地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2176回 ベトナム風俗体験記 マッサージ編  by JIRO

ベトナム風俗体験記その2です。

ホーチミンのビアオム29を体験した次の日、天気が悪かったので、マッサージに行こうとおもい、 せっかくなので、オスカー・サイゴンに出撃してきました。

ホテルに入り、ボーイにマッサージの場所を聞くと、2階だということなので、階段を上がって2階に行きました。

入り口はかなりゴージャスなつくりで、サウナに入りたい旨告げると、サウナのみか、マッサージ付かを尋ねられました。

最初は単純に汗を流すだけでいいかと思い、サウナのみと伝えると、US7ドルとのことでした。 現金で支払い、奥に行くように言われ、奥に行くと、若い女の子が待っていました。

けっこうタイプだったので、この子だったらマッサージ付がいいなと思い直し、マッサージ付に変更したいと伝えると、 再度フロントに行き、追加料金US8ドルを請求されました。都合US15ドルの支出でした。

マッサージルームはほぼ個室になっており、8室ほどあります。

日本のような大きなサウナではなく、6名程度の小さなスチームサウナとドライサウナの2つがありました。 シャワールームも2部屋ありました。

まずは、マッサージルームで服を全部脱ぎ、貴重品入れの黒いバッグに貴重品をすべて入れ、バッグはシャワールーム、サウナルームに 持って入りました。

シャワールームでシャワーを浴び、その後スチームサウナに入りました。

ひとしきり汗をかき、再度シャワーで流すと、外に女の子が待っていて、体を拭いてくれました。

マッサージルームに戻り、背中からマッサージ開始です。マッサージ自体は普通のものでした。

30分くらい背中側をマッサージしてもらった後、上をむくように指示されました。

上を向いて横になると、ここでスペシャルのお誘いがきました。 価格を尋ねると、US100だと言います。とりあえず値切ってみようと思い、US50はどうかと聞くと、自分のサービスはどんなに 気持ち良いかをアピールし、US100だと言い張ってきます。ここでUS80でどうかと聞くと、OKだということで、スペシャルをOKしました。

早速乳首を舐め、その後すぐにゴムをかぶせてフェラをしてきます。ゴムフェラって今一つ気持ちよくないんですよねえ。

今一つ勃起状態が悪いのを察し、玉舐めを加えてきます。これはけっこう気持ちがよく、勃起度も90%くらいになりました。 こちらからも女の子の秘所をさわってみると、すでに洪水状態でした。

日頃鍛えた指技を駆使すると、どんどん濡れてきます。そうこうしているうちに、女の子が上から覆いかぶさってきてインサートされました。

残念ながら、あまり締りがよくなく、頑張って上で腰を振ってくれるのですが、今一つ気持ちよくありません。

そのうち、女の子が疲れてきて、攻守交代しました。女の子をマッサージベッドに横たえ、直立状態から挿入しました。

やっぱり締りがいまひとつですが、せっかくなので奥までがんがん攻めてみました。

ひとしきり頑張ってみましたが、なかなかいきません。そのうち元気がなくなってしまったので、OKサインをだしました。

ここで、スペシャルの料金請求がありました。予定通りUS80を払うと、チップをくれと言います。

しかたがないので、残りのUS5ドル(全部でUS100ドルしか持っていなかった)を渡すと、これでは足りないと言います。

自分がどれだけ頑張ったかアピールしてきます。USドルはもう手持ちがないというと、ベトナムドンでも良いといいます。

200.000ドンを渡すと、もう100,000ドンくれと言ってきます。手持ちのお金を見られてしまったので、しかたなく300,000ドンを 追加で払いました。

マッサージルームを出て、ドライサウナに入り、最後にシャワーで汗をながして、マッサージルームに戻ると、ヘッドマッサージを5分間 やってあげると言います。

チップも払ったので、ヘッドマッサージをしてもらい、着替えて終了でした。

結局総額は、US95+チップ300,000= US105となりました。 スペシャル代を最初から値切らず、おとなしくUS100払っていたほうが、すんなりサービスに入れたかもしれません。

ビアオムもマッサージもチップの要求がけっこうすごいので、なんだか疲れてしまいました。

バンコクのマッサージなら、200バーツ(500円)のチップで感謝されます。

やっぱり、ホーチミンは金にがめつい印象でした。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS