地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2214回  シドニーで極上台湾娘  by コンコ

あまり話題に出ない南半球の遊びを報告させていただきます。

2010年の秋ごろですが、シドニーへ視察に行った際に電車を乗り継ぎ冒険してきました。

セントラル駅から数駅のRedfernという駅から少し離れたRed ROSEというお店です。

外見はアパートが立ち並んでいるといった感じなので非常にわかりにくいですが、事前に住所をメモしておいたので発見できました。

建物を見つけてドアのほうへ歩いていくとむこうからドアを開けてくれました。中は大変きれいで床もピカピカの石造りでした。

店主のおばさんに「そこで待ってて」といわれカーテンで仕切られた待合個室で3分ほど待ちました。 そして女の子が一人ずつ待合室に来てくれて自己紹介をしてくれました。5,6人ほどいましたがほとんど中国人でした。

全員紹介された後「他の店も見てみようかな」と悩んでいると紹介されていない女の子が店の奥でこちらを見ているではありませんか!

私は即座に「彼女がほしい」と即決しました。

時間は30分で120ドルです。

二階に案内されて部屋に入るとベッドに腰掛けてお互い自己紹介。緊張していたたまえ一瞬沈黙してしまったのですが、彼女のほうから腕に しがみ付いてきてスイッチオン!

私がキスしていいかと訪ねると「もちろん」と答えてくれ初対面とは思えないぐらい舌を絡めてくれました。

彼女は20歳のTina台湾出身で英語を学びにきているようです。 目はパッチリと大きく黒いロングヘアーはとてもきれいでいい匂いでした。

胸はCぐらいだと思いますが非常に肌がスベスベで勃起が収まりません。

早速二人でシャワーを浴びました。その最中私が彼女の秘部に指を入れると床に倒れこんでしまうぐらいの敏感娘でした。

ベッドに移動した後しばらく抱き合ってキスをしていました。そして仰向けになるように言われ生フェラ→クンニなどイチャイチャした後 いよいよ本番!

コンドームを付け挿入。クーラーのきいた部屋なのもあり彼女の中がとても暖かく感じられました。

騎乗位→正常位→バックと楽しみ発射。騎乗位のとき、彼女は時々ビクビクとなって傾れ落ちてきました。

一戦終わりピロートークをしていると彼女から「まだ時間あるからもう1回やる?」といわれ臨戦態勢!

再びゴムをつけて挿入!ところが必死についていると時間を知らせるブザーが・・・

終わりかなーと思っていると彼女から「いいから続けて」といわれ続行。その後2、3度ブザーがなりましたがそのまま果てました。

服を着て時計を見ると30分を軽くオーバーしていましたが、彼女のサービスにとても満足できました。

店の外に出るまで手を繋いでくれ、外に出るときには最後の深いキスをしてくれました。

素人、プロ含め今までで一番熱いセックスだったと今でも思っています。