地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2301回 続・ラオス帝豪ホテルレポート by スワイパーラブ

第2196回で報告したが、ビエンチャン帝豪(ティハウ)ホテルはその後どうなっているのだろうか。

まだ十代の若い子たくさん揃えているのだろうか。

スワイパーのように手入れが入って潰れてはいないだろうか。

前回気になっていた子にも写真渡したかったこともあり、帝豪レポートに行くことにした。

エアアジアでバンコク→ビエンチャン約3300バーツ。

円安で1万円が2900バーツ位だから1万円以上になってしまった。

うーん、やはりウドンタニまで国内便使って、あとはノンカイ→ビエンチャンをバス55バーツで行くのが一番かな。

今回は市内セントラルエリアの18ドルのGHを使い、レンタルのオートバイを借りて女の子を調達してくることにした。

なんといっても前回トゥクトゥクやタクシーが高いことがあったのでこの方が安上がりだ。

記憶をたどりながらゆっくりバイクを走らせる。車が右側通行なのでちょっと最初はビビリながら運転したが2日ほどで慣れる。

帝豪の前に来た。

ありゃ・・・ホテル前にたくさんのレンガ、セメントや工事車両が・・・工事してる・・・ホテル解体?

やはり心配した通りホテルは潰れてしまっていたのか・・・まあ宿泊客こんな立地条件悪いところたくさん来ないだろうしなー

仕方ない・・・写真とって帰るか・・・写真取ってからホテル近づいて見ると、「レディー?」と男の声。

は? 潰れたんじゃないの?

「現在改修中だ。女はいっぱいいるぞ」

改修中だったのだ。良かったー。せっかくここまで来たのに手ぶらで帰れるかよ。

前回の子の写真を彼に見せたら、すぐ奥の部屋に連れて行ってくれた。

いるいる20人以上は若いのがいるぞ。健在だ。

まず初日は素人っぽい子を選んだ。この子はなんとも反応がすごかった。

指だけで何度もイクし、股間を攻めると絶対拒絶しない。股を閉じないのである。

声だけは家に帰る帰ると苦しそうな声を上げながらも30分以上は指マンで悶え続けていた。

いやー大満足。

2日目は前回の子をまたチョイス。写真でもわかるように本当に美人になっていた。

思ったとおり指名は多いらしい。どちらの子もオールナイト2000バーツ。ショート1000バーツ。

写真は改装中帝豪ホテル、ピンクのブラの子が初日の子。赤と黒のブラウスの方が2日目の子。年齢はご想像におまかせ。

もう一箇所ワンダーランドという置屋にもバイタクに連れて行かれたが、大したことはなかった。