地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1981回 神々の棲む島 (雨季) その2 by ゆう

三日目

日中はサーフィンして、夜、レセプションでみんなで酒をのみ ながらだんらん。サヌール行きの時間を見計らう。

すると今日から泊まるドイツ人カップルが町でアラック(バリ の地酒)をペットボトル大瓶で買ってきて、みんなで回し飲み (かなりアルコール強い)みんな酔っ払い、意気投合、そのま まライブハウスへゴー!

飲みまくり、踊りまくり、クラブも数 件はしご。階段上ってるとき、目の前に大きなおしりが。。

無意識でさわると、バチーン!!とビンタをくらう。(思いっ きり)

多分、地元の売春婦だと思うがマジ切れ。ワタシかんぺきに酔 っ払いです。

気がつくともう夜明けで私一人でふらふらしている。 あ~、サヌールいけなかったな。。(毎日の日課にしている) 最後にコンビニでビール一本のんで帰ろう。。

すると、kマートのまえのいすにかっこいいおねーさんが座っ て水をのんでいる。

白のぴちぴちのタンクトップ、ピンクのぱつぱつのランニング 用のショートパンツに白のジョギングシューズ。

話すと今、海岸をジョギングしてきて休憩してたとのこと。褐 色の健康的な肌に少し筋肉質、背も高そう。 しばし話すと、すごいノリのいい子で意気投合?

周りにいた男子が店内にはいってふたりきりになったとき、「 おれの部屋にこない?君が好きだ!」

と告げると彼女は少し考えた後、「おこずかいくれるんならい いよ!」と。

オマイガーッ、まじかーッ! 信じられない。こんなおねーさんがおれなんかに。。

じゃあ行こう!と彼女から走り出した。(多分、男子に見られ たくなかったのだろう。)

背は私と同じくらいある。 朝もやの中の彼女を写真に撮ろうとポケットのiphoneを。。

あれ、ない!まさか盗られた!焦りながら部屋に戻り、ひっく り返すもどこにもない。多分、酔っ払ってオカマとからんでた 時だ、ショック!超ブルー。。

でも彼女には関係ない。気持ちを切りかえベッドへ。

やはり長身、筋肉質のグッドフィギャ、褐色の雌豹のようです 。(以前、モデルをしていたとのこと)

カーテンを引き、暗くして、日本から持参したローソクに火を ともす。彼女は「あなたはロマンチックなのね。」と。(いや 、変態的要素で。。)

ローソクの火がゆらゆら揺れる中、おしりやま○こが浮かび上 がりとてもエロティックです。

ベッドでしばし舌を絡ませながら彼女に「くわえてくれ」、と 要望。彼女はかるくにこっとしたあと、じーっと見つめかぽっ とくわえてくれました。

褐色のはりのあるおしりを高く天井に突き上げフェラしながら 時折、こちらを上目使いで覗きこんでくるその様子はまるで大 草原でブラックパンサーに捕まり押し倒され、肉棒をむしゃぶ りつかれているよう。

iphone盗難で色んな心配があり、立ちが悪いが、なんとか彼女 の中に入り込みました。彼女はカッと目を見開きキスをしたま ま突きまくり発射!

そのあともしばしハグしたままそのまま彼女の中に滞在した。

すごい性格のいい子でつねににこにこ、いい出会いでした。

ケータイ番号交換して、スタッフが起きる前に彼女は何もなか ったかのごとく、スタタと軽快にまた走っていきました。

ありがとう、Nana!

四日目

夜、飲んで酔っ払ってバイクで4Xへ。バイパスから斜め左に 入って少し走って右。以前は2,30人いたのだが7,8人し かいない。時間が遅かったか。

行くときは9時ころがいいかと思います。 売れ残り(失礼)ばかりで、茶髪ロングヘアーのおねえさんを 指名。

ここも交渉して200000ルピア(2000円) 多分この辺の協定最低料金かも。どこもこれ以上下がらなかっ た。

このおねーさん、やる前からチップチップ、とうるさい。 わかったから早くやってくれ。いくら払う?とか。

萎えてしまい、とっとと終わらして、チップ20000ルピア だけ。もっと、足りない! ごめんよ~、アク ミスキン!

そういえば前もこんな感じだったな、多分日本人ばっかきてる のだろう。もうここはやめよう。

レギャン通りのKマート前でビールのみながら、ローカルと談 笑。お互いに言葉を教えあったり、女の話をしたり。

なんかしっくりこなく、またバイクをとばしサヌールへ。 途中、検問やってまして止められる。

無免許に飲酒運転。いく らとられるかわからない。

肩をつかまれた瞬間、アクセル全開 !ぶっちぎりました。やつらは捕まると面倒だが、さほど仕事 熱心ではない。

新規開拓、(branjon) バイクの駐車料金は20円。

ここもローカルオンリー、泥と水溜りの中、暗くて汚い平屋が ならんでいる。顔も見えない。入り口の横に小さくてやせてて 少女のような子がケータイいじってる。

「ビサ、カム?」(君、できる?)「ビサ、トゥジュプルリブ 」(いいよ、700円よ!)

きったない2畳くらいのコンクリートの部屋でベッドに裸で横 になったらのみやダニに喰われそう。

この子は愛想もよく、水浴びをし、裸になってくれました。が 、なぜかブラはつけたまま。

まあすっぽんぽんよりこっちのほ うが少女ぽくて興奮します。指にこってり唾をのせ彼女のあそ こに塗りつけて挿入!

ちっちゃな体であそこはきつく、両足を 高く天井に突き上げ、足の指はなぜかがばっと開いている。

こ れがなぜか興奮し、「アムカミーン!!!」またもや大声を。

彼女、しーっ!と。でも笑っている。

700円でも大満足です。