地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2185回  バルセロナのクルブ巡り by やまさん

昨年のポーランド(第2084回参照)に引き続き、2012年4月にバルセロナのクルブを体験してきました。

実は前回のポーランドの直前にもバルセロナに立ち寄り、とあるクルブを訪れたのですが、前回は報告しませんでした。それと併せて、今回計4つのクルブについてレポートしたいと思います。

まずは2011年7月の報告です。バルセロナは基本的にポーランド行きの便のトランジットだったため、市内で過ごす時間はほんの数時間しかありませんでした。

初バルセロナにもかかわらず、観光はメジャーどころを2-3か所辛うじて回っただけ、そしてClub La Vie en Roseに突入しました。

バルセロナのクルブは入り口が分かりづらいところが多いです。Google mapで番地までしっかり確認し、満を持してチャイムを押します。程なくオートロックが開き、中年女性のママが受付に通してくれます。

建物の外見と比べ、小ぎれいな内装です。スペイン風俗が初めての私は、まずシステムについて確認しました。当時私はスペイン語ゼロだったため英語で質問すると、たどたどしい英語で答えてくれました。

30分80ユーロ、45分110ユーロ、60分130ユーロ程度だったと思います。

システムの確認の後、ママが女の子を呼びに行きます。総勢10名ほどいたでしょうか。一人一人入ってきて、『Que tal?(How are you?)』という挨拶と共に名前、そしてチークキスをしてきます。

白人・アフリカ系・南米系と様々です。名前をなかなか覚えきれず、結局最後は女の子達が集まっている場所で直接選ぶことになってしまいました(その場でいきなり何人も女の子が出てくると、なかなか覚えられません・・苦笑)。

選んだのは一番愛想がよく可愛かった、パラグアイ人の推定25歳、色白・ブロンドの娘です(名前は失念)。部屋に入ると、60分・130ユーロを前払いです。一度女の子が受付に戻り、コーラを持って帰ってきました。

スペイン語しか話せないようでしたが、GFEたっぷりといった感じです。早速お互い服を脱ぐと、張りのよい適度な大きさの天然乳と、手入れされたアンダーヘアが目に付きます。

シャワーの後は早速プレイ開始です。丁寧に愛撫すると、どんどん濡れてくるのがわかります。そして帽子を付けて戦闘開始。南米系の情熱的な一戦に、あえなく撃沈。

シャワーを浴びると、なんと2回戦のオファーが。通常60分では回復しない私の愚息ですが、彼女の献身的なblowjobで再び臨戦態勢に。さらなる撃沈となりました。大満足のバルセロナデビューとなりました。

さて次は今年4月の話です。夕方ホテルに到着し、早速夜にタクシーを飛ばして到着したのはOXYZEN。マッサージパーラーを装っていますが、完全にそれ目的のクルブです。入店したのが深夜11時頃で、女の子は7-8人でした。

レベル的には選べそうな子が辛うじて1-2人いる程度、殆どが南米系またはアフリカ系でした。例によって一人一人からのご挨拶のあと、いかにも南米系な、若目の子を選択しました。

料金・システムはLa Vie en Roseとほぼ同じです。コロンビア人の20歳でした。プレイとしては可もなく不可もなく。まあ愛想は悪くないのですが。

翌日、今度はこのサイトでもたまにレポートが出るClub Felinaに出撃しました。真昼にもかかわらず、女の子は例によって8-9人程度。料金・システムは上記のクルブとほぼ同じです。

以前の他の方の評判通り、ここは比較的レベルが高いようです。せっかくスペインに来たからにはカタルーニャ娘を・・と思っていたところ、Montseちゃんがど真ん中ストライク!迷わず選択です。

実はもう一人食指が伸びた子がいましたが、小柄で愛らしいMontseちゃんに軍配が上がりました。24歳、正真正銘のバルセロナっ娘です。

プレイの方は、残念ながら口唇へのキスはNG。しかしまったりとした雰囲気で、かつ絶妙なblowjob、そして本場カタルーニャ美女との一戦に大満足です。

小生は今回多少片言ながらスペイン語を覚えていったため、コミュニケーションも相まって、より楽しめました。

そして余りによかったため、翌日指名で裏を返してしまいました。翌日は好き放題に立ったまま、ソファーで等々、ちょっとラフなプレイにも快く応じてくれました。

そして最終日、ものは試しと、格安クルブにも潜入してみました。Easy Sexという、そのまんまの店名です。地図を頼りに行ったものの、表札一つないのは他のクルブ同様です。

ええい!とばかりに道路に面した地上階の呼び鈴を押すと、オートロックが解除されました。どうやら間違ってなかったようです。

中に通されると、内装はかなり簡素で、いかにも格安店と行った感じです。30分60ユーロ、45分80ユーロ、60分100ユーロと、確かに格安です。

真昼だったとはいえ、紹介された女の子は3人だけ。これしかいないの?と聞くとそうだと言います。2人は明らかに圏外だったため、残りの1人をチョイス。

20歳の、これまたバルセロナっ娘でした。ややポチャでしたが、まあ許容範囲です。数日の滞在で培ったスペイン語で、何とかコミュニケーションをとります。  

数週間後にニューヨークに行き、そこで同様の仕事をして稼ぐのだとか・・それほど甘くはないと思いますがね(苦笑)。

今回はお試しと言うことで、30分・60ユーロで。若いだけに、締まりは悪くなかったです。

コストパフォーマンスは悪くないと思いますが、女の子の質と量が今ひとつかもしれません。

ご参考になれば幸いです。