移動、総司令は最近日本でフィリピンバーにちょとハマリ気味とのこと、思えば俺も海外の戦士に目を向けたのはフィリピンバーがきっかけであった。バイトに来てた従業員がそれにハマッてて一度連れて行かれドップリはまったのが最初であった。さすがに嫁はんにフィリピン行きたいとは言えず、他国でもいいと思いこのサイトで在タイしてた総司令ともや氏に「お願いお願いお願いお願い」メールし面会に応じてくれたのが始まりであった。 てか、タイまで来てフィリピンバーかよw 冷めた感じで入店した。
店に近づくにつれ昭和の歌が聞こえる…w 入店するとやんわり満席だったが、軽いテーブル、イスをガガガガーッと移動させてほいっ6人テーブル完成! す、すごいっまさにアジアンパワー!
客はほとんど日本人だったのではないだろうか、お姉ちゃんたちも流暢な日本語を話す。
ノリもよくとても楽しい、サービス精神旺盛なフィリピン姉ちゃんにいっぱい元気もらったような気がした。 これがフィリピンバーのおもしろさだなと思い出したのであった。元気ないヤツはここに行って黙って座ってたらいい、あとは姉ちゃん達が盛り上げてくれるハズ!


CEBUって店


2秒でおまえを倒してやるby盲目の闘将
1階が有名人ふくちゃんのラーメン屋、ふくちゃんは必死で2ch見てたw
総司令とはここで別れて俺と長兄はホテルに戻った。昼間の北派マッサージを受けて全ての性欲を吸い取られており元気なかったのだ;;
総司令はここに残りふくちゃんラーメンを食べてたらしい、するとこのフィリピンバーの姉ちゃんとふくちゃんが大喧嘩しだし大騒ぎだったとか。リングサイドで見れた総司令が羨ましかったw



4日目、ブッダの日


観光客にはたまらないがブッダの日ってのがあり禁酒諸々の制約、国民はみんなそれに従う。
当然店も休みが多い。長兄が銃を撃ちたいと前々から言っていたので他の遊びも含めパタヤに行こうって事でタクシーに乗って現地を目指した。浜辺のスカイレストランで昼食、総司令が「ビールあるの?」店員「ありますよ」ないワケないやんって顔して言う。
しばらくしてビールが運ばれてきた。「今日ブッダの日で禁酒やんね?」と総司令が尋ねたところ
「あっ忘れてた!」総司令はすでにビールを掴んで離さなかったww 景色を眺めて優雅なランチをした。

暑いけど海から冷たい風が吹いて気持ちよかった


歓楽街を歩くがブッダの日で全店お休み;;


廃墟のような歓楽街をとぼとぼ往く総司令


バイク借りて移動しようかと総司令が言ったけどタイでの運転は怖い、狂気の沙汰である。
移動動物園みたいなクルマで移動、シューティング場に向かった。
パーン!パーン!と銃声が聞こえた。胸が躍るw 店に入ると足元薬莢(やっきょう)だらけで
コケそうになる。 教官指導のもと乱射、火薬の量が少ないせいかよく当たったけどあまり反動楽しめなかった。撃ったターゲットをみやげにもらったけど、みんなで捨ててきたw


なんか名前あったよな;移動動物園みたいな乗合自動車


バキュン!バキュン!ドピュン!w


実銃は狙い通りいかない、でもうまいやろw
ちなみに持銃のエアーガンは狙うことなく天目(ヒタイ)に
当てることができるw

次はカート場に。俺も長兄も昔カートをやっていたので結構自信があった。
んでもゆっくり走ろうって事になってて、ゆるゆるスタートし仲良し走行してたのだが
調子こいた毛唐(白人のこと)がわざわざ縫うように俺達を抜いて行きやがった…
ボワッと火がついた…。集団を抜けて毛唐を追った、すぐに抜けたw屁~みたいなヤツやった。
本気で走ると差がどんどん開くのでわざと大回りしたりあきらかにおちょくって前を走った。
ヤツは最後まで俺を抜けず後ろで何度も「ファ~ック!ファ~ック!」と叫んでた w

あんまり日本人怒らせんなよ、アホばっかりちゃうんやで俺はアホやけどなw

余裕の走りしたつもりやったけどグダグダやった、みんな酸欠状態なってた;;
ちなみにここのサーキットのタイムレコード保持者は日本人とのこと腕に自信のある人はどうぞw
マシンの性能差がありいいマシンでチャレンジしてくれぃ!w


初級コースと中級コースと2コース。初級コースでは
2人乗りがあった、子供と乗れますなw


毛唐の女激しく突っ込みレース中断w

ビーチに戻りゆっくり夕日を眺め食事をし、タクシーに乗りみんなガーガー眠り
バンコクに戻って解散したw


夜になると照明が付き夜でも泳げる
ちなみにビーチ裏の舗装路にお姉ちゃんいっぱい立ってた



高そうなシーフードレストラン(安かった)


