地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2219回  中国無錫のサウナ情報 by ラルゴ

昨年中国無錫に約3カ月出張し、2か所のサウナに行ったときの情報です。

無錫は日本の数多くの大手企業が工場を構えている都市で上海-南京間の中間にあたります。(新幹線で1時間)

サウナはたぶん10か所くらいあると思うが、日本語の現地情報誌wheneverにでていた海蘭元天と水玲龍(ともにちょっと漢字が違う)に行ってみた。

海蘭元天は宮延塩女浴598元コース、曼谷花雨678元コースがあり、ともに共同風呂に入った後、別室で女性を選択します。

女性は3人くらいずつ部屋にきて、だめならチェンジを繰り返します。

レベルはそこそこでした。

部屋には飲み物、デザート、たばこなどが置いてあり全てフリー。

サービスはお互い裸になったあと男性がうつ伏せになり、女性が口にお湯を含みながら背中、お尻、脚を口でズズズズズーと吸い上げていきます。

これは初めての経験でなかなかの快感でした。

一通り終わった後、男性がドッグスタイルで股を開きお尻を突き出し、女性が舌で肛門攻めです。

肛門周りをしばらく舐めた後、舌先で肛門をぐりぐりしてきます。

これも初めての経験でぞくぞく快感でした。

日本で付き合ってる日系中国女性も以前付き合ってた女医(日本では薬剤師)もHのときはフェラのあと必ず肛門舐めてくるので中国では普通なのかな~ 恐るべしChina。

その後はゴムフェラ、騎乗位、好きな体位でsexし終了です。時間は70分でした。

678元コースはベットの天井に鉄棒があって、そこに赤い紐を垂らして空中で逆さにぶら下がりフェラしながら女性回転とかsexしながら回転とかします。

1度は話のネタに経験してみてもいいかなと思いました。

水玲龍は298元で内容は海蘭元天と同じ(時間は50分)でした。

海蘭元天、水玲龍とも7人とsexをしましたが、水玲龍の柳小青ちゃん19歳の極上bodyを堪能してからは隔日で小青ちゃん通い(10回くらい)してました。

小青ちゃんは小柄で顔は普通だが、均整のとれたプロポーション、形のよい上向きロケット乳は、プロ、アマ数百人の経験した中でベスト3に入る。(他の2人は本ページNo.1847の写真2女性と15年前のハノイ女性)

小青ちゃんとは休日に常州のアミューズメントパークでデートもして楽しいひと時を過ごしました。(でもデート後のプライベートsexは断られた。笑)

水玲龍のその他女性の写真も掲載します。

無錫には新区に日本人向けのカラオケが多数ある。

話して飲んでちょっと御さわり程度で400元は高すぎ、僕は1度しか行かなかったが、他の日本人出張者は日本キャバクラに比べると時間が長い分だけ安いと通いつめてました。

また現地情報誌にホテル派遣マッサージの広告が多数でており、2回利用しました。

700元でしたが、女性レベルは最悪、来るなりお金、お金、洋服脱いでベッドでまぐろ状態、早く入れろと要求しsex後は5分で帰って行った。

笑顔一つなくただやるだけ、派遣マッサージは最悪です。

以上無錫レポートでした。