地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2231回  セブ → マニラ → アンヘレス 【セブ編】 by ガリ汁

日々、先輩方の武勇伝を楽しく読ませてもらってます。 今回、初投稿となります『ガリ汁』と申します。

簡単にガリ汁の自己紹介:

●名前:ガリ汁(痩せてるのに汁は多いから)

●年齢:30代前半

●体系:細身+巨根 

●好物:巨乳の素人

●愛用:サガミオリジナル0.02(Lサイズ)

●突撃国:フィリピン、タイ他 と、こんな私と高校時代からの戦友(友人D)と突撃日記です。

8月の後半、セブ→マニラ→アンヘレスと詰め込むように旅行してきました。 皆さんに少しでも情報を還元できればと思い、レポートします。

【セブ編その1】~ Red Lips(KTV) ~

セブは去年も行ったので、だいたいの遊び場所は把握できてます。 今回も、マンゴーアベニューに近いところに宿を取り、突撃開始。

初日は、マニラ経由でセブに入ったため、マンゴアベニューに到着したのが、AM1:00過ぎ。

この時間となると、結構、バーファインされているので残り者に期待を・・・

早速、マンゴーアベニューの「Red Lips(KTV)」へ。

ここは、ドリンク攻撃もしつこくない、女の子の数もそこそこ、若い子も多いお店です。

さて、前に他の方が記述されてましたが、このお店はちょっと前に警○の手入れがあったようで、表向きはバーファインはやってないとのこと。

ママに聞いたら、「嬢と直接、交渉して!」

ここで、時計の針はAM2:00の手前、だいたい3時にKTVは閉店となるので、この店で決めなくては・・・。

飛行機の疲れと、1週間以上溜め込んでた精子工場の工場長が早く出荷しろと命令しております(笑)

初日なので考えず、適当に巨乳で若い子を交渉してバーファイン!(3000P也)

これが失敗しましたよ、顔とか笑顔は愛嬌あっていいですけどね。。。

名前は忘れちゃったけど、海外で初の地雷というか、ハズレというか・・・。

ホテルに持ち帰り、シャワー浴びて、いざ本番へ。

1週間以上、溜め込んでましたが、セックスに関しては常に丁寧がモットーのガリ汁です。

丁寧に嬢を攻めていきましたが、あんまり、嬢がセックスに乗り気じゃありません。

30分以上前戯をしても、濡れません。。。???(こいつ、まさかレディボーイじゃねーよな・・・?)

再三、工場長から出荷命令が出てるので、サガミを装着し、ゆっくりと嬢の中へ。

濡れてないけど、入れてりゃ潤ってくるだろうと、そのまま奥までズブリと入れた瞬間!!!

「バッッツゥゥン~!!!」

と、聞きなれない音が。。。 嬢の中で、サガミさんが破れました(笑)

その後、唾付けながら、濡らしても具合がよくならず、工場出荷状態なのに出荷できず、嬢に向かって

「んなぁ~、ぉい、ねぇちゃん、なんで濡れねぇんだよ~?」 と、叫んでしまった。。。

この嬢、元アリーナにいたとか言ってたけど、手首にリストカット跡が10本くらいあった。

たぶん、薬やってるなって思ったのが、オレがタバコ吸ってる間に爆睡し、ヨダレたらしてた。

寝られた翌朝、起きてもうこの女とヤル気もなかったので、3000P渡して、帰らせた。

マジで損した。 皆さんも、リストカッターにはご注意を!(笑)

【セブ編その2】~ Chuva Chuva(手コキ)/素人ナンパ ~

前日の不発弾を抱えながら、翌日、起床しオスメニアサークルのロビンソンへ海外用の携帯電話(サムスン1400P)を購入。

これで、友人Dとも気楽に連絡取れるし、KTVの女の子やナンパした子にも楽におしえることができて便利。

昨夜の不発弾を処理するため、昼間から抜ける手コキマッサージ屋へGO!

場所はオスメニアサークルのVOLVOというKTVの隣、「chuva chuva」

実は、去年もこのお店には来ているので、お店のサービスは把握済。

入り口で900Pを払い、個室へ通された後シャワーを浴び、、嬢がオイルマッサージを40分くらいやってから、手コキ開始。

このお店は900Pでマッサージと手コキ込みでずが、嬢が服を脱ぐからチップを1500Pよこせと始まります。

「オレは去年も500Pだから、今年も同額でね!」 と、500Pで脱がせて小ぶりな乳を揉んでると、1年前の記憶が。。。

オレ、1年前もこの嬢だった(笑) 脱がせて乳揉んで、乳で思い出した。

手コキはまぁまぁうまいので、遠慮なく嬢の乳に出荷してやりました。 1週間溜め込んだ結果が、ハンドジョブとはもったいないもんです。

昼間、やることないので、オスメニアサークル付近でフェイシャルマッサージを開始。

またもや、去年、フェイシャルをやってもらった嬢が偶然にもオレの担当に!

ロビンソンで携帯を購入したこともあり、

「Do you remember me?」

「Your smile is nice!」

「You are my angel!」 と、ありえない低レベル英語でナンパし、番号を交換、晩御飯を食べる約束とホテルでの個人マッサージを個人交渉!

金額などの条件は言ってこなかったので、ばっくれられるかと思ったが、約束の時間にテキストメールが来てまずは晩御飯。

焼肉屋に行き、食べるは焼くわ、頼みすぎたな。。。

ホテルに帰り、指差し英会話のタガログ語版で会話して楽しんでたら、イチャイチャ開始!

嬢の呼吸が荒くなり、興奮してる模様!

この嬢、32歳で二人の子持ちなのに、フィリピンってステキな国ですね(笑)

旦那とはうまくいってないようで、超濃厚なディープキスからHへ!

上着を脱がし、ブラを取ると子供を二人産んだことを物語る使い込んだ乳があらわに。

構わず巨乳を攻めたとこで、彼女のジーパンを脱がしたところで。。。

「Sorry, today is menstruation!!!」

おいおい、昨日は濡れない嬢、今夜は真っ赤な嬢ですか・・・

この嬢は素直で、ウソじゃないでしょと言わんばかりに、赤茶色のナプキンを見せてきた(笑)

なんか、申し訳ないと感じたようで、お願いしてないのにオレの大砲をトランクスからまさぐると濃厚なフェラを開始!

あなた、素人の人妻なのに、ずいぶん欲求不満なんですね。

しばらく、飽きるまでフェラさせたら、

「After menstruation,I try it!!!」 と、言い、我が大砲を気に入ったようでした。

嬢は人妻ということもあり、23時にはホテルから帰し、往復のタクシー代として1000Pをあげました。

【セブ編その3】~ 小町(マンダウエKTV)/アリーナ(最高級KTV)/ハーレム(KTV)/インフィニティ(高級KTV) ~

前日も人妻に生殺しに合い、ちょっと疲れぎみなので、今夜は気楽にKTVホッピングをしようと友人Dと相談し、 小町(マンダウエKTV) → ハーレム(KTV)※店名がSK2に変更 → アリーナ(最高級KTV) → インフィニティ(高級KTV) の4店に絞りました。

『小町』

ここはマンダウエエリアにあるKTVで、日本人向けのお店。

日本語ができる嬢も多く、客のほとんどが日本人でしょう。

日本のフィリピンパブと似たようなもので、日本語のカラオケを歌ってるハゲた駐在員がはびこってます。

友人Dはすこぶる小町を気に入ったようで、調子のってフルーツの盛り合わせを注文(500P)

友人Dはバーファインする気で嬢を口説いてましたが、嬢は「このお店はそういうお店じゃないの。。。」 と、断られてました(笑)

オレの指名した嬢に、「ホントにこの店はバーファインできないのか?」って聞いたら

「Case by case,it's up to you!」 って言われた。

つまり、嬢がOKなら、なんでもありなんだけど、お店が終わるまではダメらしい。

友人Dよ、おまえは純粋に嬢からあなたにはバーファインされたくないって言われただけなのだよ!!!

1時間、嬢一人指名、フルーツ盛り、LDで一人1500Pくらいだったと思います。

『ハーレム』※店名がSK2に変更

続いて、サンミゲールの工場の並びにあるKTVで、ステージが中2階になってる造りのお店です。

ここは、お客のほとんどがK国人で、ステージの脇にVIPルームがあります。

気に入った嬢を指名して、その部屋でイチャイチャできるようです。

このお店のめんどくさいことは、ダンサーが一人一人踊るので、1時間で6人くらいしか嬢チェックができません。

せっかちな友人Dは30分でアリーナに行きたいと言い出しました。

30分、サンミゲールL1本、エントランスフィー、一人200Pくらいでした。

『アリーナ』

ここは、ガリ汁の先輩がお気に入りのお店で、「セブでアリーナに行かなかったら、セブに行ったとは言えない!」 と日本で言われたので、今回は満を持してアリーナデビュー。

お店のシステムがイマイチわからず、とりあえずステージ脇で嬢のチェック。

嬢を指名するには、入り口入って右側の部屋でショーアップする仕組みなのかもしれません。

指名には1500Pくらいかかると、ママっぽい人が言ってました。

ガリ汁の先輩が言うには、セブガール6000P、マニラガール8000Pでバーファインできるそうです。

エントランスフィー、サービス料全てに10%、ドリンクやLDも普通のKTVの倍くらいかな・・・。

お店の雰囲気を味わえたので、今回は1時間で撤収しました。

『インフィニティ』

ここはアヤラショッピングモールの前にあるKTVで、このお店も無駄に高級です。

アリーナほどのお店の華やかさはないのに、価格が高い様子。

私、ガリ汁の体験ではなく友人Dの話だと、 バーファイン(お店に6000P)+嬢へのチップ(4000P)と言われたようです。

友人DはVIPルームまで使って、嬢を口説いてるのに、合計10000Pと吹っかけられてました(笑)

さすがに10000P払ってまでお持ち帰りはしなかったようです。

後日、ガリ汁の先輩に聞くと、インフィニティは嬢と個人交渉して、お店を通さず4000~5000PでOKだそうです。

友人Dよ、おまえは純粋に嬢からあなたにバーファインされたくないから、10000P+ノルマドリンク3000P分とか言われるんだよ(笑)

全部の嬢ではないですが、稼ぎたい子はバーファインOKだそうです。

私の総括ですと、個人的には小町とインフィニティが良かったです。

表向き、バーファインをやってないお店ほど、口説くことで楽しめる気がしますし。

アリーナは自分には高級すぎで、嬢もかわいい子は多いが、ブスもいます。

【マニラ編その1】~ KTVホッピング(マカティ市内) ~

セブからマニラに入り、初日はマニラのKTVを周りました。

場所はマカティ市内のリトル東京という、日本食屋が集まってるところの隣のビルにKTVが集まってました。

店名は「多恋人」、「Geminus」、「美人座」といった3つに行きました。

どのお店も、「えらっさいませ~~!」と、嬢が挨拶するジャパニーズスタイル。

どのお店もバーファインは不可みたいだけど、個人交渉すればできると思います。

写真の子は「多恋人」の嬢、かわいくて日本語も堪能。

嬢のうち、日本へタレントとして行ったことある子は多かったです。

どのお店も、嬢へLDをおごっても、一人1500Pくらいだったと思います。

何軒か梯子すれば、お気に入りは見つかるほど、マニラはセブよりレベルは高いです!

ただ、バーファインできるかは最初のほうに嬢に確認したほうが無難。

【マニラ編その2】~ LAカフェ(※今はBayカフェ) ~

さて、KTVホッピングの次の日は、援交カフェと言われてるBayカフェへ。

昼から夕方は1階のフロアのみで、21時ころからは2階(入場100P)のフロアもオープンします。

私、ガリ汁はこのようなカフェスタイルがお気に入りで、バンコクのテルメカフェも愛用してます。

アジア3大カフェと言われてる、Bayカフェに行かなければ、カフェ好きとは言えないので突撃開始。

17時ころ、1階では人数は20人くらいがいましたが、明らかにプロっぽい嬢もいます。

自称学生なんて、ウソですよ。私は、何人か眼をつけ、会話をしてマークしておきました。

相場は他の方の書き込みだと、1500Pでショートみたいですが、みんな2000Pと口を揃えて言ってきます。

そこで、お得意の「去年は1500Pだった。2000Pなら、キミは明日にバーファインするよ」と言うと、あっさり、

「OK! 今日1500P。レッツゴー」 と、言い出します。なので、1500Pで交渉しましょう。

晩飯後、21時過ぎに再度突撃し、2階をチェック。

ここは嬢も100P払って入るので、個人的にはプロの娼婦が多いし、年齢も高めで人数も15人程度・・・。

頼んでもないのに、太ったママが嬢を紹介してきます。

嬢が言うには、 「3000P!私は1階の女とは違うのよ。1階の女は財布から金を取るドロボーなの!」 と、ほざきます。

オレは、「下の子は1500Pだし、3000Pは払えない」 というと、嬢は「2500Pと、お店にLD1杯(350P)でいいわ」 と、言い出した。

「結局、2850Pじゃん、オレは下に行くよ」 と言うと、嬢はふっかけすぎたとなって後悔の顔してた(笑)

私、ガリ汁は写真の嬢を1階で1500Pで持ち帰り、朝まで居たいとか言われましたが、次の日、アンヘレスへ行く予定だったのでショートで。

この嬢は巨乳で、「私のアソコ、小さくて気持ちいいよ!」とBayカフェ内でアピールしてきました。

Bayカフェから近いホテルに滞在していたので、ホテルに戻り、ベッドでイチャイチャ開始。

すると、嬢はオレのジーパンを脱がし「チンチンチェックするよ!」と、いい、我が大砲を引っ張りだし、手でシゴキはじめました(笑)

ギンギンになった大砲を見て、この嬢は日本語ができるので、

「今夜は楽しそうだ♪先にシャワー浴びてくるね~」 と、鼻歌を歌ってシャワーへ行ってしまいました(笑)

続いてオレもシャワーを浴び、ビールをお互い飲んでいざゴング!

嬢から激しいキスを受け、そのあと濃厚なフェラを開始!

こいつ、学生とか言ってたけど、これはプロのフェラだな。。。

ギンギンになったので、オレが手マンをするなりもうビショビショ(笑)

中指でGを刺激すると、あえなくピュっと簡単に吹きました。

嬢がガマンできなくなって、「もう、いれてよ」 と言うので、サガミを装着後に突入。

この嬢、ウソではなく締まりは最高で、正常位でガンガン突いてあえなく1ラウンドは終了!

すると、嬢はゴムの付いたまま抜かずの2発をやろうというじゃないですか?(笑)

それは体力的にも、サガミ的にもつらいので、引っこ抜いて休憩。

すると、ゴムを外して汚いザーメンまみれの大砲をフェラでお掃除してくれました。

ムクムクと回復してくると、嬢は「もう1回、やろう!」 と、言い出し、ここで引いたら日本人がバカにされると思い、ジャパニーズスピリットを胸に2ラウンドへ!

ここで嬢は 「あなた日本人で病気ない、私、ピル飲んでるからゴムいらない」 と、サガミレスを希望してきたが、小心者のオレは、断ってサガミを装着。

2ラウンドは嬢が積極的で、騎乗位からはじまり、座位、バック、寝バックと体位を変えて満足してました。

嬢はイクとわかりやすく中が締まるので、「オゥ~、カム、カム」と発声したあとにあわせてオレもイキました。

このあと、3ラウンドもやりましたが、不発で疲れて終了。。。

帰り際、タクシー代くれと言うので、500Pあげたら満足してました。

【マニラ編その3】~ ブルゴスストリートの立ちんぼマッサージ嬢 ~

私、ガリ汁がBayカフェの嬢と楽しんでる時、友人Dはマカティのブルゴス通りを徘徊してました。

彼は今夜がラストナイトだというので、マッサージパーラーで抜き納めしようと企んでました。

しかし、無計画な友人Dはバーホッピングしすぎて、深夜0時を過ぎてしまいマカティのマッサージパーラーは閉店してしまってました。

ラストナイトということで、抜かずに帰国するのはもったいないということで、ブルゴス通りで勧誘してくる立ちんぼのようなマッサージ嬢を持ち帰り!

彼は立ちんぼとか、カフェの嬢とかは苦手でマッサージパーラーのような個室派なのですが、今回は暴挙にでました。

内容は、マッサージ2時間(1000P)、際どい手コキローション(1000P)、本番(1000P)だそうです。

マッサージ嬢からすれば、3000Pも稼げるからおいしいでしょう。

この友人Dは、別名Mr.カップラーメンなので、3分しかベッドの上にいられない早漏者。短小、ドリチン、早漏の三冠王です。

このマッサージ嬢が当たりだったようで、マッサージ2時間は○、手コキ○、本番◎で、本番時間は2分だったそうです(毎分500ペソ也)

