地球の遊び方~ タイの風俗から南米の置屋まで

読者の海外風俗体験記

第1961回 ホーチミンのCafeガール  by アジアナイトウォーカー

ホーチミン市内の至るところにカフェはありますが、パッカー・エリアの一部カフェには特徴があります。

カフェの前に、暇そうにしている娘が数名。ちょっと露出度が高めの服装をしています。娘たちはカフェが雇っていて、コーヒー1杯おごれば好みの娘を指名して横に座らせ、おしゃべりができるのです。

 昼間の時間つぶしがてらに覗いてみて下さい。けっこう可愛い娘がいましたよ。界隈のパッカーも相手にするからでしょう、英語通用度も高いです。「コーヒーをおごってもらう」のが娘たちの仕事で、店外デートは自由意志です。

 ローカルたちは、こうしたカフェ・ガールを口説いてホテルに連れ込んでいます。  

 在住の方によれば、熱意があればモノにすることも可能なはずと。数泊の日程なら1日3回、毎日通えばしまいには「今日は最後の夜だから・・・」みたいな展開に??

 たとえ最終的に口説けなくても、さして観光SPOTも無いホーチミンです。暑い昼間の時間、部屋でTVを観て過ごすくらいなら「タイプの美形を侍らせて、あわよくば!と口説いてみる」過ごし方は、オトコとして“あり”だと思いますが。

 カフェはいくつもありますから、複数ターゲットを並行して攻めれば、攻略の可能性も増えるのではないでしょうか。

 私が声をかけた娘はカフェの雇われ娘ではなく、ビアオム出勤前に近くのカフェの手伝いをしていたそうです。会ったその日の晩にホテルに持ち帰りできたのは、カフェ専属娘ではないからでしょう。

 娘が仕事を終える24時に待ち合わせし、遅いディナーを食べました。途中で何度か、何か言いかけては恥ずかしそうに口ごもるので“きっと値段を切り出せずにいるのだろう”と推測。あとで聞いたらそのとおりでした。

 部屋に入ると最初に「コンドームは持ってる?」と。私がポケットを叩いて「いつも財布に入れてあるよ」と答えたら、かなりウケた様子。

「なぁんだ、貴方は遊び人だったのね。でも、1ケだけ?」「いや、そのスーツケースに1ダース!」と答えたら、また大ウケ。そのあといよいよ値段交渉。言い値は100$でしたが、すぐ50$に下がりました。

私が汗をかいていると見るや、エアコンの風向きを調節してくれたり、自分がシャワーしたあと、私の歯ブラシにpasteをつけておいてくれたり、私がシャワーから出ると冷蔵庫に入れておいた冷水をスッと差し出してくれたりと、細やかな気配りができる娘でした。

恋人モードのプレイだったので、DKとかもNG無し。BEDでの反応も良かったです。チップですが、あるテクを使ってみた成果か、たった10万VND=400円でも「ありがとう」と素直に喜んでくれました。 気にいったので、最終夜に再度ホテルに呼んでしまいました。

こちらの過去投稿でも「遊びづらい」という評価のホーチミンですが、すっかりファンになりました。

美人床屋なら60万VND=2400円で1回戦可能です。このコスト・パフォーマンスは、ある意味ジャカルタ以上でしょう?ビアオム娘を自分のホテルに連れ込んで遊べば、余計な出費もないですし。 娘用にもう1部屋取ったわけではありません。

昼間に連れ込んだのでもありません。普通に日本からagodaで予約しましたけど。

 ホーチミンで美形ベトっ娘と安く遊んでみたい! そんな方は下記までお越しを。

 http://6thasia.web.fc2.com/

みんなの海外風俗体験記を募集中です!投稿は こちら!から

旅は道連れ 世は情け「一緒にGOGOでも行きませんか?」 友達募集BBS