地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2059回  中国で10代ギャルと遊ぶ  by  ジョン

広州は東莞に行ってきましたので、ご報告させていただきます。

深センではユニバーシアード大会が開催されていた関係でしょうか、風俗は息を殺して嵐が過ぎ去るのを待っているような状態でしたので、和諧号に乗って30分ほどの場所にある東莞市に行ってきました。

風俗掲示板などでは、東莞・常平と書かれているのが多いですが、これは東莞市の常平地区という意味です。

駅で切符を買うときは、ドンガンと発音してください。ちなみに常平はチャンピンと読みます。

さて、東莞は主に香港の外道連中御用達の街らしく、デブハゲや痩せて貧相な中年香港オヤジでも、そこそこ綺麗な姉ちゃんとお手てつないで楽しそうに歩いているではあーりませんか。

銀行でも香港ドルしか人民元に交換してくれません。 香港人にとってのタニヤって感じですかね。

日本円や米ドルはストリートのタバコ屋にいけば闇両替してくれますので、焦る必要はありません。こちらのほうが、銀行よりレートが良かったりします。

東莞に着いたらタクシーでフイメイホテルと言いましょう。これで間違いなく通じます。料金は言い値50元ですが30元までなら落ちると思います。

バスでなら2元でいけますが、初めての場合、やめておいたほうがいいと思います。

フイメイに着くとその裏に目指すホテル、至尊公萬があります。一見するとボロアパートってかんじですが、意外や中は綺麗で、ベッドシーツも毎日取り替えてくれます。

ここ以外のホテルに泊まってはいけません。一泊128元。押金(デポジット)172元です。

受付のお姉ちゃんが多少の日本語と英語を話せますが、基本は中国語オンリーです。

言葉が心配な人は指差し会話帳などを持参したら良いのではないでしょうか。

チエックインしたら、3階の311号室に向かいましょう。ドアをノックしても誰もいない場合がありますが、そんなときはロビーのソファーに座って30代と思しき小太りのおばちゃんが来るのを待ちます。老板です。

ここは老板が二人いて、抱えている少女たちも違います。 たいていは、おばちゃんの方から声をかけてくるので心配いりません。

無事におばちゃんに掴まったら?一緒に311号室に向かいます。中はスイートルームのような造りでベッドルームと応接室(麻雀卓があります)があり、おばちゃんの電話一本で女の子たちが次々にやってきます。

たいていは十代です。一番若い女の子で○六がいました。この子は色白で体も細く顔も日本人好みで可愛かったのですが、いかんせん性格が・・・。

これはどの子大差ないですね。私が見た限りでは美少女が多いですが、擬似恋愛モードを中国人に求めても無理みたい。

どちらかというと無理矢理、少女を犯すのが好き、みたいな人ならうってつけかもしれません。

ただし、あまり無茶なことをするとヒモ男から仕返しされるおそれがありますので注意が必要です。

中国人はすぐに刃物を持ち出すので気をつけてください。

周囲も置屋だらけで、歩いていると必ず老板たちから声をかけられます。

どういうわけか、おばちゃんばかりで、男の老板は見かけませんでした。

ですが、至尊公萬内の置屋が一番質が高いです。

他の置屋は見るだけ時間のムダって感じでした。

しかも、一旦中に入ると女の子を選ぶまで、なかなか帰してくれませんのでご注意を。

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS