地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2213回  2012年 夏の日の釜山  by たくちゃん41号

急遽、3日間の休みがとれたので、迷うことなく福岡ー釜山のビートル1万円チケットと格安ホテルを予約しました。

前回の釜山訪問から2年以上経過しましたが、釜山の風俗情報を調査してきました。(レートは1万w≒700円程度です)

(1日目)ビートル午後便で釜山到着後、国際市場で私用をすませてから徒歩でワノルドン(緑町)に向かいます。

なんと、中心街で5軒程のお店が解体され更地になっています。

夕方で時間が早かったこともあり、とりあえずは中央洞の 風俗床屋に入りました。

くるくる回るサインポールの下の階段を降りてドアをノックすると推定40歳の小太りのおばさんがでました。

本日の対戦相手が決定し、8万w払って真っ暗な店内のマッサージ台に寝そべりました。

僕がこの床屋をおすすめするのは、女性のレベルは低めですがマッサージが最高に上手で疲れが取れるのが良いです。

おばさんは妹が埼玉県に住んでいる為、日本語も出来ますし、何より性格が良くて気に入りました。

しっかり30分以上全身マッサージをしてもらってから、おばさんが生フエラ→騎乗位と攻めてきます。 最後は正常位で頑張り放出しました。

夜の8時頃、再びワノルドンに向かいます。各お店にはアガシが3~5名程度いますが昔より年齢が上がった気がします。

ただ、それでも25歳程度で綺麗な人も多く、ピキ(呼び込み)のおばさんの強引さも相変わらずです。

1週廻ってから、ワノルドン外れの上の方のお店のピキについにロックオンされました。

「この娘は日本語もできるし、サービスもこの町で1番だから・・・」28歳位のやせ形の長身のモデル系美女にショートで8万wで入店です。

結論から言ってこのピキの言葉は嘘ではありませんでした。まず部屋で一緒にシャワーを浴びますが全身を石鹸で洗ってくれます。

そしてベッドでは最初うつぶせにさせられ、全身リップ→アナル舐めからゆっくりと愚息を舐めてくれますがテクが凄いです。

最後は生本番から膣内射精と、時間にして約1時間程の極楽を堪能しました。

彼女は日本語も上手で、早くこの仕事から足を洗いたいからいっぱいサービスしてチップをためたいと言っていたので、 もう2万w出しましたが、ちっとも惜しくなかったですね。その後は夜食をとってホテルで寝ました。

(2日目)昼間の観光が終わり、夕方美南(ミナム)に地下鉄で移動しました。2ちゃんねる等でロータリー近くに置屋がある情報があり、 早速探索しましたが、ほとんどのお店は閉まっていました。

2~3軒開いているお店の前を歩くと、ドアをライターでコンコンとたたきます。

一応1軒のお店に入りましたが、アガシが可愛くないしショート10万wとのことだったので、昨日のワノルドンのお店に行く事にしました。

地下鉄チャガルチ駅から10分程度歩いて昨日のお店に行くと、なんと閉まっています。

前のピキに聞くと定休日とのことです。

仕方なく、1週廻って近くのお店に若くて浜崎あゆみタイプの小さいアガシがいたのでショート7万wで入りましたが、サービスは昨日に 比べてかなりおざなりでがっかりしました。

まあ典型的なGフエラ→正常位で終わりましたが何か物足りない気がしました。

夕食後、何か不完全燃焼した気分でホテルにいましたが、財布にちょうど8万w弱あったのでつい1日目に行った風俗床屋に行きました。

金額も少し負けてもらい、昨日のおばさんにすっきりとサービスしてもらいました。

そんなこんなで2日間で4発の旅行は終了しましたが、あの1日目のワノルドンのアガシに会いたいので近いうち再訪します。

今度は泊まりで行くつもりです。

時間があれば釜山近郊の都市の風俗も調査したいと思います。