地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2154回  ジャカルタの闇を歩く  by アジアナイトウォーカー

以前こちらのサイトに「ジャカルタ最安?」として、ショート18万Rpの、ハルモニの置屋を紹介させていただきました。(第1918回)

ですが、あれは「市内中心部」の話で、少しはずれたエリアにはもっと格安な遊び場がいくつもあります。

今回、もっとDEEPなインドネシアを覗いてきましたのでレポートいたします。

 まず最初は、川沿いのバラック。ハルモニから西へ。バイクやトラックが高速で走り抜ける、太い幹線道路の脇に、暗くなると「掘っ立て小屋」が作られます。

ビニールシートで出来た、2m四方もないくらいのバラックです。昼間は何も無いそうです。

 歩道の脇に、尾根遺産がポツリポツリと、数百mにわたって座っています。

その数は50名前後でしょうか。

案内をお願いしたローカルの遊び人は「多い時は100名はいるだろう」と言ってましたが。

多くの尾根遺産は、客が近寄っても携帯をいじり続けています。

インドネシア尾根遺産にはこの傾向が強くて、バタムの置屋でも、スラバヤのドリーでも同様です。

もちろんジャカルタ市内の置屋でも。ヤル気がないのか?と見えてしまいますが「インドネシア人はプロ意識が希薄だ」とどこかで読みました。そういうことなんでしょう。

端からチェックし始めて3人目。なかなかの美形(推定20代中頃)がいました。

言い値は7万Rp(700円弱)。私が「置屋長屋」と呼ぶ、マンガブサルの置屋群にいたなら、お店のエース格になれるでしょうに。(置屋長屋はアラサーが主力で、25万前後)

値段だけ聞いて通り過ぎたら、私の次に声をかけていたローカルと、即決で交渉が成立したらしく、掘っ立て小屋に消えていきました。

周囲は街灯もなく、通り過ぎる車のヘッドライトしか明かりがありません。小屋の中はほぼ真っ暗でしょう。

どんどん歩道を進んでいくと、「おっ!」と思うような若い小柄な尾根遺産が。

鼻ピアスがマイナス・ポイントですが、小柄で細身は私好み。年齢は自称19歳ですが、もう少し下に見えます。言い値は5万Rpです。

昼間、別の場所で抜いていたし、この後も何ケ所か回るので、ここでは見学のみと決めていました。

そこで近くの屋台?でドリンクをおごり(2千Rp)、1枚だけの記念撮影。が、ありゃりゃ、ソッポ向かれちゃいました。。。。

その後も「置屋長屋ならエース級」はいましたが、次の見学場所に移動。価格とレベルが比例していないところが面白いと感じました。

次は「暗闇のダンドット」。某駅の近くの線路脇や線路上(?!)に、男女入り混じって数百名が座り込んで飲んでいます。

どこかにスピーカーがあって、ローカル音楽が流れています。(ダンドットですから当然、ですけど)

 ゴザを敷いている人、線路に腰掛けている人、石の上に座る人。談笑する声は聞こえず、ただただ暗闇の中で、座って飲んでいる、これもインドネシア流。何が楽しいのか疑問ですが。

 料理やお酒を作るバラックも傍らに並んでいて、そのバラックでヤルこともできるそうです。価格は何と4万Rp! 今回各所を探査したなかでも最安値でした。

 難点はとにかく暗くて、美人かどうかもよくわからないこと。視力1.5の私でもそうなのですから。

インドネシア人は揃ってフクロウ目なんでしょうか?

 最後はトレテスをもっと密度を濃くしたような置屋群。

こちらはキチンとしたハコが立ち並び、1軒あたり5~20名くらいの尾根遺産が稼働している様子。しかもまだ明るい夕方のうちから、です。日本人はほとんど来ない、と珍しがられました。

界隈にいったい何軒あるやら。たぶん尾根遺産は3~500名はいるかと。

 トレテスを引き合いに出したのは、奥に入っていく路地が、幅2mもない坂道だったからです。しかもその両側に置屋がビッシリ!

面積はドリーの方が広いですが、尾根遺産の美的レベルはこちらが上。しかも平均年齢はドリーより若く、価格も12万Rpでした。

何軒か覗いて、最もタイプだったのがDちゃん。自称21歳。お店の2階に住んでいて、そこがヤリ部屋です。シャワーはなく、汲み置きの水とボディソープで、自分で洗います。

部屋には家族の写真が飾られ、ぬいぐるみが数体。キティのBAGとか、女の子らしい部屋でしたが、天井には穴が。

弾力に溢れたおっぱいは、乳輪が極小で私好み。同じく小さな先端は、ちょっと舐めただけでむくむくと隆起しました。

ミッショナリーでラストスパートをかけている間、Dちゃんはずっと私を見上げながら微笑んでいました。

うつろな視線で天井を見ているマグロなら興醒めですが、おかげで大満足の放出。

長文になりましたので、補足解説や他の情報は私のブログ「アジアの尾根遺産」で。

http://asianightwalker.blog134.fc2.com/

ジャカルタ・ビギナーの方はぜひ、「オトコの夜遊びガイド/ジャカルタ編」を。

http://asianightwalker.x.fc2.com/