生ガキ1個90円しかもデカい。とぅるりん♪と食べた

何時に帰ったかも覚えていないがホント疲れてしんどかったけどそろそろ黒人いっとこか~
と通りに出て物色した、いっぱい居た…。 グループで居てて声かけるのはちょっと厳しいものがある。 結局通りを3往復した;; やっぱアカンわ;とあきらめて帰る道で黒人の姉ちゃんが群れから離れて声かけてきた。これは楽w 1000b(3000くらい)と。小柄な姉ちゃんで今度こそ余裕のバックができるw ホテルに連れ帰った。 


敵艦見ユ、空母ヲ伴フモノナリ
ナナホテル前信号からナナ駅階段までがエリアっぽ

タンザニアから28時間かけてきたチュセリって名前の姉ちゃんで19歳とバレバレのウソを言う、絶対40は過ぎてるハズだw
まぁアイソもよく分厚い唇で熱心にフェラしてくれた。 デッカイケツした姉ちゃんで上に乗ろうとしたが「バックで犯らせてくれぃ~」と戦闘開始、俺よりはるかに小柄な姉ちゃんやったけど
高さはちょうどよかった、前回のようによじ登ることなく普通にできたw
まぁるく大きなケツ肉を寄したり押したり楽しく遊ばせてもらった w


ぶりんぶりん


バルーンヒップ

戦闘終了後姉ちゃん服着てさっさと帰ればいいのに裸のままで話しかけてくる;
思った以上に稼げないらしく「一緒に居たい」とやたら言ってくる;
「もっとハードなSEXしてもいいから」とかひつこく食い下がってくる;;
このケツには未練があるが俺はすでに違う拳侠との一戦を想定しているのだ!
隠し撮りも成功したしこうやってケツ写真も撮らせてくれたんでチップを多目に渡し
とっとと追い出した w

これで明日は総司令に胸張って戦果報告できるなw
余裕の睡眠をとった。



5日目、ディスコ ハリウッド


いつものように朝マックしMBKで買い物しマッサージに行き夕方総司令と合流。
「生ギモ(レバ刺し)食いに行こう」ってことで場所忘れたけど焼肉屋に行った。
完全日本語対応でなんか日本にいるみたいな気分であった。

げんぷ~かん


お得セットw


生ギモ~~


冷麺通の俺でも納得の味

肉も悪くなくまぁおいしかったけど価格は日本並みなので「う~ん」って感じかな。
そこから少し歩いてsoi22のバービア(飲み屋?)へ。
細い路地を入ると広がるパノラマワールドw 右に左に店はあるがなんかのんびりしてる
呼び込みしてるけどなんかゆるいw
ビリヤード台がある店に布陣し何度か玉突き(ビリヤードの古い言い方w)した。
総司令と兄弟がかりで勝負するが完敗;;
次のかわええ姉ちゃんいる店に往く。 この通りは日本人客少ないのかカタコトの日本語話せる
姉ちゃんも居ない様子。当然シラーッとしたムードであるww
なんか姉ちゃんトイザラスで安売りしてるようなゲームを出してきて一緒にする事になった。
百戦練磨だ当然勝てない;; 負けるとドリンクをおごらされるww


四目ならべ 必ずハメられるw

のんびりしててゆっくり時間が流れてる通りであった。
女の子もヘンにスレてなくて素朴さを感じた。 タイで激しい戦闘に疲れた人には
いいとこかも知れない。

兄者からリクエストがあった、シューティングとディスコだ。シューティングはもう済ませたので
あとはディスコに。 「どうせ行くなら女連れて行くべし!」と総司令の発言、この通りを抜けて
ナナプラザに確保に向かった。総司令の知り合い姉ちゃんでノリノリ姉ちゃんがいる店に。
以前この店で贅沢にも2人連れ出してディスコでレロレロに遊んだらしい w
そんな美人でもないので売れることなく当然彼女らはいた w(ゴメン)
総司令は彼女らに「この兄やん面食いやからかわいいコ連れてきて」とリクエスト
どこにこんなコおってん?っとビックリするようなかわいいコ連れてきたw
「俺がいきたいわ~」と総司令が怒号、俺もそう思ってた ww
1台のタクシーに6人乗ってディスコ「ハリウッド」へ。
ディスコと言うよりライブハウスっぽ、専属歌手?がガンガン歌う。 ダンサーもいた。
何度かここに着ていたが随分改善されていてかなり親しめた。前回は必要以上のセキュリティチェック、トイレに無数のチップクレクレボーイが居て恐怖を感じるくらいだった。
つなぎを来た見習い整備士風ボーイw 背広を着たイカツイ顔のおっさん従業員w
「なんでこんな怖い顔してんねん?」と様子見に抱きついてみるとなんともフレンドリーww


ダンサー、セクシーすぎたw


連れた姉ちゃんそっちのけでダンサーに見とれてたw
左後方に控えダンサーw声かけたらよかったw


浅黒のタイ人もスポットライトを浴びるとまっすろに肌は輝きなんともせくすぃ~
見とれてしまい口を開けてポカーンとしてる写真を何枚も総司令に撮られたw
このままずっと居たかったけどこの姉ちゃんと戦わなければならない、ホテルに戻り
戦闘開始w ダンスも上手な姉ちゃんだったが戦闘においても激しく攻撃してくる、
俺を押し倒しズボンを脱がしパンツを剥ぎ取り弾薬庫(キンタマ)をさわさわ(触れるか触れないか微妙なタッチ)されブルブルしちまったい;
生えてくるタケノコの早送り画像見るみたいにむくむくと起動w
激しい姉ちゃんの腰フリに耐え切れず何度も体位をチェンジし、「も、もうアカン…」
純度の低いDNAを野に放ってしまった;;

姉ちゃんに多目にファイトマネー渡したつもりだったがどうも相場が上がったようで不服気味;
タクシー代にと空港行って帰ってこれるくらいのお金を渡した ;

兄者はどうなったのだろう…。 兄者の部屋の前をゆっくり歩いて聞き耳を立て部屋に戻り
ぐっすり寝たのであった。



6日目、長兄恋に堕つ


いつものように朝マック…「昨日どうやったん?」←俺
「それがなぁ~、彼女風呂入ってる間に寝てもぉてな;;」←兄者
「よかったやん犯ってる最中女の上で寝んで(寝なくて)」←俺
彼女はずっと兄者の横で寝てたらしい。 もったいない話だ。
「もっかい逢いたいわ~」←兄者
「日本に連れて帰ったらええねん」←俺
「そうしたいわ~」←兄者
兄者も相場を知らず少ないファイトーマネーを渡してしまったらしいが
彼女はイヤな顔ひとつせず帰ってったらしい。
「帰る前にもっかいあの店行こう、行って多目にチップあげて帰ればいいやん」←俺
「おぉ名案!森の賢者よ、よく言った!」←兄者

チェックアウトしマッサージや買い物で時間を潰し、ナナプラザあの店に再突入!
当然昨日の姉ちゃんらが飛びついてきた。 兄者のお気に入り姉ちゃんは遠くから見てる。
手招きし遠慮気味の彼女も呼んで座らせた。呼ばれてうれしそうにやってきた。
昨日闘った姉ちゃんが開口一番「今日もディスコ行くべや~?」
「シバクぞ、ボケ!今日帰国やっちゅうてるやろ!」にっこり笑いながら日本語で言った w 
「んじゃ空港まで見送ってあげるからペイバーしてして~」

以前もこんな事があり「なんて優しいコなんだ」と思って空港まで連れてったら空港に向かう
タクシーの中で「タイのお金もういらないでしょ、もらってあげる」と言われたアホ隊員がいて
ゲッソリしたの思い出した。 彼女らはそんな事ないだろうけど、もし…と思うとそんな景色最初から見ない状況にあればいいと思い断った。
てか軍資金が二人合わせても3000b(9千円)くらいしかなくペイバーなんかとんでもないw
ここは1200b~1300b内で済ませて精算時2000b渡して釣り全額彼女にって考えであった。
俺の闘った姉ちゃんが「あれ飲もうこれ飲もう」とうるさく早々逃げるように店を出た。
「I'll be back」ターミネーター風にちゃんと兄者は言っただろうか? ホント逃げてきたww
精算もそんくらいでチップもちゃんと渡せたらしい w

空港でフライト待ちの間兄者は悲しげな顔をしてた。「おっさん恋しやがったなww」
直感でわかった。「兄やんまた来やんとあかんな~」 「だな~」←兄者

帰国後総司令に報告「また近々行こうと思います」と言うと「タイ正月(4月中旬~)に
田舎に帰ってしまうお姉ちゃん多いので早い目に行くんだ!」
帰国後3日目でまた予約したw 次回渡航費は全額兄者が出してくれる~♪
3月31日のフライトをなんとか確保! さぁ兄者どうする? w

つづく w



あとがき


本来慰安旅行で行くはずのタイであったが景気悪く自費で行くことになった。
幸いともやくんが日程を合わせてくれとてもいい旅行ができた。
文句しか言わない兄者も「こんな経験は普通の旅行でできないだろう」と感激の様子。
いつものようにダラダラ書いてしまったけどホントはもっと書きたい事がいっぱいあった。
ともやくんの記事とカブってはいけないと思いかなり省略しつまらない文が
一層つまらなくなったと思う。スマン
兄者の恋に総司令や現地のお友達はみんな「辞めとけ~」と言う。
俺もちょっと厳しいんじゃないかと思う。
んでも今の兄者は凄く元気だ、今兄者は同じ退屈な毎日から脱して日々生き生きとしてる。
例えうまくいかなくても希望を持って生きる人間は美しい。
今回ダメでも次、また次と頑張って生きる希望を持って輝いて生きて欲しい。
失恋や苦境は後々その人の心の色となり深い色が出ると言うもの。

次回兄者の恋の行方レポート待たれぃ!w


2013 03 18

欲望の街  シデン
 

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS