地球の遊び方~海外風俗情報 タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1980回 神々の棲む島 (雨季)by ゆう

今回の惨事からの不況で会社から当分休んでくれ、と言われ、 久しぶりに神々の棲む島、バリ島へ行ってきました。

バリに行かれる方に少しでも参考になればと思います。

バリは趣味のサーフィンを兼ね、かれこれ20回くらいは行っ ていますので、イネ語(インドネシア語)も多少話しますので 値段交渉は不自由しません。

いつもの格安チャイナエアの台北乗り継ぎで夜中2時にデンパ サール到着。いつも使う手ですが、ツアーの迎えに来ているド ライバーをつかまえ、20000ルピア(200円)やるから 一緒に乗せてってくれ(だいたいクタの町へ行く)と交渉する のですが、車が小さいからサーフボードは積めないなどと断ら れる。

タクシードライバーが寄ってきて「100000ルピア でどうだ?」(バカやろう、相手みて言え) 他のドライバーと交渉し40000ルピアで妥協。

いつものロスメン(寝るだけの一泊700円)へ行き、気さく なスタッフと久しぶりの再会を。レンタバイクを借りる。(1 日300円)

旅の疲れともう明け方ちかいので普通ならこのまま寝るでしょ うが、私は違います。1夜たりとも無駄にしません。(?) バイクにまたがり(無免許)、目指すはサヌール地区(置屋街 )

バイパスをとばし(何十回きただろう?)ユーターンして左へ 曲がり置屋街へ。暗く怪しい雰囲気が最高です。

置屋をのぞくとお嬢がいません!時計をみると四時半(そうか 、もうこんな時間か) するとボスがよってきて「女か?呼んでくるぞ。」

「ブラパ(いくらだ?)」、 

「ンパラトゥスリブ(4000 円」、 

「ティダビサ スラトゥスリマプルー、ヤ!(無理、 1500円だろ!」 

「オオ、ボレ ドゥアラトゥス サジャ 」

言い値の半分、2000円できまり。以前は1000円とか1 500円だったと思うが。

しばらくするとバイクの後ろに女の子が。 小柄でおめめぱっちり、ロングヘアーのハタチの女の子。デニ ムのショートパンツにヒールのサンダル。

ボスは日本人好みを知っているようで(どうだ、すげーかわい こちゃんだろ!)といわんばかりのにんまり笑顔。

本来デブ好きの私ですが、いったい誰がこの子をノーというで しょうか?よく知りませんが、AKBの子のようです。

即決で部屋へ。あっ、たまに部屋代は別、なんていわれてる方 がいらっしゃるようですが、一見さんは事前に部屋代込みだよ な、と確認しておいたほうがいいです。(私は言われたことは ありませんが。)

服を着てれば撮影オーケー。とても不衛生なシャワー室でマン ディ(水浴び)をし、彼女が出てくるタイミングを見計らって ベッドで彼女のかわいいパンティを顔にのせ、匂いを嗅ぎまく る。

そこへ彼女、「なにしてるの、汚いよ!」

けっこうまじで怒られてしまった。(いや、私はただ日本人は 変態だということを。。)

しかしめげずに少し汚れた部分に鼻をくっつけ、舌の先っぽで ぺろぺろやると「もうやめてよ。」と笑いながら没収された。

お遊びはこのくらいで。。ベッドではチューオーケーで乳首な めとハンドジョブからブロージョブ、生でくわえてくれた。私 の十八番のシックスナインはいやだって。がっかり。

ゴムをつけて性上位で挿入、ひさーしぶりのインドネシアンガ ールを堪能!小柄な体系のわりには発達したおっぱい、ハタチ のまだできたてほやほやのつやのある、はりのあるおっぱいが ピストンの動きと同時にプルン、プルン、とゆれている。

私は 鬼の形相で彼女のくちびるをおおいかぶせるように吸いまくり 、「オゥ、イェー!」と雄叫びを。彼女は下から両手でわたし の口を押さえながら「だめ!」

「いや、はっはっはっ。よかったよ、ベイビー!」

チップ20000ルピアあげたが不満ながらも、もっとちょう だいとは言ってこなかった(私がこの辺の常連だと悟ったのだ ろう。)

サヌールではキスもさせてくれない子も多いので初回から当た りでした。

二日目

日中はサーフィンし、夕方はビンタンビール(うまい)のみな がら、気さくなスタッフや他の宿泊客とだんらん。

そして夜。私のもうひとつの顔、変態に変身の時です。

バイクでポリスに見つからないよう、(バリでは警察はチンピ ラ以下でいちゃもんつけて金をとる)気をつけてバイパスをと ばし、鋭角に左折し暗黒魔界ゾーンへ。

そうです、知る人ぞ知る(DANAWTENPEI)です。先人のアジアンNW さんの投稿に出ていた場所です。

びちゃびちゃの水溜りの狭いでこぼこ道の両側に長屋が10軒 くらいあり、真っ暗で顔など見えません。ローカルオンリーで 白人、日本人など見たことありません。

暗闇に野郎がたむろってて、ビーチサンダルは泥だらけ、まさ に魔の秘境、狂気の場末の歓楽街という場所です。  

が、しかし!物好きの私はこの雰囲気が大好きで以前からの常 連です。

きれいなひな壇やソープなど興味ありません。やはり 女遊びはお互い体をはって危険やリスクを承知でどこの誰かも わからず、金を渡してま○こを開いてもらう、というところに 興奮します。

一発、5~、600円です。

少数ですが、小さなステージがあり、カラオケやダンスしてる 店?もあります。

その中の一人に目がとまりました。ジャワ人にしては色白でぽ っちゃり、白のタンクトップにはちきれそうなお腹のお肉にぶ りっとした大きなおケツにミニスカートがやぶけそう。

目はきりっとし、黒髪ロングヘアーで前髪を横にながしている アジアンスタイルのギャル。

値段を聞くと「トゥジュプルーリブ」(700円)あれ、少し 値上がりしたな。

「アヨ!(さあ)」と手をひかれやり部屋へ。暗くて狭くて汚 い部屋。普通の日本人なら萎えるかも。 でも彼女はむちむちの18才のアジアンギャル、私には何も問 題ありません。

彼女はスカートとパンティだけ脱ぐと、どんっとベッドにのっ かり股を開く。(ま○こ洗わないの?)もう前に洗ったのかな ?

私に洗え、とも言わない。上半身はタンクトップを着たまま、 暗闇に白いふとももの間からはなんとかぱっくりとした割れめ を察知することができる。このシチュエーション、なんか興奮 します。

彼女はぶっとあそこに唾をぬりつけ、手で開いて、(早くこい よ!)という感じ。その様子に変態ボルテージもいっきに↑↑ 。

ゴムをつけ上からのっかりました。こっちは一生懸命ピストン するのに対し、彼女は手で両股を持ち上げながらも冷ややかな 目でじーっとこちらを見ています。

そう、変態の私は大興奮!(これは最高のおもちゃだ!と割り 切る)

手を下にまわし巨尻をわしずかみにして全開で突きまくり、ウ オオオオオ!と、だらーっ。

彼女の顔によだれを垂らしてしまった。

でも、手でふきながら微笑んでくれた。 (きっと自分に満足してくれたんだ、という女の達成感からか 。)

終わると水浴びもせず、パンティとスカートを。。 (あいや~、700円。。)