地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2207回  フィリピン素人getの旅(その⑤まとめ) by ラルゴ

最後にいくつかのポイントをまとめてみます。

■ポイント1-事前にできるだけ本人と話をすること

可愛い子も頼めばなんとかなるとかラテン系はゆるいとか、そんな情報を真に受けていたが、要は会う前にそんな子をうまく見つけ出せるか、約束通り来てくれるかが勝負の分かれ目。

自宅では家内も20の娘もいてメールが精いっぱいでskypeなどできないが、本人と話をして感触掴めば勝率上がると思います。

■ポイント2-ホテルに連れ込んでもHできるとは限らない

日本ではホテルに持ち込めば100%sexできるが、(タイでもホテルにきた女性はほぼgetできた)

フィリピンでは頑張って口も巧みに連れ込んでも必ずしもSex OKとは限らない。

夜10時にきて泊っていくのにsex拒否の子もいる。ホテルのちょっとリッチな雰囲気や綺麗な部屋が見たいため、外国人と仲良くお喋りしたいために部屋に来るので、Hotel = Sexと考えていない子も多い。

但し2回目会える時間があれば、ほぼ100%落とせる気がします。

■ポイント3-約束しても会えるとは限らない

タイと比べるとフィリピンは事前に会う約束をしてても、適当で約束を守らない子が多く、空き時間にひたすら連絡を取る羽目になった。

また天気が悪く、たえず交通渋滞で時間が読めず、その上治安が最悪で自由に夜遊びできないのはタイに比べ大きなビハインド。

■ポイント4-1人で来るとは限らない

日本やタイと違い会う約束をすると、かなりの子が家族や友人といっしょにくると言ってきます。

外国人に1人で会うのが怖い、家族にも判断してもらい恋人として認めてもらうことが理由かなあ。

仲良くメールしてたのに会う段になってかなりの子を切りました。会う前に必ず一人でくるか確認すべし。

否定的なことを列挙したが、今回の旅ではフィリピーナ恋人として気持ちのこもったsexがほとんど生ででき、彼女達も十分感じてくれたことは満足。

普通に話をしながら仲良くなり、肩痛いんだよなあ、ちょっとお願いと触ってもらい、お返しに肩もみから背中、腕をマッサージ、次第に脚、お尻、股間をあくまで普通にマッサージ(この時点で拒まれなければ勝算あり)、胸をもみほぐしながら、パンティ上から軽く触れ、初めはちょっと抵抗を受けるも反応を見ながら横から指を入れて濡れていく過程楽しむ、パンティ中に完全に手をいれ花弁開いて中の奥まで刺激を与える。

初めて会ってそこまでやっちゃうのと相手は戸惑い動揺しつつも指使いとおっぱいの舌使いで悶えさせ、自分から次第に股を開いたり、感じて硬直し僕の身体にしがみつく。

これが素人を落とす醍醐味でプロでは決して味わえません。(笑)

感じ方も悶え方も千差万別。但しこの過程をドキドキしながら楽しめるのは最初の1度限りです。(笑)

女性とのデートなどでかかった費用は6万円、当初はこの費用で40人と会い、まあ30人、最低でも20人とHをもくろんでいたが、結局25人と会って12人止まり。

ホテル、飛行機全て含めた総費用16万を12人で割ると1人当たり1万3千円。

日本では大体4人と会って内1人を3回目で落とすとしてホテル含めて約1万円。

日本より高くついてるじゃん。

ただし日本では彼女にはできない10代20代の若い身体を堪能できるので、更に戦略練ってまたフィリピンに行きそうです。(笑)

一方日本では7月に8年付き合ってきた名古屋人妻45歳とお別れし、手持ちはくびれ女王39歳×1と美脚日系中国人39歳、パイパンエロ人妻36歳の3人に減ってしまった。

ここ数年彼女は5人くらいいて週末どの子と会うか頭が痛かったのに・・・今年になって利用しているサイト登録者が極端に減って、例年だと月1で新しい彼女を作っていたのに今年はgetしたのはまだたったの3人。

先月はひさしぶりに3人と会ったが、無残にも敗れ去った。

やはり50になり30代を日本で狙うのはもう無理なのかな~と思いつつ、次回訪比まで頑張って日本でも素人getに励みます。

いいサイトがあったら情報交換お願いします。