地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2100回 シンガポール体験談、ゲイランLOR20 #60、by アジアン

夕方、タクシーで乗り付けたゲイランLOR20。

20番街は、昔から日本名の屋形が多いので知られている。

House番号60のドアガラスには、OGOTOと書いてある。

日本人のお客が多いけど、その日はお客がゼロ。

入るなり親父さんが店の子を紹介したいと言ってきた。値段はSGD150。

金額は微妙。200ドルと100ドルが正規料金とされているから、その中間というと女の子がちょっとというケースが多い。

ところが、小柄なマレーシア系中国人でスタイルも抜群!

親父さんは、YoYoとその子の名前を言っていたけど、たぶん、適当だろう。

親父さんに150ドル渡して、女の子に連れられて2階へ。

部屋はガラス張りで、ベットはキングサイズ。

入るなり、服を脱がされるが、英語が通じないからされるまま状態に。

息子をニギリニギリして、いつものセリフ…"Wow, BIG"

これは、間違いなく誰にでも言っているので、ここでは盛り上がれない…でも、息子は盛り上がっちゃうよね!

シャワーを浴びながら、息子と乳首をお口とおててで攻撃している。

みると、左乳の下にTatooが!!

ベットに移ると、とにかく、アナルなめ攻撃に撃沈しそうになるけど、ここはどうにか耐える。

生フェラのあとに、裏筋攻撃にあい、そして、騎乗上位からスタート。

攻撃的な動きから、正常位にかわって、こちらから攻めると感度抜群に!!!

話が通じないから、とにかく、攻める!!!!

Finishedからシャワーへ移る前に、まったり愛撫されて、より気持ちよくなる。

60分間、たっぷり遊べた。

昔から思うけど、屋形の親父のアドバイスは正しい。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS