地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2271回 上海のオイルマッサージ by あんちい

ここのサイトには、いつもお世話になっております。

今回は、初めて上海の抜き有りオイルマッサージを体験しましたので、投稿させていただきたいと思います。

初めてですので、つたない文章は大目に見てやってください。

私は縁あって、現在上海で仕事をしております。

先月は中国の旧正月があり、比較的長い休みを持て余していたので、現地で少し盛り上がっている お店に行ってきました。

行ったのは「凱麗養生会所」というところで、上海の静安寺から歩いて15分ほどの延平路沿いにあります。

夜8時半くらいに訪れましたが、まだ旧正月休み期間中ということで、お店は閑散としていました。

たぶん客は私一人だったかもしれません。

入口を入ると、何も言わないでも受付のお兄ちゃんに部屋のほうへ案内されます。

廊下はとても細く入り組んでいて迷路みたいです。奥へ奥へと進んで行く途中、ミニスカートのセクシーな 衣装を着た黒髪スレンダー中国小娘が、部屋の清掃をしていたのを見かけました。

ちょっとタイプだったので、この子が来たらいいなぁと思いながら部屋に到着、お兄ちゃんがちょっと待ってろと言うので テレビを見ながらタバコを吸ってドキドキしながら待機してました。

しばらくすると、ノックの音とともにちょっとギャルっぽい色白の巨乳小娘が入ってきました。

顔はまぁまぁなんですが セクシーなミニスカと巨乳を強調するような衣装にテンションは上がりまくりです。

片言の中国語でお互いに自己紹介すると、とりあえずシャワーを浴び、紙パンツをはかされます。

その後、施術のベットにうつ伏せになり背中と足のマッサージが始まります。

マッサージ自体はそんなに上手ではなく オイルを塗ってひたすらこすってる感じです。

ただ頭越しに肩のマッサージが始まった時に手の届く範囲に ミニスカの腿とお尻があったので、軽く断わりを入れて、ずっと触っていました。

年齢を聞くと19歳ということで、その スベスベムチムチの柔肌を堪能させていただきました。

次に、彼女が上着を脱ぎ、うつ伏せの私の上にまたがって、耳舐めしながらオイルを塗ったオッパイマッサージやお尻のフェザータッチなどの エロマッサージに突入していきます。

うつ伏せの状態なので状況が見れないのが残念ですが、うつ伏せでのお尻、息子の裏筋、玉への 絶妙な触感にギンギンになり逝かされそうになりました。(ちなみに疑似だと思いますがアナル舐めのようなこともありました。)

我慢できなくなり仰向けでお願いし、続きをしてもらいます。

こちらからも攻撃しようとあそこやオッパイに手を伸ばしますが、のらりくらりかわされてしまうのが残念でしたが、最後は彼女の綺麗なおっぱいと顔をを見ながら、何度か寸止めらしきことをやられ大量に放出してしまいました。

時間にして50分くらい(本当は80分ですが、逝ったら終了っぽいです。時短喰らいました。)で、値段は258元(日本円で4000円くらい)です。

日本の回春マッサや手古希風俗などに比べるとコスパはかなりいいと思います。

今回の小娘は、結構さばさばしてて、元気がいいのはいいのですが、多少ビジネスライクなのが残念でした。

まぁ若くて可愛かったので、許容範囲です。

またこの店の違う小娘にトライするか、違うお店に突入するかして、レポしたいと思います。では!