地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2195回  ウィーンのFKK ・ GOLDENTIME by 混沌の苗床

Donau Dreamsに引き続き同じくウィーンのFKKであるGolentimeに突入して来ましたので報告です。

ここは市内中心部からのアクセスが良く、Wien Mitte(Land Strasse)からS-BahnのS7に乗って3駅で最寄りのGaiselberg Strasseに着きます。

Geiselberg Strasseに到着したら、一つしかない改札を出て右方向に進みます。 (左手にトラムを見ながら進む感じです)

3~4分歩くと正面に高速高架のある通りにぶつかるので、右折して高速高架を左手に見ながら進むとすぐに目的地の黒い建物に到着します。 看板等も出ているので、まず迷わず来れると思います。

受付で感じの良いきれいなおねえさんに80オイロを支払い、ロッカーキーとタオルやガウンを受取って入場。

日曜の正午に到着、客も工員も少な目で、客4/工員7と言ったところでした。

ここの昼飯、それほど種類は多くなかったものの、全体的に味は良かったです。 特にソーセージは美味でした。

満腹になり、ジントニックをのみながら(アルコールは有料、一杯5オイロ)ソファでくつろいでいるうちに 工員は15名ほどまで増えました。

客はそれほど伸びず8名程度、日曜だけど早めの時間だからこんなものなのでしょう。

ここまで来てアジア系か、とお叱りを受けそうですが、かなりタイプの東南アジア系の工員がいたので そのこの横に移動して雑談開始。

名前はリン、予想通りタイ出身で、オーストリアには小さい頃から10年くらいチロルに住んでおり ドイツ語堪能でした。(でも自分が独語殆どしゃべれないので、英語で会話)

非常に感じが良く、事務的では無く会話を楽しむ感じがあり、キノに移動後はDキスを堪能。 催してきたので個室へ移動。

フェラが抜群にうまく、あっと言う間にイカされそうになったので、帽子をつけて本番開始。 Dキスしながら、濃厚なプレイを楽しませてもらいました。 事後60オイロを渡して休憩モードに。

サウナや読書で回復を待っていると、爆乳の嬢が目に入りました。

目線を合わせて、手招きで自分の横に呼んで、爆乳をタッチしながら軽く会話。

ロシア出身のヴァネッサ、やわらかい天然ものの爆乳と少しだらしない感じのお腹に欲情し キノへ一緒に移動した後に個室へ。

一緒に見たAVを真似して側臥位ではめられつつ、自分でクリを触るなどしてくれて興奮しました。

ややタトゥーが多いのが気になったものの、最後は正常位でフィニッシュ、満足しました。 例によって60オイロを渡して解散。

その後は庭(Donau Dreamsより狭いです)で仮眠、のつもりがかなり本格的に爆睡してしまいました。

体力も少し回復してきたので、ラウンジにもどり物色開始。

しかしこの時点でめぼしい嬢がおらず、すでに満足感もあったので、このまま引き揚げようかもう少しねばろうか 悩んでいるうちにソファでまたもやウトウト(苦笑)

もうろうとしているところにルー(名前失念)が来て営業を開始。

それほどタイプではなかったので、断ろうと思いましたが、あそこが少し反応してきており、 3発目いけそうだったので深く考えずOKしてしまいました。

これが失敗で個室入りするまえは感じ良かったのですが、入ってからは超事務的に豹変。

フェラや本番など、一通りのサービスはあって発射出来たものの、楽しい時間では無かったです...

30分には全然到達していなかったのですが、これ以上一緒にいたいとも思えず、早々に60オイロを渡して解散しました。

前日から相当数発射しており、さすがにここが潮時かと思い、シャワーを浴びて退出。

フロントでタクシーを呼んでもらい、午後の部(夕方?)の観光と食事に切り替えました。

全体的に施設はきれいで食べ物も美味しく、工員も様々なタイプがおり、総論としてはよい店だと思います。

雑談した工員によると、既婚率が高いここでは土日は家族サービスで追われて店にこれない男が多いからか 土日がすいているようです。(逆に月曜火曜は昼から結構混むとも)

時間帯で言うと、夜の10時近辺がピークで、この時間帯は店内が客と工員でごったがえしになり あまり落ち着かないようです。

私のような初心者には昼の時間帯訪問は正解でした。

自分の失敗?も踏まえて、営業してくる嬢になんとなく着いていくのではなく、自分で気に入った嬢に軽く アプローチして事前に会話などで様子を見ておけばはずれリスクは軽減できると思います。

後は個室入りの前に、キスの可否や時間などちゃんと話しておくとトラブルを避けられると思います。

勝手にキノでフェラ(ちょっとなめるだけ)して料金請求されたり、30分も居なかったのに60分請求されたりした トラブルも残念ながらゼロではないようです。

事前ネゴ、時計も持って自分で時間管理もすべきかと思います。

なんだかんだ言っても全裸の美女が目の前を歩き回り、気にいればその嬢とハメられる、これは楽しいものでした。

次回はドイツ本国訪問とも考えていましたが、FKK以外でもオーストリアはかなり良かったので、 またウィーンに来るかもしれません(苦笑)