地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2250回  マカオは魅惑のワンダーランドその11 by E,L,E

3日目、朝、目覚めた時から昨日の情事をリフレイン。

なんと幸せな朝だ・・・。毎年そうだが名目上は観光旅行なので3日目はとってつけたように観光スポットにも立ち寄っている。

この日は午前中サクッと世界遺産巡りをした(と言っても2箇所)。そのあとはカジノ、今回も夢の億万長者にはなれなかった、残念。

そしてまいどプレイの時間へ・・・。PM3:00頃にイーストへ入店。ここも僕の好きな店、前回、前々回も来ている。

前回はここで一番の小姐に出会った、感動の再会を期待したが予想通り叶わなかった・・・。

ただここにも仲良くなった店員がいたのでその人を訪ねと思っていたが会うことができずなんだか意気消沈・・・。

店は平日午後ということもあり活気も薄かった、がとりあえずヤる事はやる。

店員に事を告げると出てきた小姐は十数名、夜に比べかなりの少数だがそれでも何人かいた好みの小姐から一人チョイス。

選んだのは”シュウシュウ”ハルピン出身23歳、モデルクラスの小姐、ホントにモデルのようなスタイルの小姐だ。

部屋に入りプレイが始まる、特別ノリの良い感じではないがなかなか献身的だ、意外とフ?ラは激しい、もっと激しかったのは挿入後で甲高い良がり声は僕のエロ心をそそった。

静かなスタートから最後は激しいフィニッシュとなった。

ここでの遊びはこれで終了、昨夜のエイティーンよりかは良い遊びだったと言える。

さて夕飯はこちらも毎度おなじみのポルトガル料理の店でいただきこの後この度最後のプレイタイム、向かったのはサナド。

またもやリピート、というか昨夜のサンサンにまた会いたかったからだ。

PM8:00頃入店するとこの日最初のショータイムだった、ちょうどのタイミングでこの激エロショータイムを味わうと僕らは完全にヒートアップ、知り合いの店員さんを見つけると相方と互いに昨夜の小姐達をリクエスト。

しばらくするとサンサン登場、人目もはばからず愛の包容(多分・・・)。

僕らは4人は部屋に行く前からじゃれあい絡み合いを繰り広げる、それはもうAVのワンシーンのように・・・。

その後部屋に入るとこの日もはなから30分延長の90分プレイ、気持ちとはうらはらにこの日は体がついていかず1発で終わってしまったが内容は昨夜と同じ濃厚なものだった。

ことが終わり部屋を出るとこの日は長居せず店をあとにした、帰りの出口の所までサンサンに見送られ少々せつない思いだった・・・。     

今回の乱遊はこれで終了、翌日マカオを離れたのだった。

初日体調を崩しどうなることかと思われた今回の旅、だが終わってみれば今回もしっかり乱れ旅であった。

実は今回でマカオ姫初めは一区切りつけるつもりだった、しかし毎年期待を裏切らないこの国に区切りなどつける必要はない!と考える。

帰りの飛行機では既に次回の構想を考えていたのだから・・・。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS