地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2302回 カンボジア置屋情報 by スワイパーラブ

スワイパーラブです。 前回報告のラオスの帰りカンボジアによってきたので報告。

(プノンペン・マティーニ)

最近いい女の子が減ってきている。みんな年いったおばんみたいなのが多い。

ディスコ内にも若そうな服着て踊っているのを多く見かけるが、よく見るとおばんだったというパターンがほとんど。

ビアガーデン入り口付近に陣取っている女は大抵おばん。

ディスコ前のビリヤード辺りに座り込んでいるのも猿のようなおばん。

2日間通ってまともな子はほとんどいなかった。

2日目にもう帰ろうかとビアガーデンの椅子から立ち上がると、 ちょっとマシな感じな女の子が、おいでおいでと手招きしてる。

俺「おっ、年いくつ?」

娘「18」

「いいね。ホテル行く?」

「ショート30ドルね」

「うーん20じゃダメ?」

「じゃ25ドル!グッドサービスするから」

「OK、OK、じゃ25で」

ホテル着いてから、指差し会話帳で簡単な会話。

名前と電話番号交換してベッドへ。体つきはとても肉付きよく、十分堪能させていただいた。

まあ全般的にマティーニのレベルが落ちている事実は否めない。頻繁に通わないとラッキーな子には なかなか出会えない。

(プノンペン63st置屋)

ほぼ全滅。昔「海軍」というKTV置屋あったが、今は「アバター」?という名に変わっている。

ソリヤデパートから南下して63st沿いにはほとんど置屋の呼び込み無くなっている。

アバターを過ぎて1本目の通り左折するとピンクの照明が2軒ある。みんなベト娘。結構若い。ショート20ドル。

ホテルへのロング連れ込みはできないので置屋で1発のみ。自分はホテルで楽しみたかったので退散。

だれかトライしてレポートを。

(プノンペン・バー上海)

平日夜8時ころ行ってみた。ほとんど客いない。接待のウエイトレスも暇そう。

しかし若い子1人いる。中○生じゃないか??

小顔、いたずらっぽい感じで笑顔がなんともかわいい。

カウンターの中に座って、カウンターから首だけ出して客と何か話していた。

自分も話したが残念、「ペイバーできない」と断られた。

(シェムリアップ・トップタウン)

ちょうどこの日カンボジアは正月休みで大半の子は帰省中。まともなのがいなかった。

しかもロング100ドル、ショート50ドルとべらぼうに高かったので退散。

(シェムリアップ民家の奥の置屋)

こんなところに置屋がいっぱいあるなんて知らなかった。バイタクに連れて行ってもらって、やたら細い路地に入っていく。

ほんとバイクすれ違えない位狭い。しかしそこは並んでいる民家にどこも2-3人女がいる。

猿とおばんばかりでちょっと手は出ないが、最後の家に若い子がいた。

顔もまあまあ。ホテル連れ込んだら18だと言っていたが・・・?どうも逆サバ読んでる感じ。もっと若いのでは?

まあ胸も出てるしあそこもまともだったので、ショート30ドルで楽しんでお帰りいただいた。

この置屋通りちょっと知る人ぞ知るアングラな世界。ディープなアジア楽しみたい方は探してみて。

ヒントはGALTEXの横通りをオールドマーケット側へ。