地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2198回  ホーチミン ビアオム(91)・アポクリプスナウ by JIN

今回の旅行は、シンガポール→ホーチミンとまわってきました。

引き続き、ホーチミンの報告です。

①ビアオム「29」

 皆さん投稿されているので簡単に。  行ったのは、日曜日の20:00頃。

 ドンコイ通り、マジェスティックホテルのすぐ近く。  店の前を通ると扉があいて呼び込まれるので入りました。  自分のビールは3US$、嬢の飲み物5US$。

 店内に入ると女性が寄ってきます。

 首を振っていると入れ替わっていくので、いいと思った嬢が来た時点で飲み物を  おごるといいと思います。

 私の場合、すぐ上に行くよりもしばらくべたべた触りたいほうなので飲み物をおごりつつ  しばらく触ってました(笑)。

 3杯ごちそうして(自分は2杯)、20S$支払い。  店には100万ドン支払って2階で一戦しました。  

 補足として、上へ行くとウエットティッシュとゴムを別の嬢が持ってくるので  5万ドン支払い。また、終わったあとやっぱりチップを要求されたので10万ドン渡しました。

②ビアオム「91」

 ハイバーチュン通りにありますが、ここの前を通ると強制的に連れ込まれますので注意が必要です。

 ただ、連れ込まれても中で断れば出てこれますのでいやなら断りましょう。  

③ルネッサンスリバーサイドホテルのSPA

 サイゴン川沿いに入口があり、昼間暇だったので、純粋にマッサージを受けようと思って入店。  普通のボディマッサージは70分50万ドンでした。

 私は断りましたので詳細はわかりませんが、マッサージが終盤になるとスペシャルの誘いがありました。

④アポカリプス ナウ(援交カフェ)

 ハイバーチュン通り1本東側(ドンコイの反対)ティーサック通り。  日曜日の22:00頃行ってきました。

 ①の後に行ったので調査のみになってしまい、ちょっと後悔。

 ここはシンガポールのイパネマとかKLのビーチクラブとはちょっと違いました。

 というのも前記2つは入店すれば、女性のほうから声を掛けてきますが、  こちらは、一人でいるだけでは声を掛けてきません。

 ただ、明らかにそれっぽい女性がいたので、勇気を出して声を掛けてみました。

 久しぶりにナンパしているようでドキドキしましたが、結果正解でした。

 まずは一緒に飲んで踊って会話(片言英語)をしました。

 すると彼女のほうから、私のホテルに来ない?といってきました。

 前述したとおり、今日はタマがなく調査のつもりだったので値段を聞くと100US$とのこと。

 値切ったりはしていないので、いくらまで下がるかはわかりません。

 どなたか経験された方がいれば是非教えていただければと思います。

 店内(1F)の状況ですが、普通に遊びに来ている人が大半で、それっぽい女性はその女性も含めて  4,5人程度でした(一般客は、数十人程度。カップル・グループできている客も多い)。

 24:00頃には退散したのですが、そのときもタクシーで乗り付けている客がひっきりなし  でしたので、もしかすると遅くなればまた増えたのかもしれません。

⑤グランドホテル向かいのニューホテル?

 これはタマ切れの時に見て、客引きの兄ちゃんに聞いただけなのでご存知の方がいたら教えて下さい。

 日曜日の夜「29」からアポカリプスナウへ行く途中のグランドホテル向かいのホテルで  あきらかにそれとわかる女性が数人、ホテルの前に並んでました。見ていると客引きの兄ちゃんが  声を掛けてきてそこのホテルで込み込み40USドルで選べるよといいます。       

みると確かに結構な美形が並んでいたので、絶対明日くるからと言って別れました。

 ところが、翌日(月曜日)に行くとまったくそんな気配はありません。20:00~23:00くらい  の間に2,3度通ったのですが、まったくいませんでした。

 どなたか経験された方がいたらぜひ教えてください。よろしくお願いします。