地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2021回 微笑みの国 2 by ゆう

三日目

チェックアウトし、BTSでエカマイ、バスに乗り二時間で楽園、パタヤへ。ソンテウでウォーキングストリートへ。 400バーツの安ホテル、水シャワーだがエアコンつきで問題なし。

お嬢には貧乏旅行者と思われるかもしれないがそこはキャラでカバー。 まだ夕方だがもうやっているゴーゴーもある。オープンが早くなったようでラッキー!

入店すると客は私だけ。みんなステージからアピール! もててる気になれるゴーゴーはサイコーだ。何人かよってくるがドリンクは出さず、ひとり気に入った子がいたので。

最後にその子がとなりにきてくれた。ロングヘアーのタイ人特有のきりっとした顔立ち。 ドリンクふるまうとテキーラ一気飲み。この子は酒がすきそうだ。

「ホテルで一緒にのもうよ!」 

 「いいよ!」

なーんと!ロングを1000バーツで了承してくれた! まわりの子からなんで私を選ばないの!と冗談交じりの罵声をあびる。

ホテルでは日本から持参したウイスキーをコーラで割ってチョンケーオ!

彼女を下着姿にして持参のハイヒールをはいてもらい、楽しいドリンクタイム! (エッチより好きかも?)

イサーンの故郷に両親と子供をおいて出稼ぎにきているらしい。(おきまりの話だが一生懸命聞いた)

私をペイバーしてくれてほんとうにありがとうと何度もワイをして感謝していた。 (1000バーツでロングなんて立ちんぼでもなかなか了解してくれないよ、彼女は美人なのにあまりペイバーされないのか?)

日本から持参したするめ、ピーナツ、チョコレートと私なりにふるまい、かなり酔っ払ってしまった。彼女も喜んでがんがん飲んでいた。

ベッドインすると彼女から抱きついてきて、猛烈なバキュームキス!舌を思いっきり吸い出される!

おっぱいをしゃぶり、得意のま○こなめをすると物凄い腰のちからであそこを擦りつけてくる! (マジであごの骨がはずれるかと思った)

騎乗位で挿入すると恥骨がごりっ、ごりっと音がするぐらい擦りつけてきてのけぞっていました。

こんな熱い女性は久しぶり、女の性を見たようで少しこわくなってしまった。

終わると彼女は「アイムソリー!」といってトイレにかけこむ。 飲みすぎてげろを吐いていた。

戻ると何度もごめんなさい、ごめんなさいといい、ペイバーされたうれしさと故郷を思いだしたら飲みすぎちゃったの。 たかが1000バーツで一晩、体をはった彼女の仕事っぷりに感動をおぼえた。

彼女は涙目でごめんなさい、ありがとうを何度もくりかえし、その間にもトイレで吐いていた。

ここで私に気を使って寝るよりもアパートでゆっくり休んだほうがいいと思い、さらにチップで1000バーツをわたして、「家でゆっくりやすんだほうがいいよ、君はとてもすばらしい女性だ、ありがとう。」と告げると

彼女はまた手をあわせ「ありがとう、のみすぎてごめんなさい、あなたはいい人」といい、帰っていきました。 (本気で好きになりそうでやばかった)

少し寝るがすぐ目が覚める(本能の要求か?)

とあるバーに入るとまっぱで踊っている!すぐ下のボックスで鑑賞していると割れ目を披露し露骨なアピール。

うう~ん。 するとメインステージで色白、ロングヘアーで細身、まだあどけなさが残る子がポールにつかまり、ゆらゆらゆれながらじーっと見つめてくる。

こういうアピールのほうがいい。よんでドリンクを。わずかにふくらんだおっぱい、ちいさなお尻にTバック、かわいい~。もちペイバー!   

ホテルでは得意の持参したハイヒールをはいてもらい撮影。

シックスナインしてもらうと小さなおしりが目の前に!おしりの穴もちっちゃくてかわいい。 もちなめまわし!

バックから正常位でまだあどけなさが残るお顔を見ながら発射!

baby drives me crazy..