ブルゴス通りは、逆ナンされるほど立ちんぼが多いので、たまには違った女性を味わいたい方にはオススメかもしれません。

【アンヘレス編その1】~ マニラ ⇔ アンヘレス 移動編 ~

翌日、友人Dはガリ汁よりも早く帰国したため、一人でアンヘレスへ行ってみました。

前に書かれてたように、アンヘレスはいろんな方法で行くことが可能です。

私は、電車(LRTのLine1)でモニュメント駅まで行き、駅からすぐのバス乗り場でヴィクトリーライナーでアンヘレスまで行きました。

この行き方の長所は、モニュメントからすぐに高速に乗るため、渋滞などにはまることがないことと、切符代金が129Pという激安なことです。

ただ、短所はアンヘレスの最寄の高速のインターで降ろされ(※ダウバスターミナルではない)、フィールズに行くのにサイドカーのバイク(バタバタ?)を利用すること。

初心者には、あのバタバタに旅行カバン持って一人で乗るのはちょっと恐かったです。

もし、変なとこ連れてかれたら終わりだと思ったし、周りの他のバタバタのドライバーがクラクションで「Hey,you!Welcome」とジャパニーズをバカにしますし。

私は幸運にも、まともなドライバーで、フィールズのど真ん中まで行ってくれて、1500Pくらいのホテルまで紹介してくれました。

ただ、運賃は120Pと言い値を払っておきました。

ちなみに、帰りはダウバスターミナルからラビットのバスに乗り、マニラまで戻ってきました。

【アンヘレス編その2】~ アンヘレス GOGO巡り編 ~

フィールズの真ん中よりちょっと奥のほうに宿をとり、まずは昼のアンヘレスを徘徊しながら昼食。

昼食は、ココモスという他の方も行ったというオープンカフェでタイ風チャーハンのようなものを食べました。

これが、米兵サイズなのか、吉野家の特盛以上のボリュームでしかもまずい!

いやいや食べて、残りをテイクアウトしてホームレスにプレゼントしました。

昼間でも何軒かゴーゴーはやっていて、端から端まで散歩してみました。

昼間は客も少なく、入ると待ってましたと嬢がわんさか来る店もあるので、正直、めんどくさいです。

タイのパタヤに匹敵するほどのゴーゴータウンで、観光客の7割はファラ男、2割コリアン、1.5割アラブ系石油系、0.5割ジャパニーズって感じです。

なので、マニラと違い、日本人だからって優遇もされませんし、マニラほど嬢はガツガツしてません。

アンヘレスのポイントは、19時くらいの開店からいろんなお店に行き、嬢をチェックし店名と嬢の番号をメモ。

お気に入りを3~5人を決め、あとから順番にドリンクおごって嬢の性格や愛嬌をチェックしたほうがいいでしょう。

私はのんびり、19時から1店舗30分くらい居て、お気に入りを見つけられず22時になり、ファラ男は続々とバーファイン。

そのころには嬢は徐々に減って残り者からチョイスするハメに。

私は素人好きなので、お店のドアにいるドアガールにかわいい爆乳を見つけ、ママさんに交渉。

1500PでOKとのことでしたが、そのドアガールをバーファインすると、他のダンサーがドアガールに代役しないといけないということで店内で鬼キレ。。。

ドアガールにも、嬢にも迷惑なのでキャンセルしました。(でも、ママは金ほしいからゴリ押ししたけど)

で、ドアガールに携帯番号おしえて、 「1500Pを直接キミに払うからお店終わったらオレのホテルに来てよ!」 って嬢に言ったら その嬢は生意気に

「お店に1500P、私に1500Pで閉店の1時間前の3時からでどう?」(直接1500Pもらえるのに欲出しやがった) とか言い出した。

たかが1時間早く来れるだけで、店に1500P払うほどジャパニーズはバカじゃねーよ!!!

オレは丁重に閉店後でOKといい、嬢からの電話を待ってました。

先にホテルに戻り、シャワーを浴び、ビールで軽く一杯やって時刻はAM3:00。

前日、マニラからの移動もあり睡魔が・・・。

やっちまいました、起きたときにはAM10:00、携帯には嬢からのメールと着歴の山が。。。

これなら嬢の言うとおりに3000P払っておけば爆乳とやれたのにと後悔。

その日はマニラに戻らないといけなかったので、昼にホテルをチェックアウトし、私のアンヘレスは不発の1日となりました。

でも、アンヘレスの街を偵察できたと思えば楽しかったです。

街並みも写真のようにアメリカ仕様で、薬局のカウンターにピルとバイアグラもどきが堂々と売ってる素敵な街です(笑)

ゴーゴーバー各店の評価は山ほどありすぎてできません。

とにかく端から1軒1軒潰していくように行くと良いと思います。

最後まで駄文・長文におつきあいいただき、ありがとうございました。

先輩方、以下のアドバイスをいただけると幸いです。

Q1 マニラ・アンヘレスで昼間はどのように過ごしてますか?

セブは海や観光地があるので大丈夫ですが。。。 ゴルフと買い物以外でアドバイスをください。

Q2 アンヘレスはバーファイン1500Pをお店に払い、嬢には交通費200P程度で大丈夫でしょうか?

おわかりの方は下記までメールください。

当方、東京在住の33歳(2012年現在)です。

東京で情報交換できる仲間を探してますので、気楽にメールください。

gari46barfine@yahoo.co.jp