地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2266回  東莞のサービス地雷嬢 by 香港おやじ

いつも楽しく読ませてもらっています。

ROMばかりでは、申し訳ないので、私の残念な経験をお話します。

もともと体験記を書くために行ったわけではないので、画像は申し訳ないですがありません。 参考程度で読んでください。

3月頭の土曜日に東莞で最悪のサービス地雷嬢を引いてしまいました。

行ったのは、ここでも何度か紹介されている欧亜(ユーラシアホテル)。

着いたのは土曜の昼間の午後1時過ぎ。 予約はしていませんでした。

応対をした兄ちゃんが他のブログにも紹介されている小川直也にそっくりで、

「あぁ、こいつがそうなのか・・・」 と思わず笑ってしまいました。

結構混んでいたとは思いますが、待合室から連れて行かれた別室で、最初に一人 嬢(1068元)が来て、

「えっ? 一人? 他にはいないの?」 って言ったら、またポツッと一人。(これも1068元)

「他は?」 ったら、またしばらくしてポツッと一人。(768元)

いつも行くところは、当たり前ですがズラーッと並んで、ダメなら総入れ替えで、数回見れるのですが・・・

行った日が悪いのか、時間が悪いのか、馬鹿にされて売れ残りだけ見せられているのか・・・ (ただ3人ともルックスはそんなに悪くもなかったですが・・・)

面倒なので、最初に来た嬢にしたのですが、部屋がないということで特別室料金で追加で60元取られました。

とは言え、行った部屋はむしろ広いだけで、何も装飾もありませんでした。

混んでるとはいえ、店が客でごった返してるって感じでもなかったので、やはり少しボラれた感がありますね・・・

嬢のルックスは悪くはなかったのですが・・・

まず、部屋に入ってのスキンシップは無し。 セクシーダンスもなし。

いきなり風呂場で、マットサービス。(これは普通だったかな・・・)

そのあとベッドに戻って、フェラからさっさと入れようとするから

「いや、ちょっとこっちも楽しませてよ」 って感じで、攻守交代しようとすると・・・

乳揉み、乳吸い、全て拒否。

下のお触りも、そして当然、あそこへのペロンチョも完全拒否。 (もちろんチューは論外でしたし・・・)

頭にきて、その場でベッドから降りて、着替えてロビーに戻りました。

ロビーに戻って、小川直也に、こいつはまったくサービスがダメだ!とクレームだけはしておきましたが・・・

番号620辺りの嬢だったと記憶しています。

中国には下を舐めさせない嬢はかなりいますが、さすがに乳揉みすらないのは初めての経験でした・・・

ってか・・・乳すら揉めないで、何をこちらはしたら良いのでしょうか・・・泣

一応、私も風俗経験30年のベテランの域に入ってる方かと思いますので、 当然、嬢が嫌がる様なことはしませんし、極めて紳士的な態度でいますので、私が相手の 心象を悪くさせた、ということは絶対に無いという自信はあります。

おそらく、この子は、今までこのやり方で客に文句を言われて来なかったのでしょう。

ただ、単にサービスして、入れさせて、抜いておしまい・・・でやってきたのでしょうか・・・

欧亜・・・店は豪華ですが、服務員への教育はまったくなってないと強く感じました。

ちょっと怖くて欧亜にはもういけないですね・・・。

当然、気持ちと息子は収まらないので、その足でいつものサウナに行って抜きました。

そこではいつも通りの2回戦。(ただし、こちらアラフィフのため2回目は完了せず) もちろん嬢は手マンで絶叫、ピクピクしておりました。 (今回の嬢は650元、重慶出身の20?)

しかし、まぁ・・・本当に1128元を無駄に出費したトホホな体験でした。