地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2296回 激安ピンクの熱帯置屋 by 膨張人

管理人さん、人生と旅の諸先輩方、いつも投稿を拝見しお世話になっております。

また、南米に詳しい雅ミヤビさん、大変尊敬しています(僕も雅さんみたいに、グローバルな人間を目指します!!)。

ちょっと古いですが、マレーシアのクアラルンプールのモノレールKLセントラル駅の置屋の情報が少ないので投稿します。

私自信、1821回ゴンタさんの投稿を読み、体験してきましたので補足説明になればと思います。

人生初めての単独訪問マレーシア首都KL、宿はこのモノレールKLセントラル駅のすぐ近くに手配済(アゴダでシングル一泊1500円程度)。

この界隈、非常に利便性の高いエリアです。(空港発のエクスプレス列車が停まるKLセントラル駅近く、繁華街のブキビンタンに行けるモノレールの始発駅、安宿多数、コンビニ多数、屋台多数、置屋多数 笑)

街全体の治安は、非常良いと思います。(深夜の独り歩きでも、何も起こらないので、ここ日本より良いかも)

夜10時頃にホテル到着→コンビニでアルコール注入→屋台でミーゴレンを食事(マレー焼きそば)3リンギット(約100円) ピリ辛で美味いです。

さてさて、突撃しますか マレーシア美女とのコミュニケーションでございます。

こんな屋台群の周り(モノレール駅降車した裏側)に、ピンクの怪しい光を放つ入口が右、左、道路の向こう側にも右、左とありますので、すぐ分かります。

入口に門番のような、おっちゃんや若者が待機してます。

若者「ニーハオ、・・・・・」

俺「俺、日本人だよ。英語できるかい?」

若者「もちろん、日本人珍しいね。遊んできなよ」

俺「システム教えてよ」

若者「簡単。中に女がいっぱいいて、好みをチョイス、値段は本人と交渉、納得したら部屋で本番一発のみプレイ」

若者「そうそう、英語できない娘も多いから、困ったら呼んで 通訳するから」

こんなに親切に教えてくれて、フレンドリーです。

中に入るとピンクのネオンと、アジアのお香がモクモク、紫煙とは、この事か。

一軒で10人前後のアジア娘が自分の部屋で、手招きでブンブンしようと誘う、フェラの真似をして挑発してくる娘も。

僕はあちこちの入口を周り、一瞬でコレだという娘を見つけた。

インド系の綺麗な褐色肌、黒のロングヘアー、モデル並みの体系に、芸能人のローラ似の顔 個人的に100点満点。

俺「君、凄いキレイだね(英語)」

娘 微笑みながら「ブンブンしましよう 50リンギットよ(約1600円)」

部屋に入り、50リンギットを娘に渡す、部屋は4帖半ほどにベッドと蛇口ホース簡易シャワー。

お互い服を脱ぎ、手コキで愚息を大きくしてくる、我ながらギンギンでありゴムを付けフェラ、キスした後にベッドで「カモーン」と。

事前にローションが塗ってあり、すぐさまピストン、ピストン、騎乗位になると、天井の扇風機が勢い良く回っており、娘の褐色の肌と汗に興奮し、こちらも発射!!!

おおよそのプレイの全体時間は、20分前後です。

僕はプレイ後に、後処理をしてくれると思い待っていると「後処理は、セルフで」と笑われてしまいました。こんな感じで大満足の1600円 安い。

店を出ると、またコンビニでアルコールをしこたま買い、屋台で休憩。小休憩後に、もう一戦、二戦と、毎晩楽しんでいました。

まとめですが、営業時間(昼間~夜明けまで)、プレイ金額は(本番一発勝負、30~50リンギットの交渉制)、娘の年齢(20代~40代前半 20代多し)、タイプ(中華系、マレー系、インド系)、自分で娘を見て選べるので ガッカリ感は少ないと思います。

飲んで、騒いで、ブンブンして、日本円で2000円程度、アジアって素晴らしいですね。

以 上