地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2023回 微笑みの国 4 by ゆう

最終日

昼はオイルマッサージをうけ、百貨店で買い物。シンハーのみながらステーキを食べ、パワーチャージ。夕方から最後のバーホップを始める。正直、こう毎日やっているとまっぱの女の子を見てもなんとも思わない。慣れはこわい。

が、日本帰ったらまたしばらくできない。無理してもいやというほどやらなければ、、と貧乏根性。

WSの中心にある、SEAだったか?屋台で買ったケバブを持ち込んで入店。お嬢見ながらかぶりついてると、わたしにもちょーだい!と逸見えみりちゃん似がとなりへすわりケバブにかぶりついてくる。

性格もよく、話もはずみドリンク攻撃もないので、私からふるまってあげた。 しばらくすると上にのってきて抱きついてきてキスしてくる。

「おれ、ノーパワーだよ。」

「だいじょーぶ、わたしが立たせてあげる!」

いくらって聞くとちょっと待ってねといい、ママがきてショート2000、店に600と。ディスカウント頼むが1500でひかない。

ママがそれ以上は無理よ、と行ってしまった。でもえみりちゃんは耳もとで「私は1000でいいよ」、と言ってくれた。ほんとに?ありがとうとペイバー(せこいおっさんです)

色白、巻き髪で日本人みたいなかんじ。 ベッドでキスからシックスナインをたのむとあなたが上にきてと逆シックスナイン。おけつの穴まで見られながらの生フェラ、興奮します。

しかし、精力もほぼありません。でも絶対に不発はできないと言い聞かせ、半立ち状態で巻き髪を見ながら興奮させて一気につきまくりなんとか発射、修行の域です。

彼女は「あなた、いっぱいしたんでしょう?」と図星でした。 (*^m^*)

25時にはチェックアウトだ。少し寝れるな。 寝るか?いや、寝ない。飛行機で寝ればいい。

と最後の出陣!おれは愛の戦士だ、戦わなければ! (?)

店名失念(覚える気ありません)真ん中に円形の回転ステージでまっぱギャルが踊っている。われめもぱっくり、撮影したい! でもおこられる。

ウエイトレスに壁側の席を案内されるが、ここがいい、とステージのすぐ前へ。 口をがばっと開けてだらしない顔でかぶりついてるとお嬢もよろこんで見せてくる。

いや~パタヤ最高!日本ではありえない。

正直、連日やりまくっているのでなんとも思わないが、最後だと言い聞かせモチベーションをあげた。

まっぱにロングブーツ、ウエスタンハットとなんとキュート&セクシーなんでしょう。ひとり気に入りました。背は150センチくらいで小柄、色白細身。日本だと中学生くらいに見えるがおっぱいはちゃんとふくらんでおり、ウエストはくびれていて小さなおしり。とてもかわいい。

ステージおりるとどこかいってしまった。その間、入れ替わりお嬢がとなりにすわってくるがドリンクはださず、ごめんなさい。 しばらくすると奥からさっきのギャルがきて隣へすわってきました。もちろんドリンクふるまい談笑。しかしあまり性格よくないかも、笑顔少なく話しはずまない。

でも小さくてかわいく最後の相手としてこの子とやりたいと思い、交渉。ショート1500がやっと。オーケーして着替えに。さっきまでステージから猛烈アピールしてたロングヘアーの子、第二候補だったが泣きまねしてた。 ごめんね。

ホテルで色白中学生にTバックとハイヒールはかせ、撮影。以外にオーケーだった。

しかもシックスナインもオーケー、目の前に白くてちっちゃなお尻、生フェラも上手で何よりもキスが大好きでこちらからやめないといつまでも舌をからませている!お店の印象とは違い、最後に大当たりでした。

色白ロリ系で変態パワー復活!

そしてハメ撮りもオーケー、彼女から舌を入れてきて濃厚キス、中学生の唾液をむさぼりながら最後の雄たけびをあげました。最後にたっぷり楽しめました!

そしてハイヒールを気に入ったのか 「ギブ、ミー!」と。

もちろん君にプレゼントするよ!日本のスーパーのビニール袋に入れてよろこんで持って帰りました。

(君たちがいるからおじさんたちは元気をもらえるんだよ!)

最後に当りをひいて私は本当にラッキーだな、と思いました。

深夜25時にチェックアウト、タクシーで暗闇の中、スワンナブーム空港へ。

夢のような時間にピリオドを。

途中、ラジオからタイ語のやさしいメローな曲が流れていた。

たくさんの女性を思い出しながら、

(ありがとう微笑みの国、必ずまた来るよ!)

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS