地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2187回  タイミングを逸する  by ホイスキー

7月初旬、1年ぶりでパタヤに行った。夜サウスバタヤのウォーキングストリートに行ってみた。ここの周辺にはいくつものゴーゴーバーがひしめいている。

 数件ゴーゴーバーをまわったがこれといった女はいなかったのでペパーミントに入ってみた。以前ペパーミントはパタヤで一番の人気の店になったこともある。

店内は普通ステージの他、檻に囲まれているステージは同じ建物の2階にあった時とかわらずあった。 しかし踊ってる女は以前と異なり全裸でなく上下ビキニを着けていてちょっとがっかりした。そんなこともあってか前ほどの賑わいはななかった。

 あたりを見回すと私の席の近くの椅子で他の女のこと休んでいる女がおとなしそうで性格もよさそうで、顔もそこそこだった。時々目があったりもしたので今夜はこの女でもいいかなと思っていた。

 しばらくしてステージで踊っていた女達が一斉にブラをとり次の曲で全員最後のものも脱ぎ捨て曲が終わるとともにステージをおりた。変わって上下、白のビキニをきた新しいメンバーがステージに上がった。 

 そのなかにさっきのおとなしそうなこがいた。彼女にアイコンタクトを送ると笑みを返してきた。彼女達の持ち時間が終盤にさしかかりさっきと同じように全員ブラをはずしはじめた。

彼女は恥ずかしそうにブラをとった。そのしぐさにそそられた。さっきと同じであれば次の曲で最後のものをはずすはずだ。その光景をみればもっとそそられるだろう。それをみてから彼女を指名しようと考えた。

 ところがどうしたことか他の女達がまだ踊っているのに彼女が突然ブラをつけステージをおりてしまった。誰かに指名されたようだ。指名したのはなんと私のすぐ隣の席の白人の男だった。

彼は僕に彼女がくれた微笑みを自分にくれた微笑みと勘違いして最終的に彼女を指名してしまったのかもしれない。いや本当は彼女が隣の白人に送った微笑みを私が私にくれたと勘違いしたのか。いやそうは思いたくはない。

 いずれにしてもタイミングを逸してしまって横取りされてしまった。彼女が服を着替えに店の奥に消えている間にペパーミントを出た。

他の人に横取りされてしまうと余計に連れ出したかったという感情がわく。でもこればかりは仕方ない。指名するタイミングが遅かったためだ。

 気持ちを切りかえ並びのセクシーエァラインという店に入った。というより呼び込みのお姉チャンに誘われるままなかに入った。

そのお姉チャンはちょっとケバかったが元気で明るい感じとスッチーの衣装の胸元がはじけそうだったのにそそられた。

 

さっき横取りされてしまった娘とは性格がよさそうという以外全く逆のタイプかもしれない。

自分でも好きなこのタイプがよくわからない。彼女を部屋に連れて帰ってしばらく時間を過ごしたが予想通り明るく楽しい娘でだった。

写真をとっていいか聞くと屈託のないOKの返事がかえってきた。

何枚か撮らせてもらったもののうち顔があまり写っていないものを掲載させていただきます。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS