地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第2020回 微笑みの国 by ゆう

同士の方々、お世話様です。 今回の惨事からの不況、人員削減で会社をクビになってしまい、調子に乗ってタイにいってきましたので報告させていただきます。

直前でデルタしか取れず、しかも1時間半遅れ出発で到着は25時。 タクシー飛ばして安ホテルチェックイン(600バーツ)

ナナ、ソイカと行ってみるもののやはりゴーゴーはすべて閉店!

この時気がついたのですが、旅の疲れ?か、風邪ぽくてだるい。 (ホテル帰って寝たい。。)

しかし夢のバンコクの夜、寝るのは日本でいつでもできる!と言い聞かせ、アソークからナナ方面へ立ちんぼ、屋台バーのねーさんたちを物色。

何十人?何百人?といるねーさん方の中からひとり目にとまりました。

黒人、金髪、豹柄のワンピースに豹柄のハイヒール、体はめずらしく小柄で細身。 10代、中学生のよう。

しかしそのいでたちはケバケバしく、日本の夜で見かけたらみんなびっくりするようなインパクト! (こーゆーの大好きです)

彼女は売れっ子みたいで1500バーツから引きません。(ケニア出身のRちゃん) 交渉してなんとか1000バーツ(3000円)  小さなお尻に手をまわし、ホテルへ。

裸は真っ黒で小柄、細身ですがしっかりとした大人の女性の体をしていました。 まっぱの彼女はベッドで 「ねえ、マッサージしてちょうだい!」

よろこんで! 彼女の体を触りまくりました。 彼女は「オ~、グッド!」と喜んでくれました。(立ちっぱなしなので足が疲れているのでしょう)

交代して今度は私がしてもらいました。が、ただもみもみするだけで彼女「ごめんね、へたくそで」と。 いいんだよ、かわいいから。

シックスナインで生フェラ、あそこの唇は使い込んで発達し、ぶら~ん、べろ~んとたれている。 じゅばじゅば吸い込んであげました。

正常位からバックへ黒豹の少女を堪能し、もう一度ぴんっと上を向いている乳首見ながらフィニィッシュしようと思っていたのですが我慢きかず、バックで発射!真っ黒で小さなおしりが最高。

ああっ、、!   (でもよかった、すごいかわいい!)

二日目

ゴーゴー大好きな私は、昨日間に合わなかったので開店時間を心待ちにしていた。 何件かバーホップするが、なんか以前より活気がない。

金髪ボンバヘッドもえびちゃん巻きもいない。ん~。。 とあるバーで色白ぽっちゃり、爆乳発見!めずらしい!ナナ、ゴーゴーでぽっちゃりはなかなかいない。

ショート2000を1500で了解してもらい、店にペイバー600。 ホテルではたくさん写真を撮らしてくれた。顔はだめよ。

キスから巨乳を狂おしくむさぼる! シックスナインでおおきなおしりをなめまわしながらされる生フェラは至福の時間。

大きく口をあけたあそこはすでに白いぬるぬるが噴射しており、ぐちょぐちょ音をたててさいこーに気持ちよかった(ものの1,2分で発射) ほんと情けない。。

少し寝て夜中に立ちんぼ物色。ナナホテル前の軍団のひとり、小柄、細身の子19さい。 1000バーツできまり。

  

ホテルでは日本から持参した白のハイヒールをはいてもらい撮影。

そのままベッドイン。まっぱにハイヒール、いちばん好きなスタイルです。

もちろんま○こをなめまくり、彼女の唇を吸いまくり、正上位でつきまくり、んがぁー!と発射。

まだ戦いは始まったばかり。。(精力もつかな47歳?)  

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS