地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2218回  Bangkok~Yangon~Vientiane~Pattaya-後編 2011.12~2012 BY Boys be ambitious

12/31(金)1/1(土) Vientiane

前回のVientiane訪問では、とっても楽しい出来事が多かったのですが、今回は厳しい結果となりました。

戦績は前回報告した「よく投稿される、街中のホテル」に行き、22歳のお姉さん(写真がなくてすみません)との1戦1勝のみ(お粗末さまでした)でした。

1/1は日本のお正月並みの盛り上がりはないものの、女の子が帰郷して少ないのは残念でした。

また、ラオスの治安が悪化しているようで、「よく投稿される、中国系のカラ置屋」の前で、通りすがりの車から「爆竹」を投げつけられました…耳が痛くて結構辛かったです

トゥクトゥクの「ぼったくり」も多いので、ラオス渡航の際は、是非お気を付け下さい。

1/2(月)~6(金) Pattaya

年末年始との影響&人の入れ替わりが激しく、馴染みのお姉さんたちは不在で、新規開拓に努めましたが、戦果として報告できるものはありませんでした…とはいえ、Soi6で出会ったS原莉乃に本当によく似た子(写真がなくてすみません。

本当によく似ていて、本来であれば大成功なのですが、愛想がとても悪く、写真もNGでした(泣))に、1,300B(ショート)で毎日1発着弾させていました。(ご馳走様でした)

今回のまとめとして、

1、 Bangkokのレベルは高く(多人種なので、楽しみ方いろいろ?)、時間をかけて攻める価値がありそう。

2、 Yangonは開拓の余地がたくさんありそう。

3、 Vientianeはちょっと危険かも。

4、 Pattayaはエリアが広いので、旬な場所を中心に、時間をかけて攻める価値がありそう。

2012.9現在、Soi7&8が良い感じです。

WSは人が多いのですが、中国&韓国系が多く、お金をあまり落とさないようで、レベルが落ちた感があります。

同様にSoi6も、この業界のビギナーが激減し、レディボーイが増えてきました。 というご報告をさせていただきます。

12/30にMusic Clubで出会った20歳の天使と、3月と5月に述べ5日間合流しました。

連絡先を交換していたので、ホテルまで来てもらい、愛ある激しい擦りあいを繰り返しました。 本当にご馳走様でした!

昼間は働いているらしく、実家もうるさいとの事で、その合間を縫っての逢引きでしたが、ベッドでいちゃいちゃしながらルームサービスでの食事をとる時、幻のこの瞬間がずっと続かないかと、何度も思いました(でも、幻なんですけど(笑))

彼女の都合がつかない夜は、Music Clubを物色してみました(上のホテルに泊まっていたので)。

ちょっと小太りの仕切り屋のお姉さん(25歳くらい?)がいて、いろんな女の子を紹介してくれました。

このお姉さんも結構綺麗なのですが、私の息子が普通体系の人しか反応しないので、丁重にお断りすると、いろいろな女の子を紹介してくれました。

19歳以下はいない(らしい)ので、法に触れるくらいの若い人がお好きな方には不向きなのですが、そこそこ若くて英語が通じる女の子が多いので、ライトなお遊びにはちょうどいい感じだと思います(払いもUS$建てでした(当時50ドル、今は上がっていると思います)。

素敵な女性は多かったのですが、私的には彼女(20歳の天使)を超える女性がいなかったので、結局、1穴主義になってしまいました。(「子供が出来たら結婚してくれる?」と聞いてくる姿を思い出し、浮気出来なかったということでもありました。)

と、ここまでですと、美談になりそうなのですが、後日談がありまして、6月頃、彼女から「来月、お客さんから招待されて、マレーシアに行くの」と言われ、「気を付けてね」と送り出したのが最後、連絡が取れなくなってしまいました。

実は、「お客さんから招待されて、マレーシアに行く」のくだりは、アジアで出会った女性からよく聞く話で、しかも、全員連絡が取れなくなっており、もしかして人身売買?と心配しています。

9/5(水)~8(土)Yangon

昨年末~5月まで愛し合った天使(前回報告)との連絡がつかないまま、Yangon再訪。

雨季なので、人通りが少ない街中を散策し、諸先輩方からの情報が多かった今回の目的地「エンペラー」の場所を確認。

エンペラーで良い出会いが出来なければ、Music Clubで出会い、愛しあった天使を探すつもりで夜を迎えました。

夜の8時を過ぎた頃、エンペラーに到着。 諸先輩方の情報通り、日本語が話せるボーイが近づいてきて、「良い女の子がいるよ。案内するよ。」の胡散臭いトークに促され、エレベーターで6Fに。

6Fに上がるとシステムの照会があり、「フロアでワンドリンク付き5,000K(500円くらい)」か「個室でドリンクなし、12時まで15、000K」とのことなので、暗くて顔が分からないフロアより、顔が見える個室がいいと判断しました。(実際は、9時から始まるファッションショーの時に明るくなるので、その時に勝負をかけても良いと思います。でも、韓国系のおやじたち(実は日系も多い)がフロアのボックス席を陣取っており、金に物を言わせやりたい放題ですので、勝ち目があるかはわかりません)

個室に入るとオフシーズンからか、たくさんの女性が部屋の外にいる模様(ドアを開ける女性軍団と、システムを説明するためにドアを閉めるボーイたちとの攻防…ちょっとしたスター気分)。

説明の後、5人くらいずつ順番に入ってくる女性たちレベルはかなり高く、「オフシーズン&個室効果」と一人で盛り上がってしまいました(笑)

その中で(4~50人くらい女性がいました)、50年弱の人生の中で最強の19歳の天使と出会いました。

彼女とは3夜共にしました(彼女の舌技は絶品で、このまま逝ってしまいたいと思うほどでした…が逝けないのは歳のせい(残念!))が2夜目まではショートでした(1夜40,000K(4,000円くらい))。

ロングを希望したのですが、「彼女のママ(仕切り屋)に怒られる」と言われていました…が、3夜目に「朝までいる」と彼女から言ってきました。

ママに怒られるのも、朝までいるのも嘘だろうと思っていたのですが、携帯で5回くらい執拗に帰りを求めるママの電話を(電源ごと)切り(電話口でママがギャーギャー騒ぐので、かなり気の毒でした。「帰ったら叩かれるけど平気」と彼女は言っていました)、朝まで激しくこすりあいました。

最後の1回戦でなかなか逝かない私に、「フィニッシュしないと悲しい」と舌技を含めた大奉仕のオンパレード。

「もう死んでもいい(ちょっと大袈裟かもしれません(笑))」と、アクセル全開、レッドゾーン振り切れの状態でフィニッシュ!(歳を取ると心臓の負担が大きくて、なかなか難儀です(汗・・・))

神の恵みに感謝です!

別れ際、彼女から「次、いつ帰ってくるの?」「子供が出来たら結婚してくれる?」「時々電話してくれる?」と聞かれ、再会と責任と約束を果たす約束をし、Yangonを後にしました。

※今でも時々電話をしています。切るときに日本語で「ありがとうございます」というのがとてもかわいいです(笑)  

9/9(日)pttaya

先日ご報告したとおり、Pattaya18歳天使の妊娠騒動に意気消沈し、観光だけで帰るつもりでした…が、一応、発射体制を確保しつつ、Soi6、WSを中心とした新規開拓に努めました(笑)が、納得できる娘との出会いがありませんでした(泣)

今朝まで、Yangonの天使との激しい擦りあいもあったし、満足している部分もありますが、1年前と比べると、Pattayaのレベルは下がった感があります。

天使のお友達も「来週からBangkokのゴーゴーに行く」という話を聞き、今はBangkokなのかなあと思った次第です。 ※何方か、Bangkokの最新情報を教えてください。

9/10(月)pttaya

前日の嫌な流れを断ち切り、夏の旅のエンディングを最高のものにしたいと思い、11時からあちこちぐるぐる回りました(笑)

Soi6のお姉さんは私の顔を覚えてくれたと思いますが、どうしても納得できる出会いはありませんでした。

喉を潤すため、天使のお友達のお店で軽くビールを飲んでいると、「Soi7、8は若くてかわいい子が多いよ!1,500BでロングOKだし…」という情報を聞き、いざ出陣!!

絶対、良い出会いを作るのだ~と、7&8を3周しました(汗)

そこで、またまた笑顔が素敵な20歳の天使(写真6)との出会いがありました。

彼女は英語がほとんど分からないので、話が弾まなく、お会計をして帰ろうと思ったのですが、お店の他の女の子から「バーファインしないの?」と聞かれ、彼女の意思を聞いてもらったところ「Yes」とのこと。

な~んだ!そうだったのかと、手をつなぎホテルへ!

18歳(妊娠)天使の件があったので、いろいろ考えた結果、妊娠しない(かもしれない…)程度の攻め(計2回戦)で朝まで擦りまくり。

  

ご馳走様でした。

この夏の旅を、心地よい疲労と共に締めくくったBoys be ambitiousでした。

ここまで良い旅になったのも、このサイトの管理人さんと諸先輩方の投稿のおかげです。

ありがとうございました。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS