地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2156回  フランクフルトFKK OASEとPALACE  by むさし

フランクフルトで有名なFKKのOASEとPalaceに行く機会がありましたので、その比 較をしてみたいと思います。

OASEには、今年2012年の4月、Palaceには昨年2011年の4 月と11月に訪れました。

Palaceは、入場料が70ユーロ(ビジネスタイムで昼間3時間 は50ユーロ)でOASEの入場料は65ユーロでした。

しかしOASEが市内から遠く、さらに 旅行者にとっては最寄駅(Friedrichsdorf)からタクシー(片道8ユーロ)を使うこと を考えれば、むしろPalaceの方が安いかもしれません。

OASEは、月曜日の午後という たいへん空いている時間帯に行ったにもかかわらず、30人くらいの女の子がいて、男 性は2-3人であったために、次から次へと声をかけられました。

私に声をかけてきた のは、ポーランド・ハンガリー・ブルガリア・アルメニアなどの東欧圏の子たちばか りでした。

さらに、年増の女性も数人いましたが、ドイツでは、若い子よりもむしろ 40代50代の年増の女性を好むコアな人たちがいて、彼らにとってはたいへん貴重なよ うでした。

日本人を始め、東洋人はあまり年増好みはいないのでは、話かけてくるこ とはありませんでした。

黒人と東洋人の女の子も数人いましが、声をかけて来ること もなく、どの国の出身かはわかりません。

一方、Palaceはモデルのような美人が多 く、出身国もドイツやオランダ、イタリア、スペインなどのドイツ近隣の国をはじめ ハンガリー・ポーランドなどの子いました。

黒人の子もいましたが、1~2名という ところで、ファッションモデルのような整った体と顔をもった子たちでした。

東洋人 の女の子は、韓国人の女の子を一人みただけでした。

サービスについては、私はクン ニが好きなのですが、OASEの子はハンガリー、ポーランド、アルメニアの子といたし ましたが、どの子も、50ユーロの中でさせてくれました。

ポーランドの18歳の子は、 ディープキスまでさせてくれて、恋人気分でした。

他の子も、軽いキスはさせてくれ ました。

Palaceでは、クンニはさせてくれる子もいますが、追加料金を要求したり、 拒否する子もいました。

なんでもするが、すべて追加料金でという感じでした。

キス は、皆させてくれることはなかったです。

一言でいうと、OASEは地方的で優しく、 Palaceは都会的で冷たい感じがします。

OASEは、屋外にプールもあり、たいへん広々 しています(現在、拡張の工事もしていました)が、あまり休めるスペースがなく、 やったあとにまったりと昼寝をしたい私には不満でした。

Palaceは、すべて屋内です が、休息するスペースもあり、私はこちらの方がよかったです。

OASEも夏は屋外が使 えますので、その分違うかもしれません。(私の行った4月は、寒くて屋外にでる人 はいませんでした。)

蛇足ですが、食事はPalaceの方が圧倒的に良く、暖かいフラン クフルトソーセージを始め、生サーモンなどおいしいビュッフェで楽しめます。

OASE はパンと袋に入ったチーズ・サラミなどで、暖かいものもなく、軽食といったもので した。

みなさんの参考になればと思います。