地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2303回 初めてのアンへレス by 28歳のオッサン

海外での夜遊びは東南アジアを中心に場数を踏んできましたが、 治安に不安があったためフィリピンだけは今まで避けてきました。

ただ、最近の円安によりマカオは激高、タイもお得感がなくなって きたことから意を決してフィリピンでは比較的安全だと言われる アンへレスへ行ってみることにしました。

余談ですが、マニラを避けたい私は関空から台北を経由して、 アンへレスのクラーク空港に行きました。

ピーチとエアアジアで 乗り継ぐと繁忙期でなければ往復4万円くらいでいけます。

さて、本題ですが少し空港寄りの場所にホテルをとっていたので、 チェックイン後、トライシクルでウォーキングストリート(パタヤとは別)を 目指しました。

値段は50~100ペソくらい。乗り合いバスのジプニーを 使えば8ペソで行けるので慣れたらそちらをお勧めします。

到着するとメイン通り沿いにゴーゴーバーがひしめいています。

呼び込みの子が外にいますが、タイよりさらにフレンドリーな印象です。

システムですが、入場してドリンクを注文(95~150ペソくらい)し、 気になる女の子がいれば呼んでドリンクをおごったりできます(200~300ペソ)。

気に入った子がいれば連れ出し(バーファイン)代を払って連れだせます。

バーファイン代は店によって違いますが、1500~3000ペソくらいです。

ただ、タイのゴーゴーバーと違うのはこの価格に全て含まれていることです。

基本的に女の子に別途支払うということはありません。

しかもショートやロング価格 というのも特にないので、相手さえOKすれば値段で翌朝(昼)ということになります。

高めの店で3000ペソ(約7000円)だとして、タイよりもかなり安いのではないでしょうか。

しかし、肝心なレベルは正直なところタイよりかなり落ちますね。

そうは言ってもスペイン系のハーフなど美形が多く、ドールハウスやアトランティスなど の大型店に行けば一人はおっ!と思える子は見つかると思います。

総合すると個人的にアンヘレスの方がコストパフォーマンスはいい気がします。

あと、このサイトの趣旨とはずれるかもしれませんがアンヘレスはクラブ(ディスコ)で、 素人をナンパするのもおもしろいと思います。

中心街だとハイソサイティやスカイトラックスといったクラブがあり、割と可愛い子も多いです。

こればかりはそれぞれの腕次第でしょうが、おもしろいように釣れます (笑)  

バンコクのディスコのようにナンパに成功したと思って喜んでたら、実は娼婦だったなんて こともほとんどないと思います。

英語も通じるし、人もフレンドリーで治安もマニラに比べるとずっと安全なので、 しばらくはバンコクはやめてアンヘレスに行ってしまいそうですね。