地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2079回 微笑みの国、再び 2 by ゆう

ヤワラート

ソイ4の屋台で食事して、MRTでフアランポーンへ。 前回の記憶を辿り、3番出口から歩いてチャイナタウン、ヤワラートへ(ジュライロータリー?)

20分くらい歩いてなんとか前回きたあたりまでたどり着いた。 時間が早いせいか、いいのがいない。

爆乳ねえちゃん、300バーツオーケーとのこと。 裏口の狭い通路、細身のかわいこちゃん発見!18歳、大学生とのこと(年齢詐称、高校生かも?)

仲介のおばさんが「ウェアユーフロム?」

「アムコレア!」、 

「オーケー600バーツ」と (日本人ならふっかけるつもりだろう)

奥の階段を3階まであがりやり部屋へ(70バーツ)

写真撮ろうとカメラ向けると、恥ずかしがり「やだ~!」と断られる・ 裸は真っ白で実に美しい。細身できれいなおっぱいはまぎれもない10代。

かるいキスから舌を少しだけレロレロとしてくれた・ まだふくらんだばかりの感じがする乳首に男の感触を与えた

かわいいおへそをなめまわし、隙を見てま○こへ! 彼女のけぞり、嫌がっているがやめるわけにいきません、強引になめまわします!

そして正上位で挿入、壁に貼り付けてある鏡でやられてる自分の姿をじーっと見入っていました。 細身なので彼女の下の口は小さく、生肉が思いっきりかみついてきました

今度はバックで腰をつかんで彼女の体をおもちゃのようにつきまくり大声をあげて発射!

こんな小娘を、、若いエキス、ここまで来た甲斐がありました (チップ100バーツ) たくさんの男性を受け入れていくんだろうな

夜はナナプラザへ

レインボーで代表的タイ人カワイ子ちゃん発見!色白ロングヘアでお目めぱっちり小柄、気に入りました。

呼んでドリンクふるまい交渉。売れっ子みたいで2000バーツからひきません

どうしても欲しいのでオーケーしてホテルへ。 あんまりかわいいんでシャワーもさせずにまん舐め、味わいました

セックスはふつーでした。まあ、売れっ子なんでクールなんでしょう。 (レインボー系は日本人慣れしていてドライな感じ)

プーケットの悪戯

翌日チェックアウトしてナナからアソーク、スクンビットからペチャブリー、歩いてマッカサンからエアポートリンクでスワンナブームへ(全部で65バーツ)

貧乏ファッカーは足でかせぐ。 電車の中であのいやらしい制服のタイ女子大生ナンパ? 電話番号とメアド聞いたが、あとでごみと間違えて捨ててしまったみたい。見当たらない

日本からネットで予約した激安ドメスティックでプーケット島へ (今回の旅はプーケットでマリンスポーツが言い訳)

空港のミニバス150バーツ、噂通りの途中下車させられてホテルの強制勧誘

「ウェアユーホテル?」、 「ナットイェット、アィルルッキングフォーバングラ」、「アー、オーケイ」 まだホテルは決まっていないが、予め地図で調べた繁華街の地名を言ったら簡単に引いた。

1時間くらいで繁華街、歩いてホテル探し。すぐ近くの500バーツのホテルに決まり。 そこそこ広くてきれい、問題なし。レセプションにいた女の子が気になる

夕方、タイレストランで食事。背が高くてスーパーモデルみたいな子がウエイトレスしている。もろタイプ!呼んで話す Kちゃん24さい、身長185センチとのこと  かっこいい~。

茶髪ロングヘア、白のショートパンツからはなが~い足がすらり! じっと見つめると恥ずかしがり、すぐに目をそらしてしまう

でも視線を感じ、また目をあわせてニコッ。  かわいい! 電話番号交換してごちそうさま~  夜中3時まで仕事らしい。

夜にゴーゴーをバーホッピング  みんなショート2000バーツからひかない ペイバーも店によっては700、1000なんて店もある。

バンコクよりも割高だ  結局見るだけでバングラStを (パタヤのWSみたい) お祭りさわぎです。 立ちんぼに声をかけられる 背は高めで肉付きもいい。

ショートパンツに蛇柄ハイヒールがとてもセクシー

「ワンターザン、オーケイ?」、 「オーケイ」 

歩いて2,3分でホテルへ  シャワーを浴びキスから乳首なめ、ま○こさわろうとするとあまりさわらせてくれない  あそこを見てみるとなんか違う  う~ん、そうかLBか。

でも一応ま○こついてるので、気ずかないふりして淡白にフィニッシュ

寝てると深夜3時半ころノキアに着信、Kちゃんから「仕事おわったー、レストランでみんなでのんでるからおいでよ!」とお誘い もちろん参加してLEOをみんなでのみながら談笑、 ほとんどがタイ語でわからないが、空気で分かち合った

明け方になり、「じゃあまたね!」、帰ると言う 「ホテルおいでよ、寝るだけだから!」 Kちゃんは一瞬考えたが、「いいよ」ときてくれた。  

一緒に歩くと彼女のほうが20センチくらい背が高い ときおりファランもびっくりして見てた

ホテルでは恥ずかしがるKちゃんをじっと見つめて軽いキスからいつしか舌を絡めていました

ベッドでは彼女よりはるかに小さな私に顔をうずめてきました かわいい子です

このあとの事は秘密にさせてください